ジョン・モンタギュー (第4代サンドウィッチ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第4代サンドウィッチ伯爵
ジョン・モンタギュー
John Montagu
4th Earl of Sandwich
John Montagu, 4th Earl of Sandwich by Johann Zoffany.jpg
生年月日 1718年11月3日
没年月日 (1792-04-30) 1792年4月30日(73歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドチジック
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 第4代サンドウィッチ伯爵、第4代ヒンチンブルック子爵、セント・ニーアッツの第4代モンタギュー男爵、陸軍大将枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)

内閣 グレンヴィル内閣
ノース卿内閣
在任期間 1763年9月9日 - 1765年7月10日
1770年12月19日 - 1771年1月12日

内閣 ペラム内閣
ビュート伯爵内閣
ノース卿内閣
在任期間 1748年 - 1751年
1763年
1771年 - 1782年

内閣 グラフトン公内閣 - ノース卿内閣
在任期間 1768年 - 1771年

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
在任期間 1739年 - 1792年4月30日
テンプレートを表示

第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギュー: John Montagu, 4th Earl of Sandwich, PC, FRS, 1718年11月3日 - 1792年4月30日)は、イギリスの貴族・政治家。海軍大臣英語版北部担当国務大臣などの閣僚職を務めた一方でジェームズ・クック太平洋探検航海の有力な支持者の1人として活動、音楽家パトロンにもなった。料理の「サンドウィッチ」の由来とされる人物として知られる。

略歴[編集]

第4代サンドウィッチ伯ジョン・モンタギュー(トマス・ゲインズバラ画、1783年

1718年11月3日にサンドウィッチ伯爵モンタギュー家の法定推定相続人としてヒッチンブルック子爵の儀礼称号を有するエドワード・モンタギュー英語版とその妻エリザベス・モンタギュー(旧姓ポパム、Elizabeth Popham)の間の次男として生まれる[1][2]。兄にエドワードがあったが、早世している[2]

1722年10月3日に父エドワードが爵位を相続する前に急死したため、代わってサンドウィッチ伯爵家の法定推定相続人となり、ヒンチンブルック子爵の儀礼称号を称することになった。そして1729年10月20日に10歳で祖父の第3代サンドウィッチ伯エドワード・モンタギューから爵位を継いだ[1][2]イートン校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学んだ後、しばらく諸国を遊学した。1739年に帰国後、貴族院議員となり、第4代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセルの支持者となった[3]。ほどなくして海軍大臣英語版となった公爵の下でアドミラルティ・ボード(Admiralty Board)のコミッショナーに就任し、陸軍大佐にも任ぜられた[3]

1746年、全権大使としてブレダ会議に派遣され、オーストリア継承戦争講和条約であるアーヘンの和約の締結に至るまで和平交渉に参加した[3]1748年2月から海軍大臣となり、海軍の弊風の改善に努めたが、ベッドフォード公の支持者であったため、1751年6月に首相ヘンリー・ペラムによって辞職させられた[4]

1753年8月に北部担当国務大臣となるが、在任中にウィルクス事件が勃発する。1763年、急進的な煽動政治家のホイッグ党ジョン・ウィルクスが、自ら発行したザ・ノース・ブリトン紙の第45号で、ジョージ3世を攻撃すると共に閣僚の地獄の火クラブスキャンダルを暴露した。ジョージ3世は激怒し、地獄の火クラブの中心人物の1人でもあったサンドウィッチ伯が陣頭に立って、名誉毀損その他諸々の罪でウィルクスを告訴・逮捕投獄した。これに憤激した民衆は「ウィルクスと自由」「45号」を合い言葉に、ウィルクスの釈放を求めて大暴動を起こした。コヴェント・ガーデン劇場で騒動後まもなく上演された、ジョン・ゲイの記録的ロングラン作品「乞食オペラ」で、サンドウィッチ伯は盗賊マクヒースを陥れる登場人物の描写によって一連の行動を痛烈に皮肉られてしまい、おかげで有り難くないイメージが長くつきまとうことになった[3]

事件後も閣僚の座に留まり1763年に再度海軍大臣に転任したが、摂政法案をめぐってジョージ3世に虚偽の報告を行うなどしたことでジョージ3世の怒りを買って罷免された[4]

1768年に首相となった第3代グラフトン公オーガスタス・フィッツロイによって郵政長官英語版に任じられた[4]。さらに1770年北部担当国務大臣、翌1771年から1782年に3度目の海軍大臣を務めた[3]。在任中、汚職や腐敗行為で海軍を弱体化させ、アメリカ独立戦争中の海軍行政責任者だったにも関わらず、1778年にフランス参戦でフランスとの海上戦争が始まった時、弾薬庫や軍需倉庫は空っぽだったという[4]

1782年3月に海軍大臣を辞して政界引退したが、この時も市民から不人気のままで引退は大いに歓迎された[3]

1792年4月に死去した。サンドウィッチ伯爵位は長男のジョン・モンタギュー英語版が継承した。

サンドイッチ[編集]

軽食サンドイッチは第4代サンドウィッチ伯の名を取って命名されたと言われる。彼が賭博好きだったことからカード賭博を中断することなく続けられる食事としてサンドイッチを考案したという逸話がある[4]

フランスの歴史家・旅行作家ピエール=ジャン・グロレフランス語版が紹介したことで有名になった逸話であるが、サンドイッチは地獄の火クラブを含む色んな場所で習慣として食べられていた。そのためサンドウィッチ伯の賭博の話は後世には創作ではないかともいわれた[5]

伯爵の伝記作家ニコラス・A・M・ロジャー英語版は「海軍、政治、芸術と大忙しだったために、サンドイッチは賭博台よりは執務の最中に仕事机で食されただろう」としている。

サンドウィッチ諸島[編集]

サンドウィッチ伯はジェームズ・クック(キャプテン・クック)の太平洋探検の有力な支持者で、探検隊の帆船(エンデバー号レゾリューション号アドベンチャー号、ディスカバリー号)の購入と艤装(ぎそう)には海軍本部の予算が充てられた。クックは伯爵にちなんで、1778年に発見した今日のハワイ諸島をサンドウィッチ諸島と命名した。サウスサンドウィッチ諸島アラスカモンタギュー島にも伯爵の名前が残っている。

音楽[編集]

海軍から引退した後、伯爵は音楽に精力を傾け、「エンシェント音楽」(伯爵の定義による20年以上前の「古い」音楽)の有力な擁護者となった。イタリアバイオリン奏者フェリーチェ・ジャルディーニパトロンにもなり、「エンシェントな」および現代的なキャッチ(輪唱)、グリーマドリガルをプロの歌手が歌う「キャッチクラブ」を創設した。ヘンデルオラトリオ、マスク(仮面劇)、オードの演奏会を私邸で催し、カノン風のエンシェントな曲目の演奏を広く紹介するための、エンシェント音楽のコンサートの開催にも尽力した。

栄典[編集]

爵位[編集]

1729年10月20日の祖父エドワード・モンタギューの死去により以下の爵位を継承した[1][2]

  • 第4代サンドウィッチ伯爵 (4th Earl of Sandwich)
    (1660年7月12日勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第4代ヒンチンブルック子爵 (4th Viscount Hinchingbrooke)
    (1660年7月12日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • ハンティンドン州におけるセント・ニーアッツの第4代モンタギュー男爵 (4th Baron Montagu of St Neots in the County of Huntingdon)
    (1660年7月12日の勅許状によるイングランド貴族爵位)

陸軍階級[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1741年3月3日、初代フェーン子爵英語版チャールズ・フェーン英語版の娘ドロシー英語版(1717-1797)と結婚。彼女との間に以下の三男一女を儲けた[1][2]

  • ジョン・モンタギュー英語版 (1744-1814) 第5代サンドウィッチ伯爵位を継承。
  • エドワード・モンタギュー (1744-1752)
  • ウィリアム・モンタギュー (-1776)
  • メアリー・モンタギュー (1747-1761)

しかしドロシーは健康を害し発狂した。サンドウィッチ伯はオペラ歌手マーサ・レイ英語版(1746-1779)と16年間の幸福な愛人関係を過ごし、婚姻関係にない彼女との間に以下の二男一女の非嫡出子を儲けた[1]。彼女との間の子は非嫡出子なので男子であっても爵位継承資格はない。

しかし1779年4月にマーサ・レイは嫉妬に狂った恋人にコヴェント・ガーデン劇場の階段で射殺されてしまった。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “John Montagu, 4th Earl of Sandwich” (英語). thepeerage.com. 2017年12月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Sandwich, Earl of (E, 1660)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年12月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Sandwich, John Montagu, 4th Earl of" . Encyclopædia Britannica (in English). 24 (11th ed.). Cambridge University Press.
  4. ^ a b c d e 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 665.
  5. ^ Hexmaster's Factoids: Sandwich

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
第4代ベッドフォード公爵
海軍大臣英語版
1748年 - 1751年
次代:
アンソン卿
先代:
ジョージ・グレンヴィル
海軍大臣
1763年
次代:
第2代エグモント伯爵英語版
先代:
第2代ハリファックス伯爵英語版
北部担当国務大臣
1763年 - 1765年
次代:
第3代グラフトン公爵
先代:
第4代ロッチフォード伯爵英語版
北部担当国務大臣
1770年 - 1771年
次代:
第2代エグモント伯爵
先代:
サー・エドワード・ホーク
海軍大臣
1771年 - 1782年
次代:
初代ケッペル子爵
名誉職
先代:
第3代クイーンズベリー公爵英語版
最先任枢密顧問官英語版
1778年 - 1792年
次代:
初代ダウンシャー侯爵
爵位
先代:
エドワード・モンタギュー
第4代サンドウィッチ伯爵
1729年 - 1792年
次代:
ジョン・モンタギュー英語版