イングランド貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イングランド貴族英語: Peerage of England)は、1707年合同法以前にイングランド王国で創設された全ての貴族で構成される。1707年に創設された貴族は、イングランドの貴族もスコットランドの貴族もグレートブリテン貴族となった。

イングランド貴族は同じ爵位の場合、他の貴族(スコットランド貴族、グレートブリテン貴族、アイルランド貴族連合王国貴族)よりも上位である[1]

世襲貴族の議席を92議席に限定した1999年の貴族院法の可決まで全てのイングランド貴族は貴族院に議席を持っていた(しかし、自身の権利として爵位を持つ女性イングランド貴族が議席を与えられたのは1963年である)[2]

イングランド貴族の階級は、公爵侯爵伯爵子爵そして男爵である[3]勅許状(Letters patent)によるイングランド貴族爵位は男系男子しか継承できないが、古い頃に議会招集令状英語版で授けられたイングランド貴族爵位(特に男爵)は女系子孫も継承できる[4]。ただしイングランド相続法のもとでは、貴族女性は全て共同相続人であるため複数の共同相続人が存在して優劣を決められず、停止状態(abeyance)になっているものが多い[4][5]

現存するイングランド貴族一覧[編集]

公爵家[編集]

侯爵家[編集]

伯爵家[編集]

子爵家[編集]

男爵家[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 森護 1987, p. 9.
  2. ^ 田中嘉彦 2015, p. 43/61.
  3. ^ スレイター, スティーヴン『【図説】紋章学事典』朝治 啓三訳、創元社、2019年9月30日、第1版、140頁。ISBN 978-4-422-21532-7
  4. ^ a b 村上リコ『【図説】英国貴族の令嬢ーDaughters of the British Arstocracy』株式会社河出書房新社〈ふくろうの本〉、2014年、増補新版、9-10頁。ISBN 9784309762951
  5. ^ Heraldic Media Limited. “The Peerage of England” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage  . 2016-06-13  閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]