ジョージ・アンソン (初代アンソン男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代アンソン男爵
ジョージ・アンソン
George Anson, 1st Baron Anson
1stLordAnson.jpg
アンソン卿
生誕 1697年4月23日[1]
イングランド王国の旗 イングランド王国
スタッフォードシャー シューボロウ・ホール英語版
死没 (1762-06-06) 1762年6月6日(65歳没)
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
ハートフォードシャー ムーア・パーク英語版
所属組織 British-Red-Ensign-1707.svg イギリス海軍
軍歴 1711年 - 1762年
最終階級 海軍元帥
テンプレートを表示

初代アンソン男爵、ジョージ・アンソン: George Anson, 1st Baron Anson, PC, FRS 1697年4月23日 - 1762年6月6日)は、イギリスの海軍軍人・政治家。最終階級は海軍元帥

生涯と業績[編集]

グレートヘイウッド村のシューボロウ・ホール英語版で裕福な貴族の家に生まれる。1712年に海軍に入り、1724年にキャプテンになる。1740年から1744年に世界周航を達成し、国民的英雄となった。オーストリア継承戦争ジェンキンスの耳の戦争の際にはフェニステレ岬の海戦フランス王国に勝利。1747年グレートブリテン貴族爵位「アンソン男爵」を授けられ貴族院議員となる[1][2]

七年戦争が勃発して、ニューカッスル公大ピットの連立内閣が発足すると海軍大臣に再度就任。海軍増強計画をやりぬき、海戦の指揮をして対フランスの植民地での勝利に大きく貢献した。

1748年に『世界周航航海記英語版』を執筆。同年に初代ハードウィック伯爵フィリップ・ヨーク英語版の娘エリザベスと結婚したが生涯子女に恵まれず、彼の死によりアンソン男爵の爵位は断絶した[1]

彼の死後、イギリス海軍では彼の名を冠した軍艦が8隻建造された。特に、キング・ジョージ5世級戦艦の一つアンソンが有名。2017年現在、アスチュート級原子力潜水艦の一つアンソンが建造中である。

出典[編集]

  1. ^ a b c  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Anson, George Anson, Baron". Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ The London Gazette: no. 8648. p. 2. 1747年6月9日2015年9月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小林幸雄『イングランド海軍の歴史』原書房
  • CHAMBERS BIOGRAPHICAL DICTIONARY CENTENARY EDITION

外部リンク[編集]

グレートブリテン議会英語版
先代:
第6代モントレイス伯爵英語版
ジョージ・バークリー英語版
ヘドン選挙区英語版選出庶民院議員
1744年–1747年英語版
次代:
サー・ジョン・サヴィル英語版
ルーク・ロビンソン英語版
公職
先代:
第4代サンドウィッチ伯爵
海軍大臣
1751年–1756年
次代:
第2代テンプル伯爵英語版
先代:
第8代ウィンチルシー伯爵英語版
海軍大臣
1757年–1762年
次代:
第2代ハリファックス伯爵英語版
軍職
先代:
ヴィア・ビュークラーク卿英語版
British-Red-Ensign-1707.svg 上級海軍卿
1749年–1751年
次代:
サー・ウィリアム・ロウリー英語版
先代:
サー・ジョージ・クリントン英語版
British-Red-Ensign-1707.svg 海軍元帥英語版
1761年–1762年
次代:
サー・ウィリアム・ロウリー英語版
名誉職
先代:
サー・ジョン・ノリス英語版
イギリス海軍中将英語版
1749年–1762年
次代:
ヘンリー・オズボーン英語版
グレートブリテンの爵位
新設 アンソン男爵
1747年–1762年
廃絶