ベッドフォード公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベッドフォード公爵
Coronet of a British Duke.svg
Arms of the Duke of Bedford
創設時期 1694年5月11日
創設者 ウィリアム3世/メアリー2世
貴族 イングランド貴族
初代 5代ベッドフォード伯ウィリアム・ラッセル
現所有者 アンドリュー・ラッセル英語版(15代公)
相続人 タヴィストック侯爵ヘンリー・ラッセル
相続資格 初代公爵の嫡流の男系男子
付随称号 タヴィストック侯爵、ベッドフォード伯爵、チェイニースのラッセル男爵、ソーンホーのラッセル男爵、ストリーサムのホウランド男爵

ベッドフォード公爵英語: Duke of Bedford)はイングランド貴族公爵位。

過去に5度創設されており、現存するベッドフォード公爵位は、1694年に第5代ベッドフォード伯ウィリアム・ラッセルが叙されたのに始まる。爵位名はベッドフォードシャーベッドフォードに由来する。

歴史[編集]

ラッセル家前のベッドフォード公[編集]

1414年5月16日ヘンリー4世の第3子ジョン・オブ・ランカスター(1389-1435)が一代限りの爵位としてベットフォード公に叙されたのが最初の創設である[1]。彼は1422年にフランス占領地の摂政となり、百年戦争のイングランド軍を指揮し、ジャンヌ・ダルクを火刑に処したことなどで知られる。彼の死後、爵位は消滅した[2]

ついで1470年1月5日に初代モンタギュー侯爵ジョン・ネヴィルの長男ジョージ・ネヴィル英語版(1461-1483)がベッドフォード公に叙爵されたが、1478年3月に「栄誉ある地位を保つだけの財産がない」とされて剥奪されている[3][4]

その直後にエドワード4世の三男ジョージ・プランタジネット英語版(1477-1479)に与えられるも、夭折したため消滅した[5]

1485年10月27日にはヘンリー7世の叔父でヘンリー7世の擁立に貢献したジャスパー・テューダー(1431-1495)に与えられたが、男子がなかったために1代で絶えた[2][6]

ラッセル家がベッドフォード伯位を得る[編集]

4代ベッドフォード伯フランシス英語版(1593-1641)が建設したウォバーン・アビー

現在のベッドフォード公であるラッセル家の祖は初代ベッドフォード伯爵ジョン・ラッセル英語版(1485-1555)である。彼は貿易商をしていた1506年1月にドーセットに難破したマクシミリアン1世の長男フィリプとその妃フアナの通訳を務め、その功績でヘンリー7世の宮廷官に取り立てられた[7]。続くヘンリー8世の時代にも外交官や枢密顧問官として活躍し、修道院解散で修道院所有の荘園を次々と獲得した。ロンドン中心部コヴェント・ガーデンもこの時に入手している[8]。ヘンリー8世の宮廷では粛清が相次いだが、彼は処刑されることなく、次のエドワード6世の時代まで宮廷で重きをなし続けた。1539年3月9日にはヘンリー8世より「チェイニースのラッセル男爵(Baron Russell, of Cheneys )」、1551年1月19日にはエドワード6世より「ベッドフォード伯爵(Earl of Bedford)」に叙せられている[9]

その子である2代ベッドフォード伯フランシス英語版(1527-1585)は、エリザベス1世時代に外交官として活躍したことやフランシス・ドレイクの名付け親となったことなどで知られる[8]

2代伯の跡は2代伯の三男ヘンリーの子であるエドワード英語版(1572-1627)が継いだが、彼には男子がなかったため、その死後、2代伯の四男初代ソーンホーのラッセル男爵英語版ウィリアム英語版(1558–1613)の子である第2代ソーンホーのラッセル男爵フランシス英語版(1593-1641)が4代ベッドフォード伯を継承した。以来「カウンティ・オブ・ノーサンプトンにおけるソーンホーのラッセル男爵(Baron Russell of Thornhaugh, in the County of Northampton)」も従属爵位に加わる[10][11]。また4代伯はバッキンガムシャーのミルトン・キーンズ付近にあるウォバーン・アビーに邸宅を立てた人物であり、以降ここがラッセル家の本拠となる[12]

4代伯の長男が初代ベッドフォード公に叙されることになる第5代ベッドフォード伯ウィリアム・ラッセル(1613-1700)である。

冤罪のお詫びで公爵に叙される[編集]

ライハウス陰謀事件において冤罪で処刑されたラッセル卿ウィリアム・ラッセル(1639-1683)

5代ベッドフォード伯の息子のラッセル卿(儀礼称号ウィリアム・ラッセル(1639-1683)は、ホイッグ党幹部、反カトリックの強硬プロテスタントとして庶民院で活躍した。そのため淫靡な風潮を好むチャールズ2世やカトリックの王弟ヨーク公ジェームズと対立を深めた[13]

そんな中の1683年6月にライハウス陰謀事件(チャールズ2世やヨーク公を暗殺して、チャールズ2世の庶子でプロテスタントのモンマス公ジェームズ・スコットを擁立しようとしたとされる計画)が持ちあがった。官憲の捜査の手はホイッグ党幹部に伸び、事件と関係がなかったラッセル卿も冤罪で逮捕された。ラッセル卿は裁判で無罪を主張したものの、結局大逆罪により死刑判決を受けた。父である5代ベッドフォード伯をはじめとする多くの人から助命嘆願が国王に寄せられたものの受け入れられず、7月21日に処刑された(ただしヨーク公が首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑を求めたのに対してチャールズ2世はそれを退けて貴族の尊厳を認めた斬首刑で死刑を行わせている)[14]

1685年、カトリックのヨーク公がジェームズ2世として即位したが、1688年には名誉革命が発生し、ジェームズ2世は王位を追われ、プロテスタントのウィリアム3世メアリー2世夫妻が新国王に擁立された。この影響で1689年の議会はラッセル卿の大逆罪を否認する決議を出し、その名誉を回復した[15]。ついで1694年5月11日には息子を冤罪にかけたお詫びとして81歳になっていた5代ベッドフォード伯が「ベッドフォード公爵(Duke of Bedford)」と「タヴィストック侯爵(Marquess of Tavistock)」に叙されたのだった[15]

ベッドフォード公としてのラッセル家[編集]

1700年の初代ベッドフォード公の死後、爵位は孫で処刑されたラッセル卿の遺児ライオセスリー英語版(1680-1711)が継承するが、彼は襲爵前の1695年5月に資産家ジョン・ホウランドの娘で女子相続人のエリザベス(Elizabeth Howland)と結婚した。これによりベッドフォード公ラッセル家は10万ポンドの遺産とロンドン・ストリーサム英語版をはじめとするホウランド家の所領を相続し、イングランド四大資産家の一家に数えられるようになった[16]。また、この結婚を機に祖父が1695年6月13日に「カウンティ・オブ・サリーにおけるストリーサムのホウランド男爵(Baron Howland, of Streatham in the County of Surrey)」に叙されている[17][18]

2代公の同名の子で3代ベッドフォード公ライオセスリー・ラッセル英語版(1708-1732)は、ギャンブル好きでプロのギャンブラーの餌食となり25万ポンドも失ったが、マールバラ公ジョン・チャーチル夫人サラ・チャーチルの助けや跡を継いだ弟の4代ベッドフォード公ジョン・ラッセル(1710-1771)の努力で財産を回復させ、デヴォンシャー公爵ノーサンバーランド公爵ブリッジウォーター公爵英語版とならぶ4大資産家の地位を取り戻した[19]。また4代公は軍人として中将まで昇進している他、政界でも枢密院議長英語版国璽尚書などの閣僚職を歴任した[20]

4代公の子である5代公フランシス英語版(1765-1802)と6代公ジョン・ラッセル(1766-1839)は共に浪費家で散財したが、6代公は王立植物園キューガーデン創設に貢献している[21]。また6代公の妻ジョージアナ(第4代トリントン子爵英語版ジョージ・ビング英語版の娘)からの遺伝でベッドフォード公爵家にメランコリーが流れ込んだ。これ以降の当主は多かれ少なかれメランコリーに苦しむことになる[22]

6代公の長男である7代公フランシス・ラッセル英語版(1788-1861)は徹底した緊縮により家計の立て直しに努めた。しかし使うべき時には決して出し惜しみせず、彼の妻アンナも客人をよくもてなし、イギリスの「5時のお茶(five o'clock tea)」の風習はアンナのもてなしを起源としている[23]。またホイッグ党(自由党)の政治家である次弟(6代公の三男)ジョン・ラッセル卿への金銭支援も欠かさなかった。その結果ジョン・ラッセル卿は政界の中心として活躍し続けることができ、首相(在職1846-1852、1865-1866)や外務大臣(在職1852-1853、1859-1865)を歴任し、1861年にはラッセル伯爵に叙されている[24]

7代公の息子である8代公ウィリアム英語版(1809-1872)は重度のメランコリーに苦しみ、生涯結婚しなかった。彼の死後に爵位は7代公の長弟(6代公の次男)ウィリアムの子フランシス英語版(1819-1891)が継承したが、彼もメランコリーに苦しみ、拳銃自殺するという衝撃的な最期を遂げた[25]

その子ジョージ英語版(1852-1893)が10代公となったが、襲爵から2年後には急死したため、弟のハーブランド英語版(1858-1940)が11代公を継承した[25]。11代公夫妻は動物を共通の趣味とし、犬、猫、鹿、鳥類などを収集した。これが後のサファリパーク開園につながる。妻メアリーは活動的な女性で晩年にはパイロットとして自家用飛行機で飛び回っていたが、1937年に航空事故死した。夫の11代公もその3年後に死去した。11代公は息子と仲が悪かったため、相続税対策が遅れ、財産税攻勢の直撃を被った。ロンドン・コヴェント・ガーデンの土地はこの際に手放している[26]

11代公の息子である12代公ヘイスティングス英語版(1888-1953)は、第二次世界大戦中に貴族院で戦争反対を訴え続けたため、「ファシスト」だの「共産主義者」だのと誹謗中傷された。迫害に晒される12代公は人間に嫌気がさし、「動物は自分を裏切らない」と語って父同様動物収集にはまるようになった。また狩猟好きでもあったが、1953年秋に領地での狩猟中に行方不明となった。捜索の結果、藪の中で散弾銃を受けた12代公の遺体が発見された。この不可解な死をめぐる真相は未だ不明である[27]

貴族に対する過酷な相続税攻勢は1954年の改正で緩和されるが、12代公の不審死はそれにぎりぎり間に合わず、公爵家は再び相続税の直撃を被り、更なる土地の売却に迫られた。ベッドフォード公爵家の所有地はついに本拠のウォバーン・アビーの屋敷と領地だけになってしまった[28]

家計の立て直しのために13代公イアン英語版(1917-2002)は先祖の収集した動物をサファリパークにして開園した[29]

2015年現在の当主はその孫である15代公アンドリュー・ラッセル英語版(1962-)である。

従属爵位[編集]

上記の経緯から現在の当主15代ベッドフォード公爵アンドリュー・ラッセル英語版は以下の爵位を従属爵位として有している[30]

  • 第15代タヴィストック侯爵(1694年創設イングランド貴族爵位)
  • 第19代ベッドフォード伯爵(1550年創設イングランド貴族爵位)
  • 第19代ラッセル男爵(1539年創設イングランド貴族爵位)
  • 第17代ソーンホーのラッセル男爵(1603年創設イングランド貴族爵位)
  • 第15代ストリーサムのホウランド男爵(1695年創設イングランド貴族爵位)

ベッドフォード公爵家の法定推定相続人は父が有する爵位のうちタヴィストック侯爵を儀礼称号として使用する。またその次の法定推定相続人(嫡流の孫)はホウランド男爵を儀礼称号として使用する[31]

ラッセル家前の一覧[編集]

第1期 ベッドフォード公 (1414年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
John, Duke of Bedford - British Library Add MS 18850 f256v - detail.jpg 初代ベッドフォード公爵
ジョン・オブ・ランカスター
(1389-1435)
1414年5月16日
- 1435年9月14日
ヘンリー4世の三男

第2期 ベッドフォード公 (1470年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
初代ベッドフォード公爵
ジョージ・ネヴィル英語版
(1461-1483)
1470年1月5日
- 1478年3月
初代モンターギュ侯の長男 1478年 剥奪

第3期 ベッドフォード公 (1478年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
初代ベッドフォード公爵
ジョージ・プランタジネット英語版
(1477-1479)
1478年
- 1479年3月
エドワード4世の三男

第4期 ベッドフォード公 (1485年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
初代ベッドフォード公爵
ジャスパー・テューダー
(1431-1495)
1485年10月27日
- 1495年12月
ヘンリー6世の異父弟

ラッセル家の一覧[編集]

ラッセル男爵 (1539年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
John Russell, 1st Earl of Bedford by Hans Holbein the Younger.jpg 初代ラッセル男爵
ジョン・ラッセル英語版
(1485-1555)
1539年3月9日
- 1555年3月14日
1551年にベッドフォード伯

ベッドフォード伯 (1551年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
John Russell, 1st Earl of Bedford by Hans Holbein the Younger.jpg 初代ベッドフォード伯爵
ジョン・ラッセル英語版
(1485-1555)
1551年1月19日
- 1555年3月14日
2ndEarlOfBedford.jpg 第2代ベッドフォード伯爵
フランシス・ラッセル英語版
(1527-1585)
1555年3月14日
- 1585年7月28日
先代の子
第3代ベッドフォード伯爵
エドワード・ラッセル英語版
(1572-1627)
1585年7月28日
- 1627年3月3日
先代の孫
Francis, 4th Earl of Bedford by Henry Bone.jpg 第4代ベッドフォード伯爵
フランシス・ラッセル英語版
(1593-1641)
1627年3月3日
- 1641年5月9日
先代の従兄弟 1613年にソーンホーのラッセル男爵
Robert Williams - William Russell, 1st Duke of Bedford.png 第5代ベッドフォード伯爵
ウィリアム・ラッセル
(1613-1700)
1641年5月9日
- 1700年9月7日
先代の子 1694年にベッドフォード公・タヴィストック侯

第5期 ベッドフォード公 (1694年)[編集]

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 備考
Robert Williams - William Russell, 1st Duke of Bedford.png 初代ベッドフォード公爵
ウィリアム・ラッセル
(1613-1700)
1694年5月11日
- 1700年9月7日
1695年にホウランド男爵
第2代ベッドフォード伯爵
ライオセスリー・ラッセル英語版
(1680-1711)
1700年9月7日
- 1711年5月26日
先代の孫
第3代ベッドフォード公爵
ライオセスリー・ラッセル英語版
(1708-1732)
1711年5月26日
- 1732年10月23日
先代の子
John Russell, 4th Duke of Bedford by Thomas Gainsborough.jpg 第4代ベッドフォード公爵
ジョン・ラッセル
(1710-1771)
1732年10月23日
- 1771年1月5日
先代の弟
5th Duke of Bedford.png 第5代ベッドフォード公爵
フランシス・ラッセル英語版
(1765-1802)
1771年1月5日
- 1802年3月2日
先代の孫
John, 6th Duke of Bedford (1766-1839).jpg 第6代ベッドフォード公爵
ジョン・ラッセル
(1766-1839)
1802年3月2日
- 1839年10月20日
先代の弟
7thDukeOfBedford.jpg 第7代ベッドフォード公爵
フランシス・ラッセル英語版
(1788-1861)
1839年10月20日
- 1861年5月14日
先代の子
第8代ベッドフォード公爵
ウィリアム・ラッセル英語版
(1809-1872)
1861年5月14日
- 1872年5月27日
先代の子
9th Duke of Bedford.png 第9代ベッドフォード公爵
フランシス・ラッセル英語版
(1819-1891)
1872年5月27日
- 1891年1月14日
先代の又従兄弟
第10代ベッドフォード公爵
ジョージ・ラッセル英語版
(1852-1893)
1891年1月14日
- 1893年3月23日
先代の子
11thDukeOfBedford.jpg 第11代ベッドフォード公爵
ハーブランド・ラッセル英語版
(1858-1940)
1893年3月23日
- 1940年8月27日
先代の弟
第12代ベッドフォード公爵
ヘイスティングス・ラッセル英語版
(1888-1953)
1940年8月27日
- 1953年10月9日
先代の子
13th Duke of Bedford 4 Allan Warren.jpg 第13代ベッドフォード公爵
イアン・ラッセル英語版
(1917-2002)
1953年10月9日
- 2002年10月25日
先代の子
Henry Robin Ian Russell, 14th Duke of Bedford.jpg 第14代ベッドフォード公爵
ロビン・ラッセル英語版
(1940-2003)
2002年10月25日
- 2003年6月13日
先代の子
第15代ベッドフォード公爵
アンドリュー・ラッセル英語版
(1962-)
2003年6月13日
- 受爵中
先代の子

法定推定相続人2005年6月7日に誕生した当代の長男のタヴィストック侯爵ヘンリー・ラッセルである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “John of Lancaster, Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  2. ^ a b 森(1994) p.210/348
  3. ^ 海保(1999) p.38
  4. ^ Lundy, Darryl. “George Neville, 1st and last Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “George Plantagenet, Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Sir Jasper Tudor, 1st and last Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  7. ^ 森(1987) p.207-208
  8. ^ a b 森(1987) p.208
  9. ^ Lundy, Darryl. “John Russell, 1st Earl of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Francis Russell, 4th Earl of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  11. ^ 森(1987) p.209
  12. ^ 森(1987) p.211
  13. ^ 森(1987) p.215-216
  14. ^ 森(1987) p.215-217
  15. ^ a b 森(1987) p.219
  16. ^ 森(1987) p.220-221
  17. ^ Lundy, Darryl. “William Russell, 1st Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  18. ^ 森(1987) p.221
  19. ^ 森(1987) p.222-224
  20. ^ 森(1987) p.224
  21. ^ 森(1987) p.227
  22. ^ 森(1987) p.227-228
  23. ^ 森(1987) p.228-230
  24. ^ 森(1987) p.229
  25. ^ a b 森(1987) p.230
  26. ^ 森(1987) p.230-235/237
  27. ^ 森(1987) p.236-237
  28. ^ 森(1987) p.237
  29. ^ 森(1987) p.237-238
  30. ^ Lundy, Darryl. “William Andrew Ian Henry Russell, 15th Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月4日閲覧。
  31. ^ 森(1987) p.221-222

参考文献[編集]

関連項目[編集]