フレデリック・ノース (第2代ギルフォード伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2代ギルフォード伯爵
フレデリック・ノース
Frederick North
2nd Earl of Guilford
Nathaniel Dance Lord North.jpg
フレデリック・ノース、ナサニエル・ダンス画
生年月日 1732年4月13日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドン、ピカデリー
没年月日 (1792-08-05) 1792年8月5日(満60歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国、ロンドン、グロブナースクェア
出身校 オックスフォード大学トリニティ・カレッジ
所属政党 トーリー党
称号 第2代ギルフォード伯爵、第4代ギルフォード男爵、ガーター勲章勲爵士、枢密顧問官
配偶者 アン・スピーク・ノース
親族 初代ギルフォード伯爵英語版(父)、3代ギルフォード伯爵(長男)、5代ギルフォード伯爵(三男)
サイン Frederick North, Lord North Signature.svg

グレートブリテン王国の旗 第12代首相
在任期間 1770年1月28日 - 1782年3月22日
国王 ジョージ3世

内閣 グラフトン公爵内閣、ノース卿内閣
在任期間 1767年9月11日 - 1782年3月27日

内閣 ポートランド公爵内閣
在任期間 1783年4月2日 - 1783年12月19日

選挙区 バンベリー選挙区英語版
在任期間 1754年 - 1790年

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
在任期間 1790年 - 1792年
テンプレートを表示

第2代ギルフォード伯爵フレデリック・ノース(英語: Frederick North, 2nd Earl of Guilford, KG, PC1732年4月13日 - 1792年8月5日)は、イギリスの政治家、貴族。

1754年トーリー党庶民院議員に初当選して政界入り。財務大臣内務大臣など多くの閣僚を経験した後、1770年から1782年まで首相を務めたが、在任期間の後半はアメリカ独立戦争への対応に追われた。同戦争の戦況が悪化すると議会での支持を失い、辞職に追い込まれた。

父がギルフォード伯爵位に叙せられた1752年から自身が爵位を継承する1790年までギルフォード伯爵家の法定推定相続人としてノース卿(Lord North)の儀礼称号で称された。首相在任時はこの儀礼称号で称されていた。

生涯[編集]

初期の経歴(1732年 - 1754年)[編集]

フレデリック・ノースは1732年4月13日に、ピカデリーから直ぐのアルベマール通りにあった家族の家で、6人兄弟の総領として生まれた[1]。ただし若い時はオックスフォードシャーにあるロクストン修道院で過ごすことが多かった。ノースが国王ジョージ3世に良く似ていたことから同時代の者達には、フレデリック王子がノースの本当の父である(つまり国王の兄である)と思わせた。王子の評判から有り得る話ではあったが、実際の証拠はほとんど無い[2]。ノースの父、すなわち初代伯爵は当時フレデリック王子の侍従であり、王子はノースの名付け親になった。

ノースは初代サンドウィッチ伯爵エドワード・モンタギューの子孫であり、サミュエル・ピープスやビュート伯ジョン・ステュアートとも繋がりがあった。ノースは当時父のギルフォード伯と幾分不穏な関係にあったが、大変密接な状態を維持した。ノースが若い時、家庭は裕福ではなかったが、父が従兄弟から資産を継承した1735年にその状態は改善された[3]。母ルーシーは1734年に死去、父は再婚したが、継母のエリザベス・ノースもノースが13歳だった1745年に死んだ。異腹の弟の一人がウィリアム・ダートマス卿であり、生涯近しい友人となった[4]

ノースは1742年から1748年までイートン校で学び、1750年にはオックスフォード大学トリニティ・カレッジで文学修士の学位を得た。オックスフォードを出た後は、ダートマスと共にヨーロッパ大旅行し、ライプツィヒ大学で学び、ウィーンミラノパリを巡って1753年にイギリスに戻った。

初期の政歴(1754年 - 1770年)[編集]

1754年4月15日、ノースは22歳でバンベリー選挙区から下院議員に無投票で選出された[5]

このときから1790年まで下院議員を務めた。1759年6月2日に初代ニューカッスル公トマス・ペラム=ホールズと初代チャタム伯ウィリアム・ピット(大ピット)の連立内閣に財務次官として初入閣した。間もなく良い行政官、議員としての評判を獲得し、概して同僚にも好かれた。当初はホイッグ党員だと考えていたが、多くの同時代人にとって、ノースの考え方はトーリー党寄りであることが明白になり、議会のホイッグ党の誰とも密接な連携をくむことは無かった[6]

1763年11月、ジョン・ウィルクスの問題に関して政府を代表して演説する者に選ばれた。ウィルクスは下院議員であり、その急進的新聞「ザ・ノース・ブリトン」で首相や国王に対して中傷的な攻撃をしたと多くの者が考えていた。ノースが提案したウィルクスを下院から追放するという動議は173票対111票で可決された。ウィルクスは決闘をした後でフランスに逃亡しており、その欠席のままで除名が決まった[7]

1765年に権力を得たホイッグ党の有力者であるロッキンガム侯チャールズ・ワトソン=ウェントワースによって政府が動かされるようになると、ノースは閣外に去り、暫くは平議員となった。ロッキンガム侯からの再入閣提案があったが、内閣を支配している富裕なホイッグ党高官と付き合うことになるのを恐れたことが大きく、それを断った[8]

1766年に大ピットが第二次内閣として戻ってきたときにノースは復帰した。ピット内閣で陸軍主計官に指名され、枢密院顧問になった。ピットが病気がちだったので、政府は実質上グラフトン公オーガスタス・フィッツロイによって運営され[9]、ノースはその最上級メンバーの一人だった。

1767年12月、ノースはチャールズ・タウンゼンドの後を受けて財務大臣となった。翌1768年初期に国務大臣ヘンリー・シーモア・コンウェイの辞任により下院院内総務にもなり、ピットの後継者であるグラフトン公の下で仕え続けた。

首相(1770年 - 1782年)[編集]

国の修繕屋(1780年)、ジェイムズ・ギルレイがノース(右下、跪いている)とその同盟者を国という鍋の無能な修繕屋として戯画化した。ジョージ3世は後方で大喜びして叫んでいる。

指名[編集]

1770年1月28日、グラフトン公が首相を辞任したことを受けて、ノースが首相となった。その閣僚や支持者達はトーリーと呼ばれるようになったが、これは正式な党派ではなく、多くの者は以前ホイッグ党に属していた。ノースは七年戦争の後で勝利国イギリスを引き継ぎ、イギリス帝国はその頂点に達しているように見えた。諸般の事情によりその前の閣僚の多くをそのまま就かせておくことを強いられたが、ノースの考えへの同意は得られていなかった[10]

フォークランド危機[編集]

ノース政権は1770年の戦争寸前までいったフォークランド危機で、スペインフォークランド諸島占領の試みを屈服させ、初期の成功を掴んだ[10]。フランスもスペインも七年戦争でイギリスが勝利した後は、イギリスが支配していると受け取られることに不満なままだった。しかし、ルイ15世はフランスが戦争できる状態ではないと考え、イギリス艦隊の強力な機動性を前にして、スペインに妥協を強いた。ルイ15世はイギリス侵略を提唱していたタカ派の宰相であるエティエンヌ・フランソワ・ド・ショワズールの解任までした。

政府の権威と人気はこの事件で大きく持ち上げられた。フランスとスペインの間にうまく楔を打ち込み、イギリス海軍の力を誇示した。ただし、このことでノース卿にあるレベルの自己満足を与え、ヨーロッパ列強はイギリス植民地の事情に干渉することはないという誤った考えを植えつける事になったという批評家がいた。2年前のコルシカ危機ではイギリスの同盟相手であるコルシカ共和国をフランスが併合するの妨げられなかった前政権とは対照的になった。ノースは新たに築かれた人気を使って、第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューを初代海軍大臣に指名する機会を捉えた。

アメリカ独立戦争[編集]

ノース政権の大半は先ずアメリカ植民地との大きくなっていく問題に、そして後にはレキシントン・コンコードの戦いに続いて1775年に勃発したアメリカ独立戦争に集中した。ノースはジョージ・ジャーメイン卿(旧姓サックヴィル)をアメリカ植民地担当国務大臣に任じて彼に戦争の全体戦略を練らせた[11]

フランスなどの外国勢力が介入してくる恐れ、また財政悪化からイギリスは短期決戦を志向した。しかし1777年10月にサラトガで孤立していたジョン・バーゴイン将軍が降伏したことで短期決戦論は破綻した[12]

12月にバーゴイン降伏の報が本国に伝わるとイギリス政界は大きな衝撃を受けた。また1778年2月になるとアメリカとフランスが同盟を結び、その噂がイギリスにも伝わった。危機感をもったノースと議会はアメリカとの和解を考えるようになり、1778年2月には和平団をアメリカに送ることが議会で可決された。その決議に基づいて同年6月に第5代カーライル伯爵フレデリック・ハワードを団長とするカーライル和平使節団がアメリカに到着し、本国の課税権を放棄するという内容の交渉を行ったが、フランスの味方を得たアメリカにとっては今更な内容であり、和平案は拒絶された。カーライル使節団は何の成果もないまま帰国してきた[13]

1778年6月にはアメリカと同盟するフランスと戦争状態に突入した。フランス参戦により戦争は七年戦争の再来という意味も併せ持つようになり、戦闘は北アメリカ大陸から西インド諸島、西アフリカ、インドに拡大していった[14]。しかし王立海軍の規模は軍縮で七年戦争の頃より縮小していたので各地で苦戦を強いられた。野党は海軍大臣サンドウィッチ伯爵の海軍力維持の怠りについて批判を強めた[15]。同時期アメリカではヘンリー・クリントン将軍率いるイギリス軍がフィラデルフィア撤退を余儀なくされ、ジョージナ・サヴァンナを占領して支持が期待できる南部アメリカを主戦場に移した。南部では1780年に至るまでイギリス軍が優位を保ち続け、1780年8月にはコーンウォリス伯爵チャールズ・コーンウォリス率いる英軍がキャムデンの戦いに勝利している[16]

しかし国際的状況はイギリスにますます不利になっていた。1779年6月にはスペインがフランスの同盟国として参戦し、英領ジブラルタルに対する包囲攻撃を開始した[15]。さらには1780年マイソール王国オランダが参入し、戦闘は南インドと南アフリカケープ植民地にも拡大[17]。ロシアも「武装中立」を宣言し、中立とは名ばかりの反英的姿勢をとった。さらにロシアは同年中にデンマークやスウェーデンとともに武装中立同盟を結成し、後にはオーストリアやプロイセン、ポルトガルもこの同盟に加わった[16]。こうしてイギリスは同盟国が一つも無いままに4大陸で地球規模の戦争をすることになった。

深刻な人員不足に直面したノース政権は、以前にカトリック教徒が軍務に就くことを禁じた法律を撤廃する法案を可決した。このことで反カトリック感情を急激に高まらせ、ロンドンでのゴードン暴動英語版に繋がった。

辞任[編集]

国内議会においては1780年後期からノース内閣の立場は若干回復していた。アメリカ南部での戦局が比較的安定していたためだった[17]。しかし1781年夏になると南部の戦況もイギリスの劣勢が目立ち始めた。コーンウォリス伯はヨークタウンへ撤退したが、ニューヨークから派遣されたイギリス艦隊はフランス艦隊に阻まれて現地に到着できず、ヨークタウンで孤立したコーンウォリス伯は1781年10月19日に降伏した。これは独立戦争のイギリスの敗戦を決定づけた[18]

コーンウォリス伯降伏の報は1781年11月下旬にイギリス本国に伝わり、本国政界はすさまじい衝撃を受けた。これはノース内閣にとって致命的打撃となった。野党の批判が高まったのはもちろんのこと、政権内部も分裂し、まず1782年2月にジャーマインが辞職に追い込まれた。しかし野党の政府批判の機運はもはやこれだけでは収えられなかった。同年2月22日にはアメリカでの戦争終結を求める動議が提出された。同動議は234対215で否決されたが、同月27日には同じような内容の動議が再度提出されて今度は234対215で可決された。さらに3月8日3月15日にはノース内閣不信任案が提出された。どちらも僅差で否決されているものの、もはや庶民院におけるノースの求心力は無くなったことは明白だった。ノースは3月20日をもって首相職を辞した[19]

ノース卿の辞職後、第二次ロッキンガム侯爵内閣が成立したが、同年7月にロッキンガム侯は死去。国王ジョージ3世の人選によってシェルバーン伯爵内閣が成立したが、フォックス派はそれに反発して下野した[20]。皮肉な事に1782年はノース卿やサンドウィッチ伯が採用した政策が大きくものを言って海軍が勝利し、戦争はイギリスに再度傾きかけた。1783年にイギリスはノースが辞めさせられたときよりもかなり有利な休戦条件を設定する事ができた。

ノースの肖像画(1753年)、油絵、ポンペオ・バトーニ画

フォックス・ノース連立政権(1783年)[編集]

首相退任時ノースはいまだ49歳だったので政界からの引退は考えてはいなかった。庶民院内にはいまだ彼を支持する保守派議員が数多くいた。1782年秋の庶民院勢力図はシェルバーン伯爵派(政府派)140議席、ノース卿派120議席、フォックス=ポートランド派90議席、独立系・去就不明200議席となっていた[21]

ノースに再起の野望があることが判明すると政府もフォックス派も彼への接近を図った。ノースは選べる立場にあったが、1783年に入った頃には急進派のフォックスとの同盟に傾いていた。そして同年2月14日のノースとフォックスの会談によって両者の連合が確認された[22]。正反対と見られていた両派の連携は世間を驚かせた。その背景は第一にはノースの権力欲、加えてノースがアメリカ独立戦争敗戦の失政の弾劾から逃れたがっていたことがある。世間向けの大義名分として政府の講和条約反対があったこともある[21]

この両派の連携で1783年2月19日と21日の議会でシェルバーン伯爵内閣の講和条約案非難決議が可決され、シェルバーン伯内閣は総辞職に追い込まれた[23]。これにより国王ジョージ3世は、しぶしぶ第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクを名目上の首相とするフォックス=ノース連合に組閣の大命を与えた[24]。ノース卿は同内閣に内務大臣として入閣した。しかしジョージ3世は急進的で共和主義者のフォックスを忌み嫌い、このことを裏切りとして許さなかった。この内閣が倒れたその年の12月でノースの閣歴は終わった。この連立内閣の大きな成果の一つはアメリカ独立戦争を終わらせるパリ条約に署名したことだった。

新しく首相になったウィリアム・ピット(小ピット)は長持ちするとは考えられず、ノースは声に出してピットを批判し、再度首相に復帰できる望みを抱いていた。しかしピットはその後20年間も政界に君臨し続け、ノースとフォックスは野党のままだったので、憤懣が募ることになった。

晩年[編集]

ノースは失明した1790年に下院を去り、その後直ぐに父のギルフォード伯爵を継承し、晩年を貴族院で過ごした。ロンドンで1792年に亡くなり、彼のロクストン修道院の家に近いオクスフォードシャー州ロクストンのオールセイント教会に埋葬された。息子のジョージ・ノースがバンベリーの選挙区を継承し、1792年には父の爵位も継いだ。

皮肉なことに、ノースの家ロクストン修道院は現在、アメリカのフェアリー・ディキンソン大学所有になり、改修された修道院はアメリカから来る留学生が勉強する場所となっている。

栄典[編集]

爵位[編集]

1790年8月4日の父フランシス・ノース英語版の死去により以下の爵位を継承した[25][26]

勲章[編集]

名誉職等[編集]

遺産[編集]

ノース卿は今日「アメリカを失った」首相として記憶されている。

ノースカロライナ州ギルフォード郡はノース卿の父に因んで名付けられた。ギルフォード郡は1771年に創設され、今日郡内にはグリーンズボロハイポイントの都市があり、ノースカロライナ州で3番目に人口の多い郡となっている。

エディンバラ城に展示されている18世紀のドアにはアメリカ独立戦争の間に捕まえられた囚人によって彫られた「ノード卿」と記された処刑台が見られる。

結婚と家族[編集]

ノースは1756年にアン・スピーク(1741年-1797年)と結婚した。夫妻には次の6人の子供が生まれた。

  • 第3代ギルフォード伯ジョージ・オーガスタス・ノース(1757年9月11日-1802年4月20日)、先ず1785年9月30日に第3代バッキンガムシャー伯の娘マリア・フランシス・メアリー・ホバート=ハンプデン(1794年4月23日に死去)と結婚し、子供ができた。次に1796年2月28日にスーザン・クーツ(1837年9月24日死去)と再婚した。
  • キャサリン・アンナ・ノース(1760年-1817年)
  • 第4代ギルフォード伯フランシス・ノース英語版(1761年-1817年)
  • レディ・シャーロット・ノース・リンゼー(?-1849年10月25日)、1800年4月2日に第5代バルカレス伯の息子ジョン・リンゼー中佐(1762年3月15日-1826年3月6日)と結婚した。
  • 第5代ギルフォード伯フレデリック・ノース(1766年-1827年)
  • レディ・アン・ノース・ベイカー=ホルロイド(1783年以前-1832年1月18日)、1798年1月20日に初代シェフィールド伯ジョン・ベイカー=ホルロイドと結婚し、2人の子供が生まれた。

生誕から死までの称号[編集]

  • フレデリック・ノース閣下(1732年-1752年)
  • ノース卿(1752年-1754年)
  • ノース卿、下院議員(1754年-1766年)
  • ライト・アナラブル、ノース卿、下院議員(1766年-1772年)
  • ライト・アナラブル、ノース卿、ナイト、下院議員(1772年-1790年)
  • ライト・アナラブル、ノース卿、ナイト、(1790年)
  • ライト・アナラブル、ギルフォード伯、ナイト、枢密院(1790年-1792年)

語録[編集]

「なんてことだ! 全ては終わりだ」 - ヨークタウン降伏の報せを聞いたとき

登場作品[編集]

  • 『エッセイ集ホグワーツ権力と政治と悪戯好きのポルターガイスト』 - J・K・ローリング著。ハリー・ポッターシリーズの一篇。作中設定ではジョージ3世の病気治療のために魔法使いに相談した。失脚の原因は史実と異なり魔法使いの実在を信じたこととされている。

脚注[編集]

  1. ^ Whitely p.1
  2. ^ Tuchman, Barbara (1984). The March of Folly: From Troy to Vietnam. New York: Knopf, 185.
  3. ^ Whiteley p.2
  4. ^ Whiteley p.6-7
  5. ^ Whiteley p.19
  6. ^ Whiteley p.24
  7. ^ Whiteley p.49
  8. ^ Whiteley p.51
  9. ^ Whiteley p.60
  10. ^ a b Rodger p.329
  11. ^ 今井宏編 1990, p. 345.
  12. ^ 今井宏編 1990, p. 346-347.
  13. ^ 今井宏編 1990, p. 347.
  14. ^ 今井宏編 1990, p. 348.
  15. ^ a b 今井宏編 1990, p. 349.
  16. ^ a b 今井宏編 1990, p. 349/353.
  17. ^ a b 今井宏編 1990, p. 353.
  18. ^ 今井宏編 1990, p. 353-354.
  19. ^ 今井宏編 1990, p. 354.
  20. ^ 小松春雄 1983, p. 290-293.
  21. ^ a b 小松春雄 1983, p. 303.
  22. ^ 小松春雄 1983, p. 304.
  23. ^ 小松春雄 1983, p. 305.
  24. ^ 小松春雄 1983, p. 306.
  25. ^ a b Heraldic Media Limited. “Guilford, Earl of (GB, 1752)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月7日閲覧。
  26. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Frederick North, 2nd Earl of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  27. ^ PD-icon.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "North, Barons". Encyclopædia Britannica. 19 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 758. 
  28. ^ Cokayne, George Edward, ed (1895). “NORTH DE KIRTLING.”. The Complete Peerage. 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 66. https://archive.org/stream/completepeerage06cokahrish/TN-313027_6#page/n67/mode/2up 2016年9月4日閲覧。. 

参考文献[編集]

  • 今井宏編 『イギリス史〈2〉近世』 山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4634460201
  • 小松春雄 『イギリス政党史研究 エドマンド・バークの政党論を中心に』 中央大学出版部、1983年(昭和58年)。ASIN B000J7DG3M
  • Butterfield, Herbert. George III, Lord North, and the People, 1779-80 (1949)
  • Charles Daniel Smith. The Early Career of Lord North, the Prime Minister, (1979)
  • Rodger, N.A.M. Command of the Ocean: A Naval History of Britain 1649-1815, (2007)
  • Valentine, Alan. Lord North (1967, 2 vol.), the standard biography
  • Whiteley, Peter. Lord North: The Prime Minister who lost America, (1996)
  • Lord North, The Correspondence of King George the Third with Lord North from 1768 to 1783 ed by George, William Bodham Donne, ed. (1867) online edition

外部リンク[編集]

公職
先代:
チャールズ・タウンゼンド
陸軍支払長官英語版
1766年 - 1767年
共同就任者
ジョージ・クック英語版
次代:
ジョージ・クック英語版
トマス・タウンゼント英語版
財務大臣
1767年 - 1782年
次代:
ジョン・キャヴェンディッシュ英語版
下院院内総務
1767年 - 1782年
次代:
チャールズ・ジェームズ・フォックス
先代:
第3代グラフトン公爵
首相
1770年1月28日 - 1782年3月22日
次代:
第2代ロッキンガム侯爵
先代:
トマス・タウンゼント英語版
内務大臣
1783年
次代:
初代テンプル伯爵
下院院内総務
1783年
共同就任者
チャールズ・ジェイムズ・フォックス
次代:
ウィリアム・ピット
グレートブリテン議会英語版
先代:
ジョン・ウィルズ英語版
バンベリー選挙区英語版下院議員
1754年 - 1790年
次代:
ジョージ・ノース
学職
先代:
第3代リッチフィールド伯爵英語版
オックスフォード大学総長英語版
1772年 - 1792年
次代:
第3代ポートランド公爵
名誉職
先代:
第4代ベッドフォード公
孤児養育院院長英語版
1771年 - 1792年
次代:
第3代ポートランド公爵
先代:
初代ソモンド伯爵英語版
サマセット統監英語版
1774年 - 1792年
次代:
第4代ポーレット伯爵英語版
先代:
第4代ホルダーネス伯爵英語版
Lord Warden Cinque Ports (Lord Boyce).svg 五港長官英語版
1778年 - 1792年
次代:
ウィリアム・ピット
グレートブリテンの爵位
先代:
フランシス・ノース英語版
第2代ギルフォード伯爵
1790年 - 1792年
次代:
ジョージ・オーガスタス・ノース