ジョン・ウィルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Wilkes after Richard Houston.jpg

ジョン・ウィルクスJohn Wilkes1725年10月17日 - 1797年12月26日)は、イギリスの急進的なジャーナリストで政治家。ロンドン市長も務めた。

出生と人となり[編集]

ウィルクスは、ウィスキー醸造業者イズライル・ウィルクスの6人の子供の次男として、ロンドンに生まれた。ライデン大学ハートフォード・カレッジ、私立学校などに学んだ後、1747年にメアリー・ミードと結婚して家産を継ぎ、バッキンガムシャーに住居を落ち着けた。ウィルクスは一人娘のポリーを溺愛したが、妻とは1756年に別居し、そのまま婚姻関係を解消した。ウィルクスは再婚はしなかったが、放縦な女性関係で知られ、少なくとも他に2人の子があった。その例として、悪名高い地獄の火クラブの会員でもあったが、後にウィルクスはクラブの放蕩三昧を新聞紙上で糾弾し、クラブを解散に追い込んでいる。クラブの会員にはサンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューフランシス・ダッシュウッドウィリアム・ホガースら錚々たる名士が名を連ねていた。

ウィルクスは当代一の悪相と囃され、ひどいやぶにらみと長いあごをしていたが、それを帳消しにする何とも言えない愛嬌があった。「俺と30分も過ごせば、女にはご面相のことなんざどうでもよくなるのさ」とウィルクスはよく嘯いたが、女性を振り向かせるまでの時間は、自慢話のたびに少し変わっていた。彼は「この顔のせいで恋敵にただでひと月ハンデをやるようなもんだ」とも言ったことがある。

彼は機知に富み口がうまく、悪口に絶妙のお返しをすることでも知られていた。たとえば、かつては地獄の火クラブの仲間であったサンドウィッチ伯に「ウィルクス、お前なんか絞首台でも天然痘でもくたばるがいい」と罵られたウィルクスは、「閣下、そのどちらになるかは、閣下の裁きを受け入れるのが先か、閣下の恋人を抱擁するのが先か次第です」と切り返した(英語のembraceのダブルミーニングによる駄洒落である)。「あなたを選ぶくらいなら悪魔に一票投じますね」ある選挙人に冷たく言われたウィルクスは、「そうでしょうね」と頷いてから言った。「で、あなたのお友達が(悪魔なんでしょ?)もし選挙に立たないことになったら、私に票を回していただけるんですよね」。

アメリカ独立戦争では、ウィルクスは政府の対アメリカ政策を糾弾した。その一方で、犯罪には厳罰で臨むことを熱心に主張し、年をとるにしたがって、保守的になった。急進主義者はそんなウィルクスに失望し、ウィルクスは1790年のミドルセックスでの統一選挙に敗北した。1790年代には政治活動から身を退き、急進主義運動にも加担していない。1797年12月29日に死去した。

急進的ジャーナリズム[編集]

ジョン・ウィルクス

ウィルクスはホイッグ党員で、はじめ大ピットの支持者であったが、1762年にビュート伯ジョン・ステュアートが首相になるのを契機に、急進的なザ・ノース・ブリトン紙を創刊し、反スコットランド閥を掲げて、ビュート伯を攻撃し始めた。ビュート伯は翌年辞任したが、ウィルクスは後任のジョージ・グレンヴィルに対しても同様の攻撃を行なった。1763年4月23日、議会開会における国王の演説の内容を、ノース・ブリトン紙45号上でウィルクスは糾弾し、扇動的名誉毀損の罪で告訴された。ビュート伯への攻撃に仮託していたものの、国王によるパリ条約の承認を同紙が非難したことが、王には明白な反逆罪として映ったためであった。同月30日、ウィルクスと印刷業者に対する捜索令状が発行され、49名が一斉に拘束された。ウィルクスは庶民院を罷免、逮捕された。しかし、令状は違法であるとする民衆の圧倒的な支持を受けて、ウィルクスはまもなく釈放され議席を回復した。ウィルクスは逮捕は権利の侵害であるとして訴訟を開始、民衆は「ウィルクスと自由、45号」を合い言葉に抗議行動を繰り返した。

有罪宣告[編集]

ウィルクスの政敵もただちに反撃に転じた。ウィルクスの記事原稿を押収し、貴族院に提出し、これを誹謗文書であると断じた。ウィルクスは再び罷免されたが、追放や審理に先んじて、自らパリへ逃れた。欠席裁判が行なわれ、猥褻かつ誹謗文書配布の科で、ウィルクスは1764年1月19日に有罪宣告を受けた。

ウィルクスは政権の交代により罪が免除されることを期待したが、ヨーロッパ本土での彼の支援金も底が着き、1768年にイギリスへ舞い戻った。ウィルクスは反政府の支持を集めて選挙に立とうと帰国したのである。不思議なことに、彼を即時逮捕せよとの令状は発行されなかった。ウィルクスはロンドンでは落選したがミドルセックスで当選し、4月に王座裁判所に出頭して免責を放棄、懲役2年と罰金1,000ポンドの宣告を受けた。無罪の主張は通らなかったのである。ウィルクスは同年5月10日に、国王を誹謗する文書を作成した科により、王座裁判所の監獄に収監された。ウィルクスの支援者は、ロンドンの王座裁判所の前に集結し「公正なくして平和もなし」と抗議集会を行なった。軍隊は丸腰の群衆に発砲し、7名が死亡する惨事となった。

ウィルクスは速やかな恩赦を期待したが、得ることは叶わず、1769年2月についに議会からも追放された。同月のミドルセックスの選挙で再選されたが、また罷免され、またまた3月に再選された。4月、議会は彼の再選を無効とし罷免を支持する決定を行なった。めげないウィルクスは、ウィルクスを支持するために結成された権利章典擁護者協会の運動によって、同年、ロンドンの長老議員に当選した。議席の剥奪の決定を議会に撤回させることに、ウィルクスはとうとう成功したのであった。

その後[編集]

1770年3月に釈放されるとすぐに、彼はロンドンの治安官になり、1774年ロンドン市長に就任した。また同年、ミドルセックスの庶民院にも再当選を果たした。彼の立身の決め手は、逮捕令状も議会の政治報道への圧力もはね返して、報道の自由を守ったことであった。政治的には、ウィルクスはアメリカの植民地との戦争には反対の立場で、組合運動と宗教的寛容の支持者であった。

1780年頃から、ウィルクスの人気は彼が急進さを失うにつれ下落した。ゴードン擾乱では、妥協の無い武力による鎮圧を市長として陣頭指揮し、「ウィルクスと自由!」とあの有名なフレーズで声をかけられると顔を背けることもあった。同年と1784年のミドルセックスの選挙では楽勝したが、1790年にはほとんど支持が得られなくなり、選挙戦から撤退した。

おもな伝記[編集]

  • Holdsworth, William (1938). A History of English Law Vol. 10, pp. 659–672, ISBN 0-421-05100-0.
  • Rudé, George (1962). Wilkes and Liberty: A Social Study of 1763 to 1774, ISBN 0-19-881091-1.
  • Williamson, Audrey (1974). Wilkes, A Friend of Liberty, ISBN 0-04-923064-6.
  • Cash, Arthur (2006). John Wilkes: The Scandalous Father of Civil Liberty, ISBN 0-300-10871-0.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]