ジョン・ステュアート (第3代ビュート伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第3代ビュート伯爵
ジョン・ステュアート
John Stuart, 3rd Earl of Bute
3rd Earl of Bute by Sir Joshua Reynolds.jpg
生年月日 1713年5月25日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国スコットランドエディンバラ議会広場英語版
没年月日 (1792-09-10) 1792年9月10日(79歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国、ロンドン、メイフェア
出身校 イートン・カレッジ
所属政党 トーリー党
称号 第3代ビュート伯爵ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 メアリー(旧姓ワートリー=モンタギュー)

在任期間 1762年5月26日 - 1763年4月8日
国王 ジョージ3世

内閣 ビュート伯内閣
在任期間 1762年5月26日 - 1763年4月8日

内閣 第2次ニューカッスル公内閣
在任期間 1761年3月25日 - 1762年5月27日

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
選挙区 貴族代表議員
在任期間 1737年 - 1741年
1761年 - 1780年
テンプレートを表示

第3代ビュート伯爵ジョン・ステュアート英語: John Stuart, 3rd Earl of Bute, KG, PC, 1713年5月25日 - 1792年3月10日)は、イギリスの政治家、貴族。

スコットランド貴族の家に生まれ、ジョージ3世皇太子の頃にその家庭教師を務めていた。1760年のジョージ3世の即位後、国王の後押しで政界で急速に昇進し、1762年5月には首相に就任した。反政党政治的な「愛国王」の理念に則ってウォルポール以来の「ホイッグ党寡頭支配」を終焉させ、万年野党だったトーリー党からも閣僚登用を行った。彼の首相在任期に七年戦争の講和条約パリ条約が締結されている。しかし著しい不人気だったため、1763年4月に退陣した。

経歴[編集]

前半生[編集]

1713年5月25日スコットランドエディンバラ議会広場英語版に生まれる。父はステュアート朝の創始者ロバート2世王の庶子の末裔でスコットランド貴族の、第2代ビュート伯爵ジェイムズ・スチュアート。母は同じくスコットランド貴族の初代アーガイル公アーチボルド・キャンベルの娘アン[1]

イートン・カレッジで学ぶ。1723年1月28日、父の死によりビュート伯爵以下3つの爵位と1つの準男爵位を継承した。彼の有する爵位はいずれもスコットランド貴族なので、自動的にイギリス貴族院に議席を有することはなかったが、1737年から1741年にかけては貴族代表議員に選出されて議席を有した[1]

ジョージ3世の側近に[編集]

ビュート伯は国王ジョージ2世の外交を「ハノーファー偏重」と批判していたため、国王から嫌われており、1747年から皇太子フレデリック・ルイス(父王と不仲だった)のレスター・ハウスの食客となり、素人芝居やカード遊びで人気者となった[2]

1751年にフレデリック皇太子は薨去したが、皇太子妃オーガスタからも信任を受け、その長男で新たな皇太子となったジョージ(後のジョージ3世)の家庭教師に任じられた[3]。この教育の際にビュート伯は初代ボリングブルック子爵ヘンリー・シンジョンの『愛国王』を教材に使ったといわれ、これが後にジョージ3世が「愛国王」思想に凝り固まる原因になったとされる[4]1756年6月に18歳を迎えて成人した皇太子ジョージは、自分の皇太子宮内官英語版にビュート伯を据えようとした。しかし国王ジョージ2世はビュート伯を嫌っていたので、この人事が承認されたのは10月になってからだった[5]

1760年10月にジョージ3世が即位する。彼はビュート伯の教育の結果、「祖父王は悪しきホイッグ政治家に囚われており、自分が即位したら腐敗した政党政治家を排除して自分が『愛国王』として国をまとめる」という信念に凝り固まっており、イギリスの政党政治・議会政治に混乱をもたらすことになる[6]。しかしジョージ3世即位時、イギリスは初代ニューカッスル公トマス・ペラム=ホールズ(首相)と大ピット(南部担当国務大臣)の指導の下に七年戦争を遂行中だったので、ジョージ3世としてもすぐさまの政権入れ替えは躊躇し、ビュート伯を国王宮内官として重用して事実上の首相とすることだけで満足した[7]

ニューカッスル公内閣北部担当大臣[編集]

1761年3月になると、ビュート伯は国王の後押しを受けてニューカッスル公内閣に北部担当国務大臣として入閣した。しかしスコットランド貴族のビュート伯は、この時点では上下両院のいずれにも議席を持っておらず、議会の議員を大臣に任命するという長年の慣行が破られた形での任命となった。また当時、七年戦争は重大な局面を迎えており、このような時期に国王側近を閣内に送り込むのは閣内不一致の原因になりかねないと憂慮されていた。そのため彼の登用には当初より批判が多かった[8]。なお、議席の問題については同年のうちに貴族代表議員に選出されて、貴族院の議席を得ることで対応している[1]

閣内では大ピットが主戦論を唱え、ビュート伯はジョージ3世とともに早期講和論を唱え、その対立は徐々に激しくなった。1761年8月にフランスとスペインの同盟が成立すると、大ピットはスペインにも宣戦布告することを求めたが、ビュート伯もニューカッスル公もスペインとの開戦には反対した。孤立した大ピットは10月に辞職した[9]。大ピット辞職後、結局スペインとの開戦は不可避の情勢になり、1762年1月にイギリスはスペインに宣戦布告した。ビュート伯はスペイン戦の戦費を確保するために同盟国プロイセンへの援助金を打ち切ることを主張した。ニューカッスル公はそれに反対だったが、もはや彼にビュート伯を掣肘する力はなく、1762年5月末にビュート伯に第一大蔵卿(首相)職を譲って辞職した[9]

ビュート伯内閣[編集]

1762年5月末、第一大蔵卿(首相)に就任したビュート伯は、ジョージ3世の強い信任を背景に政権運営を行った。「愛国王」の理念に基づいて、年末までにはニューカッスル・ホイッグ系の政治家たちを官職から一掃し、万年野党だったトーリー党議員を積極的に閣僚に登用し、ウォルポール以来の「ホイッグ優越」時代を終わらせた[10]

しかしビュート伯は極度に不人気だった[注釈 1]。不人気の理由は、第一には若い国王に非立憲的な考えを吹聴していることであったが、彼がスコットランド人であることもあった。当時スコットランド人はユダヤ人並みに嫌われていた。とりわけ「ステュアート」という姓は、彼をジャコバイトカトリックフランスと結びつける悪宣伝に格好の材料だった[12]。また世間の大ピットへの人気は依然として高く、ビュート伯は大ピットと対比されて低く評価されがちであった[13]。大ピットに近いジョン・ウィルクス議員の週刊『ノース・ブリトン』をはじめとする各新聞・雑誌からも、ビュート伯は批判の的になっていた[13]

1763年2月にはパリ条約を締結して七年戦争を終結させた。イギリスが広大な植民地を得るという勝利の講和だったにもかかわらず、イギリス国内では「ビュートがフランスに過度に譲歩した。もっと有利な条件で講和できた」と批判された。そのため名誉回復の契機になるどころか、余計に嫌われる結果となった[14]

1763年3月のリンゴ酒消費税導入は、野党の激しい抵抗を抑えて議会を通過させることに成功したが、この件で不人気がさらに加速した[13]

あまりの不人気にビュート伯の内閣統制力も低下の一途をたどっていたので、人心を一新すべく1763年4月をもって辞職し、庶民院議員ジョージ・グレンヴィルを後任の第一大蔵卿とした[13]

首相退任後[編集]

ビュート伯退任後もジョージ3世はしばらくの間、ビュート伯に依存した。ジョージ3世はグレンヴィル新内閣がビュート伯の意向を汲んで政治を行うことを希望していたので、グレンヴィル内閣は政権運営に苦しんだ。これについて野党や世論は、ビュート伯を「秘密の影響力」「闇の首相」と評して批判した[12]。ついには首相グレンヴィルが国王ジョージ3世に、「秘密の影響力」に従わないよう求める騒ぎになった[13]

「ビュート伯が秘密の影響力を及ぼしている」という批判は、1766年に第2代ロッキンガム侯爵チャールズ・ワトソン=ウェントワースのホイッグ政権が国王によって更迭された際にも蒸し返された。しかし実際には、ビュート伯はその頃には政治から遠ざかっていた。そのためロッキンガム侯派ホイッグはこの後、「秘密の影響力」神話を「国王が『国王の友』と呼ばれる議員たちを使って議会に不当な影響力を及ぼしている」というテーゼに変化させていくことになる[15]

ビュート伯は1780年から1792年にかけて、スコットランド考古学協会英語版会長を務めた[1]

1792年3月10日にロンドン・メイフェアで死去した[1]

人物[編集]

外交面では孤立主義的な平和外交観の持ち主で、ジョージ2世のハノーファー偏重を批判し、七年戦争にイギリスが巻き込まれることに反対した。またヨーロッパ大国との同盟関係はすべて切ったほうがいいと訴えていた。そのため、巨大植民地帝国大英帝国の建設を目指して積極的な外交に邁進する大ピットと対立が深まったのは無理もなかった[16]

内政面では、ウォルポール以来のホイッグ党寡頭支配に強く反対した、ビュート伯にいわせれば、政党政治とは君主の独立性を奪ってホイッグ貴族の寡頭支配を維持するための手段でしかなかった。君主制をホイッグ貴族の寡頭支配から救い出し、君主自らが「愛国王」として国政を主導しなければならないというのが彼の持論だった[17]。首相就任直後の1762年6月には、御用新聞の中で自分の政治体制について次のように論じた。

現在、国王陛下はあまりにも長い間支配してきた大臣の根強い権力組織を根絶しようと務めている。そして憲法によって信託された執行権を十分に行使しようとしている。そのために陛下は自己の統治の権限を完全に大臣に委任してしまおうとはしていない。またこれらを完全に名目的な存在にしてしまおうともしていない。むしろ君主の統治を助けるため、適当な部署において大臣として、すなわち君主の手中にある便利な道具として利用しようとしている[18]

政敵の第2代シェルバーン伯爵ウィリアム・ペティはビュート伯の人柄を次のように厳しく批判している。

彼の根底にはスコットランド貴族に共通した性格が潜んでいた。彼は自負心が強く、人を寄せ付けず、尊大で高圧的であった。そして多くの浅薄な知識を身に着けていた。私の知る限りでは彼は最大の臆病者だった。しかも無分別で、小心だった。彼は処刑したり威嚇したりして権力を存分に楽しんでいた。なお彼は私の見た限りでは、宮廷内を操縦することにおいて抜きんでており、またそのために術策や奸智を十分に持ち合わせていた[3]

植物学の研究に熱心で、それに関する著作もある[4]。ツバキ科の中のナツツバキ属Stewartia/Stuatia、代表的なものはナツツバキStewartia pseudocamellia))は、ビュート伯の姓から取ったものである。

文学にも造詣が深く、サミュエル・ジョンソンのパトロンであった[4]

栄典[編集]

爵位・準男爵位[編集]

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1736年メアリー・ワートリー・モンタギューと結婚した。この結婚により広大な領地が転がりこんでくることになった。彼女との間に10子を儲けた。第4代ビュート伯爵位を継承した長男ジョン・ステュアート英語版1796年ビュート侯爵に叙されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ジョン・ブルワーはビュート伯の嫌われようについて次のように述べている。「実際彼のように公然と罵られ、中傷され、手荒く遇された首相は滅多にあるものではない。彼はモッブに襲われ、暗殺者に狙われ、大西洋両岸で肖像画を焼き払われた。またパンフレット、印刷物、歌、芝居、チラシなどでけなされた。彼は旅行するときは民衆の侮辱を避けるためにしばしば変装した。そうでない場合も少なくとも変名を使用した。上流階級から貧民窟まですべての社会階層においてビュートの名は呪いであった。コーヒー・ハウスでスパイを使ったり、新聞で宣伝させたりしたが、結局この国王寵臣は民衆の支持を得ることはできなかった」[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “John Stuart, 3rd Earl of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  2. ^ 小松春雄 1983, p. 152-153.
  3. ^ a b 小松春雄 1983, p. 153.
  4. ^ a b c 森護 1994, p. 226.
  5. ^ 今井宏編 1990, p. 314.
  6. ^ 今井宏編 1990, p. 321.
  7. ^ 今井宏編 1990, p. 321-3.
  8. ^ 小松春雄 1983, p. 155.
  9. ^ a b 今井宏編 1990, p. 322.
  10. ^ 今井宏編 1990, p. 324.
  11. ^ 小松春雄 1983, p. 157-158.
  12. ^ a b 小松春雄 1983, p. 158.
  13. ^ a b c d e 今井宏編 1990, p. 329.
  14. ^ 今井宏編 1990, p. 328.
  15. ^ 今井宏編 1990, p. 333.
  16. ^ 小松春雄 1983, p. 153-154.
  17. ^ 小松春雄 1983, p. 154.
  18. ^ 小松春雄 1983, p. 135.

参考文献[編集]

公職
先代:
第4代ホルダーネス伯爵英語版
北部担当国務大臣
1761年 – 1762年
次代:
ジョージ・グレンヴィル
先代:
初代ニューカッスル=アポン=タイン公爵
首相
1762年5月26日 – 1763年4月8日
貴族院院内総務
1762年 – 1763年
次代:
不明
スコットランドの爵位
先代:
ジェームズ・ステュアート
第3代ビュート伯爵
1723年 – 1792年
次代:
ジョン・ステュアート英語版
Stuartは、植物の学名命名者を示す場合にジョン・ステュアート (第3代ビュート伯)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)