プリンス・オブ・ウェールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリスの旗 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
ウェールズ公
Tywysog Cymru
Prince of Wales
Prince of Wales's feathers Badge.svg
在位中のウェールズ公
William Sumbarines Crop.png
ウェールズ公ウィリアム
2022年9月9日より
詳細
敬称 殿下(his Highness)
初代 エドワード2世
成立 1301年
宮殿 ケンジントン宮殿
アデレードコテージ
任命権者 国王
チャールズ3世
ウェブサイト https://www.princeofwales.gov.uk/
テンプレートを表示
先代のプリンス・オブ・ウェールズ、チャールズの紋章。紋章中央にインエスカッシャンされている赤と黄金の獅子の紋章がウェールズ公国以来のプリンス・オブ・ウェールズの紋章である。

プリンス・オブ・ウェールズウェールズ語: Tywysog Cymru英語: Prince of Wales)は、イギリスにおいて、王位法定推定相続人たる王子[注釈 1]に与えられる称号ウェールズ公ウェールズこうウェールズ大公ウェールズたいこうともいう。

称号はウェールズ君主を意味する。14世紀以来、次期国王として王位を継承すべきイングランド国王(後にはグレートブリテン国王、連合王国国王)の最年長の王子がこの称号を与えられるようになり、王位の法定推定相続人の称号となった。

2022年9月8日、プリンス・オブ・ウェールズだったチャールズ3世が国王に即位し、翌9日に長男ウィリアムへのプリンス・オブ・ウェールズ称号の授与が発表され、ウィリアムがプリンス・オブ・ウェールズとなった[1][2]

日本では、この称号を帯びる王位の法定推定相続人(Crown prince)のことを王太子や「皇太子」と訳すこともある。なお、"Prince of Wales"を「ウェールズ皇太子」や「ウェールズ王太子」と訳すこともあるが、この「prince」は君主を意味する語であって皇太子や王太子の意味では用いられていないため、誤訳と言ってよい(詳細は後述)。また、2013年王位継承法の制定までは男子優先長子相続制であったため、男兄弟のいない国王(女王)の娘(王女)は弟が生まれる可能性がほぼ無い場合であっても法定推定相続人にはなれず、この称号は付与されなかった(例えば、エリザベス2世は王位継承前には「エディンバラ公爵夫人エリザベス王女(The Princess Elizabeth, Duchess of Edinburgh)」と呼ばれていた)。

プリンス・オブ・ウェールズは、「殿下」(His Royal Highness)の敬称で呼ばれ、その妻はプリンセス・オブ・ウェールズPrincess of Wales、ウェールズ大公妃あるいはウェールズ公妃)の称号を帯びる。ただし、チャールズ3世の即位前にプリンセス・オブ・ウェールズの地位にあったチャールズの後妻カミラは、国民的人気が高い前妻のダイアナ[注釈 2]に遠慮し、コーンウォール公爵夫人(スコットランドにおいてはロスシー公爵夫人)の称号を名乗っていた。

起源[編集]

もともとプリンス・オブ・ウェールズの称号は、グウィネズ地方のウェールズ人支配者(公)、末代公サウェリンことサウェリン・アプ・グリフィズがウェールズのほぼ全域のウェールズ人諸侯に支配力を及ぼして、全ウェールズの君主としてウェールズ公(ラテン語: Princeps Walliaeウェールズ語: Tywysog Cymru)の称号を名乗ったことに始まる。この場合のプリンケプスは王子の意味ではなく、君主(元は「第一人者」の意)、すなわち「」あるいは「大公」と訳される地位のことであり、現在でもアンドラ公国モナコ公国リヒテンシュタイン公国において用いられている(princeの語源も参照)。なお、イギリスの王子が一般に「プリンス」と称するのはハノーヴァー朝以降である。

ウェールズ諸侯の名目上の主君であるイングランド王ヘンリー3世は、1267年にサウェリンをプリンス・オブ・ウェールズとして承認し、ここにウェールズ公国(Principality of Wales)が成立した。しかし、ヘンリー3世を継いだイングランド王エドワード1世はサウェリンと対立、1282年から1283年のウェールズ侵攻で、サウェリンを敗死に追い込み、サウェリンの弟ダヴィズを処刑してその一族を滅ぼした。

エドワードはサウェリンの作ったウェールズ公の黄金の冠をイングランドに持ち去ってウェストミンスター寺院に安置すると、ウェールズ公国をイングランド王の所領に定め、グウィネズを始めとするウェールズ諸侯領を奪ってウェールズ公直轄領とした。王宮所在地はグウィネズのカーナーヴォン城に定められるが、1284年、ここでエドワード1世の子エドワード(後のエドワード2世)が生まれた。

1301年、エドワード1世はウェールズ人の反乱を抑えるため、王子エドワードにプリンス・オブ・ウェールズの称号を授けてウェールズの名目上の君主とした。このために、身重の王妃エリナーを当時ウェールズ侵攻の前線基地であったカーナーヴォン城に連れて行き、そこで王子を出産させたのである。エドワード2世をウェールズ人に「ウェールズ生まれの」支配者として受け入れさせるためであった。エドワード1世はウェールズの諸侯に赤ん坊を見せて「ウェールズ生まれで英語を話さない」と即位を認めさせた、という逸話がある(ただし、当時のイングランド王は英語ではなくフランス語を常用していたため、この逸話の真実性には疑問がある)。

のちにエドワード2世の子エドワード3世1343年、自身の長男で第一王位継承者のエドワード(黒太子)にプリンス・オブ・ウェールズの称号を与え、エドワードがイングランド王位を継ぐ前に死去すると、プリンス・オブ・ウェールズはその長男の次期国王リチャード(2世)に譲られた。こうしてイングランドの次期国王がプリンス・オブ・ウェールズとなる慣例が定着し、現在に至るまで続いている。

プリンス・オブ・ウェールズ一覧[編集]

アベルフラウ家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Sin foto.svg
ダヴィズ・アプ・サウェリン
1244年 - 1246年
1212年3月 - 1246年2月25日
Llywelyn le Dernier.jpg
サウェリン・アプ・グリフィズ
1246年 - 1282年
1228年頃 - 1282年12月11日 ダヴィズの甥。
Sin foto.svg
ダヴィズ・アプ・グリフィズ
1282年 - 1283年
1238年7月11日 - 1283年10月3日 サウェリンの弟。

プランタジネット家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Edward II of England1.jpg
エドワード
1301年 - 1307年
1284年4月25日 - 1327年9月21日 イングランド王エドワード1世の四男。後のイングランド王エドワード2世。
Plantagenet, Edward, The Black Prince, Iconic Image.JPG
エドワード
1343年 - 1376年
1330年6月15日 - 1376年6月8日 エドワード2世の孫。エドワード黒太子。
RichardIIWestminsterHead.JPG
リチャード
1376年 - 1377年
1367年1月6日 - 1400年2月14日 エドワード黒太子の次男。後のイングランド王リチャード2世。

ランカスター家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Henry5.JPG
ヘンリー
1399年 - 1413年
1387年9月16日 - 1422年8月31日 リチャード2世の従兄ヘンリー4世の次男。後のイングランド王ヘンリー5世。
Edward.4.plantagenet.jpg
エドワード
1454年 - 1471年
1453年10月13日 - 1471年5月4日 ヘンリー5世の孫。

ヨーク家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
King Edward V from NPG.jpg
エドワード
1471年 - 1483年
1470年11月4日 - 1483年7月6日 ヘンリー5世のはとこリチャード・プランタジネットの孫。後のイングランド王エドワード5世。
Edward of Middleham (geograph).jpg
エドワード
1483年 - 1484年
1473年頃 - 1484年4月9日 エドワード5世の従弟。

テューダー家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Arthur Prince of Wales c 1500.jpg
アーサー
1489年 - 1502年
1486年9月20日 – 1502年4月2日 リチャード・プランタジネットのはとこジョン・ボーフォートの曾孫。
HenryVIII 1509.jpg
ヘンリー
1504年 - 1509年
1491年6月28日 - 1547年1月28日 アーサーの弟。後のイングランド王ヘンリー8世。
Portrait of Edward VI of England.jpg
エドワード
1537年 - 1547年
1537年10月12日 - 1553年7月6日 ヘンリー8世の息子。後のイングランド王エドワード6世。

ステュアート家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Henry Prince of Wales 1610 Robert Peake.jpg
ヘンリー・フレデリック
1610年 - 1612年
1594年2月19日 - 1612年11月6日 エドワード6世の従兄のスコットランド王ジェームズ5世の曾孫。
Charles I (Prince of Wales).jpg
チャールズ
1616年 - 1625年
1600年11月19日 - 1649年1月30日 ヘンリー・フレデリックの弟。後のイングランド王チャールズ1世。
Charles II when Prince of Wales by William Dobson, 1642.jpg
チャールズ
1638年 - 1649年
1630年5月29日 - 1685年2月6日 チャールズ1世の次男。後のイングランド王チャールズ2世。
James Francis Edward Stuart c. 1703 attributed to Alexis Simon Belle.jpg
ジェームズ・フランシス・エドワード
1688年
1688年6月10日 - 1766年1月1日 チャールズ2世の甥。

ハノーヴァー家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
King George II by Charles Jervas.jpg
ジョージ・オーガスタス
1714年 - 1727年
1683年11月10日 - 1760年10月25日 ジェームズ・フランシス・エドワードのはとこのグレートブリテン王ジョージ1世の長男。後のグレートブリテン王ジョージ2世。
Frederick Lewis, Prince of Wales by Philip Mercier.jpg
フレデリック・ルイス
1729年 - 1751年
1707年2月1日 - 1751年3月31日 ジョージ2世の長男。
George III As Prince of Wales.jpg
ジョージ・ウィリアム・フレデリック
1751年 - 1760年
1738年6月4日 - 1820年1月29日 フレデリック・ルイスの長男。後のグレートブリテン王ジョージ3世。
George IV bust1.jpg
ジョージ・オーガスタス・フレデリック
1762年 - 1820年
1762年8月12日 - 1830年6月26日 ジョージ3世の長男。後のグレートブリテン王ジョージ4世。

サクス=コバーグ=ゴータ家/ウィンザー家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Prince of Wales00.jpg
アルバート・エドワード
1841年 - 1901年
1841年11月9日 - 1910年5月6日 ジョージ4世の弟エドワードの孫。後のイギリス王エドワード7世。
George V of the United Kingdom01.jpg
ジョージ・フレデリック・アーネスト・アルバート
1901年 - 1910年
1865年6月3日 - 1936年1月20日 エドワード7世の次男。後のイギリス王ジョージ5世。
Bundesarchiv Bild 102-13538, Edward Herzog von Windsor.jpg
エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージ
1910年 - 1936年
1894年6月23日 - 1972年5月28日 ジョージ5世の長男。後のイギリス王エドワード8世。

マウントバッテン=ウィンザー家[編集]

肖像 名前 生没年 付記
HRH Prince Charles 43 Allan Warren (cropped).jpg
チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ
1958年 - 2022年
1948年11月14日 - エドワード8世の弟のイギリス王ジョージ6世の孫。後のイギリス王チャールズ3世。
William Sumbarines Crop.png
ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ
2022年 -
1982年6月21日 - チャールズ3世の長男。

脚注[編集]

  1. ^ “William and Kate named Prince and Princess of Wales by the King” (English). BBC. (2022年9月9日). https://www.bbc.com/news/uk-wales-62856181 2022年9月10日閲覧。 
  2. ^ チャールズ新英国王が初演説、国民に「生涯通じ奉仕」誓う”. ロイター. 2022年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月27日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 2022年現在の前例では、「プリンセス・オブ・ウェールズ」は、「王位の法定推定相続人たる王女(2022年現在では前例がない)に授与される称号」ではなく、「プリンス・オブ・ウェールズの妃に授与される称号」である。
  2. ^ ダイアナはチャールズとの離婚後も「プリンセス・オブ・ウェールズ」の称号を保持していた。

関連項目[編集]