エドワード・オブ・ウェストミンスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドワード・オブ・ウェストミンスター

エドワード・オブ・ウェストミンスター(Edward of Westminster, 1453年10月13日 - 1471年5月4日)は、イングランドヘンリー6世と王妃マーガレット・オブ・アンジューの王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)。史上唯一戦死したプリンス・オブ・ウェールズである。

生涯[ソースを編集]

ヘンリー6世と王妃マーガレットの息子としてウェストミンスター宮殿で生まれ、洗礼式で両親の側近であるサマセット公エドムンド・ボーフォートが代父となった。しかし当時ヘンリー6世は精神錯乱に陥っていたため王子を認識出来ず、王子の出生についてはマーガレットと愛人サマセット公との情事の結果という噂が広まっていた。もっともこれには確たる証拠もないし、ヘンリー6世も自分が王子の父親であることを疑っていなかった。エドワードは1454年に正気に戻ったヘンリー6世に認知され、ウィンザー城でプリンス・オブ・ウェールズの位を授かった。

だが、王子誕生は王族のヨーク公リチャードにとっては王位継承権を脅かされる危機に瀕したため、かねてから対立していたサマセット公との抗争が激化、1455年第1次セント・オールバーンズの戦い薔薇戦争が開始された。この戦いでサマセット公はヨーク派に討ち取られヨーク公が政界の実権を握ったが、マーガレットはこれを認めずエドワードを守るため宮廷で反対派を結集させ、1459年ランカスター派とヨーク派はブロア・ヒースの戦いで再戦した。エドワードは幼少でヘンリー6世は精神不安定のため、マーガレットが軍と貴族の召集、戦争の指揮などを執っていた[1]

1460年にヘンリー6世が7月のノーサンプトンの戦いで捕虜となり、ヨーク公の圧力に負けて、エドワードの生得権である王位継承権を手放してヨーク公を王位継承者に指名した時、戦場からエドワードを連れて脱出したマーガレットはすぐに軍を出してヨーク派と戦おうと企てた。マーガレット率いるランカスター派は12月にウェイクフィールドの戦いでヨーク公を討ち取り、翌1461年第2次セント・オールバーンズの戦いでも勝利してヘンリー6世を救出したが、ヨーク公の息子エドワード4世が即位してタウトンの戦いでランカスター派を壊滅させた。マーガレットとエドワードはしばらくスコットランドウェールズを逃げ回っていたが1463年フランスへ亡命、ヘンリー6世も1465年にヨーク派に捕らえられた[2]

以後イングランドはヨーク派が支配したが、マーガレットは1470年7月にヨーク派から離反したウォリック伯リチャード・ネヴィルと同盟を結び、エドワードは同年12月にウォリック伯の末娘のアン・ネヴィルと結婚した(きちんとした結婚式を挙げたかどうかは疑わしい)。ウォリック伯は9月にエドワード4世を追放して一旦はヨーク派に奪われていた王位を取り戻し、10月に囚われていたヘンリー6世を解放・復位させることに成功した。しかし、マーガレットとエドワードが翌1471年4月にイングランドに戻ってきた時、ヘンリー6世はエドワード4世に廃位され、ウォリック伯もバーネットの戦いでエドワード4世に反撃され敗死、エドワード4世に王位を奪還されていた。経験不足のエドワードとマーガレットは、一縷の望みを託してテュークスベリーの戦いで残存兵の指揮を執ったが、結局はランカスター派の敗北に終わった。

言い伝えによれば、エドワードはグロスター公リチャード(エドワード4世の弟、後のリチャード3世)に捕虜にされて、エドワード4世の前に連れて来られた。そこでエドワード4世を侮辱したため、王はエドワードを即刻処刑するよう命じたという。遺体はテュークスベリー修道院に埋葬、未亡人アンは翌1472年にグロスター公と再婚した。幽閉されたヘンリー6世は獄死、マーガレットも数年間虜囚となった末にフランスへ送り返されランカスター派は四散した[3]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 尾野、P120、川北、P126 - P127、ロイル、P213、P217、P223、P228、P229。
  2. ^ 尾野、P122 - P129、川北、P127 - P129、ロイル、P244 - P252、P257 - P261、P265 - P268、P279。
  3. ^ 尾野、P153 - P163、川北、P131 - P132、ロイル、P298 - P305、P311 - P321。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

先代:
ヘンリー5世
プリンス・オブ・ウェールズ
1454年 - 1471年
次代:
エドワード5世