エドワード・オブ・ウェストミンスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・オブ・ウェストミンスター(Edward of Westminster, 1453年10月13日 - 1471年5月4日)は、イングランドヘンリー6世の王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)。史上唯一戦死したプリンス・オブ・ウェールズである。

生涯[編集]

ヘンリー6世と王妃マーガレット・オブ・アンジューの息子としてウェストミンスター宮殿で生まれた。ただ当時ヘンリーは精神病に苦しんでいたため、王子の出生についてはマーガレットと愛人との情事の結果という噂が広まっていた。もっともこれには確たる証拠もないし、ヘンリー6世も自分が王子の父親であることを疑っていなかった。エドワードは1454年ウィンザー城でプリンス・オブ・ウェールズの位を授かった。

1460年にヘンリー6世がヨーク公リチャードの圧力に負けて、エドワードの生得権である王位継承権を手放してヨーク公を王位継承者に指名した時、マーガレット王妃はすぐに軍を出してヨーク派と戦おうと企てた。ランカスター派が壊滅してフランスに亡命するまで、マーガレットとエドワードはしばらくスコットランドウェールズを逃げ回っていた。マーガレットは1469年にヨーク派から離反したウォリック伯リチャード・ネヴィルと同盟を結び、エドワード王子は1470年12月にウォリック伯の末娘のアン・ネヴィルと結婚した(きちんとした結婚式を挙げたかどうかは疑わしい)。

ウォリック伯は一旦はヨーク派に奪われていた王位を取り戻し、ヘンリー6世を復位させることに成功した。しかし、マーガレットとエドワードがイングランドに戻ってきた時、ウォリック伯はバーネットの戦いで敗死して、ヨーク家のエドワード4世に王位を奪還されていた。そこで、経験不足のエドワード王子と母后マーガレットは、一縷の望みを託してテュークスベリーの戦いで残存兵の指揮を執った。だが、結局はランカスター派の敗北に終わった。

言い伝えによれば、エドワードはグロスター公リチャードに捕虜にされて、エドワード4世の前に連れて来られた。そこでエドワードがヨーク派の王エドワード4世を侮辱したため、王はエドワードを即刻処刑するよう命じたという。彼はテュークスベリー修道院に埋葬される。

エドワードの未亡人アン・ネヴィルは、翌1472年にグロスター公リチャード(1483年に即位してリチャード3世) と結婚した。

先代:
ヘンリー5世
プリンス・オブ・ウェールズ
1453年 - 1471年
次代:
エドワード5世