バーネットの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バーネットの戦い
Two groups of black armoured knights, mounted and on foot, charge at each other, fighting with swords and lances.
15世紀後半に描かれた絵(左がヨーク派、右がランカスター派)
戦争薔薇戦争
年月日1471年 4月14日
場所イングランド バーネット(Barnet)近郊
北緯51度38分38秒西経0度13分28秒
結果:ヨーク派の勝利
交戦勢力
ヨーク家 ランカスター家
指導者・指揮官
エドワード4世
クラレンス公
グロスター公
ヘイスティングス男爵
クロムウェル卿 
ウォリック伯 
モンターギュ侯 
エクセター公(捕虜)
オックスフォード伯
バーモン子爵
戦力
約10,000 約15,000
損害
約500 約1,000
薔薇戦争

バーネットの戦い(Battle of Barnet)は、ロンドンの北16kmのところにあるバーネット(Barnet)の近郊で1471年4月14日に行なわれた、薔薇戦争の重要な戦闘である。主な登場人物は、国王エドワード4世、そしてエドワードが王妃エリザベス・ウッドヴィルの一族をひいきにした事でエドワードの許を去った元同盟者、ウォリック伯リチャード・ネヴィルである。

背景[編集]

戦闘の前年の1470年10月、「キングメーカー」(Kingmaker)と称されたウォリック伯は、エドワード4世を国外に追放し、ランカスター家の先王であるヘンリー6世を復位させていた。その後ウォリックは、大陸のヴァロア朝フランス王ルイ11世ブルゴーニュ公との対立に介入し、ルイ11世支援に同意するという失敗を犯している。この失敗が、1471年3月14日にイングランドに帰国したエドワード4世に対して、ブルゴーニュ公が軍事援助を申し出る結果につながる。これでウォリック伯とエドワード4世の両軍は、兵数で言えばほぼ同数であった。だが、ウォリック伯は義理の息子であるクラレンス公ジョージの援軍を期待していた。

エドワード4世は、ウォリック伯が部隊を集めていたコヴェントリーにいる間に、ロンドンに進軍した。首都を奪還した後、エドワード4世はウォリック伯に対戦すべくバーネットに向かった。

戦闘とその結末[編集]

ランカスター派側の陣容は、オックスフォード伯は右翼、モンターギュ侯が中央、エクセター公が左翼をそれぞれ指揮した。各軍の配置は、左翼がバーネットに続く街道を塞ぐように配置し、そこから相対的に中央軍、右翼の順に配置した。ウォリック伯自身は予備の軍を率いていた。

対するヨーク派は、街道に中央軍を置く配置で、中央軍をエドワード4世が、右翼を彼の弟のグロスター公リチャード(後のリチャード3世)が、左翼をヘイスティングス卿Lord Hastings)が指揮していた。

Dot4gb.svg
バーネットの戦い の座標 TQ228954
バーネットの戦い 座標: TQ228954)場所

オックスフォード伯率いるランカスター派右翼は、初期配備で対面する軍がなかった事が幸いして、ヨーク派左翼に早い段階でダメージを与える事ができた。しかし濃い霧のため、ランカスター派左翼がそのチャンスをものにする事はできなかった。両陣の右翼が突出する形で戦線は展開し、両陣営の戦線は街道と平行になっていった。ランカスター派の兵士の一部は、その混乱でお互いを敵と間違えた(特にモンターギュ侯配下の兵士たちが、オックスフォード伯配下の兵士たちを仕着せの徽章が似ている国王エドワード4世配下の兵と誤認)。エドワード4世が自身の予備部隊を戦場に投じたことで勝敗は決し、モンターギュ侯は(恐らくオックスフォード伯の兵隊の1人によって)戦場で殺され、当初戦死者として戦場に放置されていたエクセター公は一命をとりとめた後、ロンドン塔に収監された。霧が晴れて敗北を悟ったウォリック伯は、馬をつないでいるロッサム・ウッドに向かおうとしたが、その途上でヨーク派歩兵の一団に捕捉されて斬られた。

この戦闘と同じ日、マーガレット王妃はウェイマス(Weymouth)に上陸し、ウェールズを巡って兵をかき集めた。彼女はヨーク派優勢の事態をひっくり返すために、ウォリック伯と協力する事が可能だった。しかし、結局この戦闘がヨーク派の勝利に終わったことでエドワードの勝利は確実になり、ヨーク派はランカスター派に対する最終決戦(テュークスベリーの戦い)のための準備することができるようになった。

参考文献[編集]