ジョン・ネヴィル (初代モンターギュ侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

初代モンターギュ侯ジョン・ネヴィルJohn Neville, 1st Marquess of Montagu, 1431年 - 1471年4月14日)は、薔薇戦争期のヨーク派のメンバーの1人で、エドワード4世統治初期のイングランド北部でのランカスター派掃討で有名である。

ジョン・ネヴィルはソールズベリー伯リチャード・ネヴィルとソールズベリー女伯アリス・モンターギュ(Alice Montagu)の息子で、ウォリック伯リチャード・ネヴィルの弟として生まれた。

彼は1459年9月のブロア・ヒースの戦いでランカスター派に捕えられて、収監された。1460年7月のノーサンプトンの戦いでのヨーク派の勝利によって彼は解放されたが、1461年2月の第二次セント・オールバーンズの戦いで再び捕えられた。

この2回目の投獄から解放された後、彼はイングランド北部のヨーク派軍を指揮して、1465年のヘッジレイ・ムーアの戦いヘクサムの戦いでランカスター派を破った。

ランカスター派掃討の褒美として、ジョン・ネヴィルは新設のノーサンバランド伯爵に列せられた。この称号は長らくパーシー家(Percy family)に受け継がれていたが、ランカスター派に組したパーシー家は、私権剥奪状態にあったのでジョン・ネヴィルのものとなった。しかし、1470年ヘンリー・パーシーが復権すると、ジョン・ネヴィルは伯爵位と多くの官位を元のパーシーに返さなければならなくなった。

この代償として彼は新設のモンターギュ侯爵Marquess of Montagu)に列せられたが、爵位に見合うような所領はなかった。これを不服としたジョン・ネヴィルはエドワード4世に敵対し、ヘンリー6世復活のために兄のウォリック伯に合流した。ジョン・ネヴィルは北部で高位に復帰したが、バーネットの戦いで戦死した。

彼はイサベル・インゴールスロップ(Isabel Ingoldsthorpe, 1441年 - ?)と結婚して7人の子供をもうけた。

  • ジョージ・ネヴィル (ベッドフォード公) (George Nevill, Duke of Bedford1457年頃 - 1483年)、子孫無し。
  • ジョン・ネヴィル(John Neville)、子孫無く1483年以前に死亡。
  • イサベラ・ネヴィル(Isabella Neville)、ウィリアム・ハドルストン卿(Sir William Huddleston)と結婚し、後にウィリアム・スマイス卿(Sir William Smythe)と結婚。
  • エリザベス・ネヴィル(Elizabeth Neville)、ヘンリー・ウェントワース卿(Sir Henry Wentworth)と結婚。
  • ルーシー・ネヴィル(Lucy Neville)、アントニー・ブラウン卿(Sir Anthony Browne)と結婚。
  • アン・ネヴィル(Ann Neville)、ウィリアム・ストナー卿(Sir William Stonor)と結婚した。
  • マーガレット・ネヴィル(Margaret Neville)、ジョン・モーティマー卿(Sir John Mortimer)と結婚した後、それからサフォーク公チャールズ・ブランドンCharles Brandon, 1st Duke of Suffolk)と結婚した。
爵位
先代:
新設
モンターギュ侯爵
1470年 - 1471年
次代:
消滅
先代:
新設
ノーサンバランド伯爵
1465年 - 1470年
次代:
返還