モーティマーズ・クロスの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーティマーズ・クロスの戦い
戦争薔薇戦争
年月日1461年 2月2日
場所イングランド ヘレフォードシャーのウィグモア
北緯52度19分7秒西経2度52分9秒
結果:ヨーク派の勝利
交戦勢力
ヨーク家 ランカスター家
指導者・指揮官
マーチ伯
サー・ウィリアム・ハーバート
サー・ジョン・ウェンロック
ペンブルック伯
ウィルトシャ―伯
サー・オウエン・テューダー 処刑
戦力
4,000 4,000
損害
不明 ほぼ全滅
薔薇戦争
Dot4gb.svg
モーティマーズ・クロスの戦い の座標 SO504489
モーティマーズ・クロスの戦い 座標: SO504489)場所

モーティマーズ・クロスの戦い(Battle of Mortimer's Cross)は、薔薇戦争中の1461年2月2日、ヘレフォードシャーのウィグモア(Wigmore)近くで行われた戦闘。

前年12月のウェイクフィールドの戦いにおけるヨーク公リチャードの戦死に伴い、ヨーク派の指揮はヨーク公に代わって18歳になる長男マーチ伯エドワード(後の国王エドワード4世)が執っていた。エドワードは、ペンブルック伯ジャスパー・テューダーウィルトシャ―伯ジェームズ・バトラー指揮下のウェールズのランカスター軍が、ランカスター派主力軍と合流するのを阻止しようとした。

戦闘の結果はヨーク派の勝利で、ペンブルック伯らは逃走したが、ランカスター軍に参加していたオウエン・テューダー(ペンブルック伯の父)は捕われて処刑された。この勝利によって、エドワードの前に将来に向けた道が開けたといえる。

またこの戦闘の前、幻日が観測されたことも記録されている。ヨーク派がシンボルとして太陽を使ったのは、恐らくこの幻日にちなんだものと思われる。

参考文献[編集]