テュークスベリーの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テュークスベリーの戦い
MS Ghent - Battle of Tewkesbury.jpg
ゲント写本によるテュークスベリーの戦い
戦争薔薇戦争
年月日1471年 5月4日
場所イングランドグロスターシャーのテュークスベリー
    北緯51度59分11秒西経2度9分41秒
結果:ヨーク派の勝利
交戦勢力
ヨーク家 ランカスター家
指導者・指揮官
エドワード4世
クラレンス公
グロスター公
ノーフォーク公
ケント伯
ヘイスティングス男爵
フェラーズ男爵
ハワード男爵
マーガレット王妃(捕虜)
エドワード王太子 
アン王太子妃(捕虜)
サマセット公 処刑
ドーセット侯 処刑
デヴォン伯 
オーモンド伯
ウェンロック男爵 処刑
戦力
5,000人 6,000
損害
不明 2,000
薔薇戦争
Dot4gb.svg
テュークスベリーの戦い の座標 SO892314
テュークスベリーの戦い 座標: SO892314)場所

テュークスベリーの戦い(Battle of Tewkesbury)は、1471年5月4日にグロスターシャーのテュークスベリーで行なわれた戦いである。この戦いで、薔薇戦争は大きな節目を迎える。

それはランカスター派の「イングランドの王位奪還」という悲願に、一時的な終末をもたらした。 次のヘンリー・テューダー王朝誕生という政治クーデターの形でヨーク家ランカスター家の紛争に決着がつくまで、14年間の平和が訪れる。

背景[ソースを編集]

この戦闘の時点で、精神的に不安定なランカスター家の王ヘンリー6世は、彼のライバルで戦闘では無敗を誇るヨーク家のエドワード4世によって、2回目の退位をさせられたところであった。即位・退位を繰り返すこの状況の変化は、「キングメーカー」と称されるウォリック伯の干渉によるものだった。彼はまずエドワード4世を支援し、後にヘンリー6世を支援した。だが、そのウォリック伯も既に亡く(この3週間前のバーネットの戦いで殺されている)、残ったランカスター派の軍隊は、ヘンリー6世の王妃マーガレットとその息子で17歳になる王太子エドワードによって指揮されていた。もしマーガレットがウォリック伯の敗戦の時にイングランドに戻って来ていて、彼女と同盟を結んでいたペンブルック伯ジャスパー・テューダー(ヘンリー・テューダーの叔父)と組んでバーネットの戦いに参陣していたら、エドワード4世のヨーク派軍に対抗できる可能性も残っていただろう。

彼女の唯一の希望はグロスターセヴァーン川を渡ることであったが、これはグロスターの町と城を治めるヨーク派のリチャード・ボーシャン卿(Sir Richard Beauchamp)に拒否されて失敗した。

戦闘[ソースを編集]

マーガレットは残っている指揮官の中でも経験豊かなサマセット公に大きく依存した。だが、彼の能力は王朝を支えられるほどのものではなかった。

ヨーク派は大砲で優勢だったのだが、サマセット公はそこを読み違え、王弟グロスター公リチャード(後の国王リチャード3世)によって近くの森に密かに配置されていた騎兵200が自軍の側面を充分攻撃できる位置に布陣してしまった。そのため、後退するランカスター派の中でパニックが起こり、サマセット公は事態を収拾するために、戦闘に加わらず静観していた部将のウェンロック卿(エドワード王太子を伴っていた)を処刑したと言われている。

ウェンロック卿はこの日生き残って逃げ延びたという説もある。ウォリック伯がランカスター派につくまで、ウェンロック卿はずっとヨーク派だったからというのがその根拠であるが、その場合、テュークスベリーの戦い後の消息は不明。

「血まみれの牧草地('Bloody Meadow')」として知られている野原で、恐らくサマセット公の軍隊の半分ぐらいが虐殺された。サマセット公ら一部の兵が近くのテュークスベリー修道院(Tewkesbury Abbey)に逃げ込んだが、そこにもヨーク派の追っ手が差し向けられたと言われる。

ランカスター朝の終焉[ソースを編集]

テュークスベリーの戦場における高貴な死傷者の1人はエドワード王太子だった(戦闘中の死亡であるか戦闘後の死亡であるかは明らかではないが、クラレンス公の兵が討ち取ったといわれる)。エドワードは今日に至るまで、イングランド史上「戦死した唯一の王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)」である。

マーガレット王妃と義理の娘アン・ネヴィル(王太子妃)は「最も高貴な捕虜」とされ、残ったサマセット公を含む全ての戦闘指揮官はその後間もなく手短に処刑された。ヘンリー6世は既にロンドン塔に収監されており、数日後の同月21日にロンドン塔のウェイクフィールド・タワー内で、エドワード4世の命を受けた何者かに殺害されている。

参考文献[ソースを編集]