川北稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川北 稔(かわきた みのる、1940年9月12日[1]- )は、日本の歴史学者。専門はイギリス近世・近代史。大阪大学名誉教授文学博士大阪大学)。別名・北川信也。

経歴[編集]

大阪府生まれ。奈良女子大学附属中等教育学校を経て1963年京都大学文学部西洋史学科卒業。京都大学大学院文学研究科修士課程を修了、1967年京都大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程中退。

1967年大阪大学文学部助手、1969年大阪女子大学学芸学部社会福祉学科講師、1970年同助教授をへて、1976年から大阪大学文学部助教授、1987年から同教授。2004年に同大学を定年退職ののち、名古屋外国語大学教授、国際高等研究所副所長、京都産業大学文化学部客員教授、佛教大学歴史学部歴史学科特別任用教授などを経て、現在は大阪大学名誉教授。2007年公立大学法人神戸市外国語大学理事。2001年から2004年まで日本西洋史学会代表。

主な社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『工業化の歴史的前提――帝国とジェントルマン』(岩波書店、1983年)
  • 『洒落者たちのイギリス史――騎士の国から紳士の国へ』(平凡社 1986年)
  • 『民衆の大英帝国――近世イギリス社会とアメリカ移民』(岩波書店、1990年/岩波現代文庫、2008年)
  • 『イギリス――繁栄のあとさき』(ダイヤモンド社、1995年/講談社学術文庫、2014年)
  • 『砂糖の世界史』 (岩波ジュニア新書、1996年)
  • 『ヨーロッパと近代世界』(放送大学教育振興会、1997年、改訂版2001年)
    • 改題・改訂版『世界システム論講義――ヨーロッパと近代世界』(ちくま学芸文庫、2016年)
  • 『アメリカは誰のものか――ウェールズ王子マドックの神話』(NTT出版、2001年)
  • 『世界の食文化(17)イギリス』(農山漁村文化協会、2006年)
  • 『私と西洋史研究――歴史家の役割』(創元社、2010年) 
  • 『イギリス近代史講義』(講談社現代新書、2010年)

共著[編集]

共監修書[編集]

  • 桃木至朗)『最新世界史図説 タペストリー 五訂版』(帝国書院, 2007年)

編著[編集]

  • 『「非労働時間」の生活史――英国風ライフ・スタイルの誕生』(リブロポート, 1987年)
  • 『歴史学事典(1) 交換と消費』(弘文堂, 1994年)
  • 『ヨーロッパと近代世界』(放送大学教育振興会, 1997年)
  • 『イギリス史』(山川出版社, 1998年)
  • 『ウォーラーステイン』(講談社選書メチエ, 2001年)
  • 『結社のイギリス史――クラブから帝国まで』(山川出版社, 2005年)
  • 『歴史学事典(13)所有と生産』(弘文堂, 2006年)

共編著[編集]

  • (角山栄)『路地裏の大英帝国――イギリス都市生活史』(平凡社, 1982年)
  • (村岡健次)『イギリス近代史――宗教改革から現代まで』(ミネルヴァ書房, 1986年)
  • (村岡健次・鈴木利章)『ジェントルマン・その周辺とイギリス近代』(ミネルヴァ書房, 1995年)
  • (鈴木正幸)『シンポジウム歴史学と現在』(柏書房, 1995年)
  • 竹岡敬温)『社会史への途』(有斐閣, 1995年)
  • 望田幸男野村達朗藤本和貴夫若尾祐司阿河雄二郎)『西洋近現代史研究入門』(名古屋大学出版会, 1999年)
  • 指昭博)『周縁からのまなざし――もうひとつのイギリス近代』(山川出版社, 2000年)
  • 濱下武志)『地域の世界史(11)支配の地域史』(山川出版社, 2000年)
  • 木畑洋一)『イギリスの歴史――帝国=コモンウェルスのあゆみ』(有斐閣, 2000年)
  • 藤川隆男)『空間のイギリス史』(山川出版社, 2005年)

訳書[編集]

  • エリック・ウィリアムズ『コロンブスからカストロまで――カリブ海域史, 1492-1969(1・2)』(岩波書店, 1977年/岩波現代文庫, 2014年)
  • I・ウォーラーステイン『近代世界システム――農業資本主義と「ヨーロッパ世界経済」の成立(1・2)』(岩波書店, 1981年)
  • I・ウォーラーステイン『史的システムとしての資本主義』(岩波書店, 1985年、新版1997年)
  • ケネス・ハドソン『質屋の世界 イギリス社会史の一側面』 (北川信也共訳、リブロポート 社会科学の冒険, 1985年)
  • ピーター・ラスレット『われら失いし世界――近代イギリス社会史』(三嶺書房, 1986年)
  • シドニー・W・ミンツ『甘さと権力――砂糖が語る近代史』(平凡社, 1988年)
  • デイヴィド・ヴィンセント『パンと知識と解放と――19世紀イギリス労働者階級の自叙伝を読む』(岩波書店, 1991年)
  • A・L・ベーア/R・フィンレイ編『メトロポリス・ロンドンの成立――1500年から1700年まで』(三嶺書房, 1992年)
  • I・ウォーラーステイン『近代世界システム――重商主義と「ヨーロッパ世界経済」の凝集 1600-1750』(名古屋大学出版会, 1993年)
  • ジョン・ハワード『18世紀ヨーロッパ監獄事情』(岩波文庫, 1994年)
  • A・J・クリストファー『景観の大英帝国――絶頂期の帝国システム』(三嶺書房, 1995年)
  • I・ウォーラーステイン『近代世界システム――大西洋革命の時代 1730-1840』(名古屋大学出版会, 1997年)
  • リンダ・コリー『イギリス国民の誕生』(名古屋大学出版会, 2000年)
  • アンドリュー・ローゼン『現代イギリス社会史 1950-2000』(岩波書店, 2005年)
  • リチャード・イングリッシュマイケル・ケニー編『経済衰退の歴史学-イギリス衰退論争の諸相』(ミネルヴァ書房, 2008年)
  • ケネス・ポメランツ『大分岐――中国、ヨーロッパ、そして近代世界経済の形成』(名古屋大学出版会、2015年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『著作権台帳』

外部リンク[編集]