エドワード・オーガスタス (ケント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケント=ストラサーン公爵
エドワード・オーガスタス王子
The Prince Edward Augustus
Duke of Kent and Strathearn
Edward, Duke of Kent and Strathearn by Sir William Beechey.jpg
1818年のケント公
続柄 ジョージ3世第4王子
称号 初代ケント公爵、初代ストラーサン公爵、初代ダブリン伯爵英語版
全名 エドワード・オーガスタス
身位 Prince(王子)
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 1767年11月2日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドンバッキンガム館
死去 1820年1月23日(満52歳没)
配偶者 ヴィクトリア妃
子女 ヴィクトリア女王
父親 ジョージ3世
母親 シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
役職 ジブラルタル総督陸軍元帥英語版フリーメイソンイングランド古代派グランドロッジ英語版・グランドマスター
テンプレートを表示

ケント=ストラサーン公エドワード・オーガスタス王子(The Prince Edward Augustus, Duke of Kent and Strathearn, 1767年11月2日 - 1820年1月23日)は、イギリスジョージ3世の四男でヴィクトリア女王の父。

経歴[編集]

イギリスジョージ3世と王妃シャーロットの5子としてロンドンのバッキンガム館(後のバッキンガム宮殿)に生まれる[1][2]

1786年にイギリスとハノーファーの陸軍の将校となり[2]、ジブラルタルやカナダの駐屯地に勤務したが、部下に過酷な刑罰を科して快楽を得ていた。その結果3回にわたって兵隊が彼に反乱を起こす事態となり[1]、落馬事故もあって1799年には英国へ帰国する羽目となった[2]。私生活でも借金まみれの自堕落生活を送っていた。

帰国時の1799年4月22日にケント公爵、ストラーサン公爵、ダブリン伯爵英語版に叙せられた[3]。また同年5月10日には大将に昇進[2]

1800年秋には北アメリカ(カナダ)駐留軍最高司令官英語版としてカナダへ戻ったが、1802年にはジブラルタル総督兼最高司令官に転任した[2]1805年9月5日には陸軍元帥英語版に昇進した[2]

1813年にはフリーメイソンイングランド・古代派グランドロッジ英語版のグランドマスターに就任した[4]。しかしまもなく古代派グランドロッジと近代派グランドロッジ英語版は統合されて連合グランドロッジが創設され、そのグランドマスターには近代派のサセックス公爵オーガスタス・フレデリック王子が就任した[5]

ナポレオン戦争には従軍せず、ナポレオン敗退後にはブリュッセルで生活を始めた[2]

彼は1790年頃にジブラルタルで知り合ったフランス人ジュリー・サン・ローランと27年にわたって同棲生活を送っていたが[1][6]1817年に摂政皇太子ジョージの一人娘シャーロット・オーガスタが薨去すると、ジョージ3世の王子たちにしかるべき君主家の娘を妻に迎えての嫡出子作りが強く期待されるようになった。ケント公にも摂政皇太子と議会は資金援助をちらつかせて正規の妻を持つよう促した。ケント公は王朝の存続より借金地獄から逃れたいという個人的欲望に突き動かされてジュリーと絶縁してザクセン=コーブルク=ザールフェルト公国ドイツ語版の公フランツの娘でエミヒ・カール・ツー・ライニンゲン侯爵未亡人のヴィクトリアと結婚した[7]

翌1819年にヴィクトリア妃との間にアレクサンドリナ・ヴィクトリア(ヴィクトリア女王)を儲けたが、エドワード自身は1820年1月に薨去した。ヴィクトリアがまだ生後8か月の時のことだった[1]

人物[編集]

身長185センチでたくましい体つきだった[6]。ジョージ3世の他の王子たちと同様にエキセントリックな性格の持ち主として知られた[1]

陸軍軍人としての彼は、部下の兵士には無慈悲だったが、同階級の将校の間では人気者だった[6]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレデリック・ルイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ4世
 
ウィリアム4世
 
エドワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィクトリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 森護 1994, p. 87.
  2. ^ a b c d e f g Heathcote 1999, p. 112.
  3. ^ Lundy, Darryl. “Edward Augustus Hanover, 1st Duke of Kent” (英語). thepeerage.com. 2015年8月27日閲覧。
  4. ^ Pietre Stones H. L. Haywood, An Account of the "Ancient" Grand Lodge, The Builder Magazine, April 1924, Volume X, Number 4, retrieved 17 September 2012
  5. ^ 吉村正和 2010, p. 65.
  6. ^ a b c ワイントラウブ 1993上, p. 48.
  7. ^ ワイントラウブ 1993上, p. 49-51.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

以下の地名がエドワードにちなんで名づけられた。

エドワード・オーガスタス (ケント公)

1767年11月2日 - 1820年1月23日

公職
先代:
チャールズ・オハラ英語版
ジブラルタル総督
1802年1820年
次代:
ヘンリー・エドワード・フォックス英語版
(代理)
軍職
先代:
ジョン・キャンベル英語版
北アメリカ駐留英軍最高司令官英語版
1799年–1800年
次代:
ジョージ・プレボスト
先代:
アダム・ゴードン卿英語版
ロイヤルスコッツ英語版名誉連隊長
1801年–1820年
次代:
ハントリー侯爵
フリーメイソン
先代:
第4代アソル公爵
イングランド・古代派グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1813年
次代:
サセックス公爵
(連合グランドロッジ・グランドマスター)