フィリップ (エディンバラ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ王配
Prince Philip
エディンバラ公
Duke of Edinburgh
Prince Philip NASA cropped.jpg
2007年
称号 エディンバラ公爵
メリオネス伯爵
グリニッジ男爵
身位 Prince
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 1921年6月10日(92歳)
ギリシャの旗 ギリシャ王国、コルフ島(ケルキラ島
配偶者 エリザベス2世
子女 ウェールズ公チャールズ
プリンセス・ロイヤル・アン
ヨーク公爵アンドルー王子
ウェセックス伯爵エドワード王子
父親 ギリシャおよびデンマーク王子アンドレオス
母親 アリス・オブ・バッテンバーグ
テンプレートを表示
イギリス王室
Badge of the House of Windsor.svg

エリザベス2世女王
エディンバラ公爵フィリップ王配


エディンバラ公フィリップ王配[1]Prince Philip, Duke of Edinburgh1921年6月10日 - )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。爵位称号は Prince of the United Kingdom[2]エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥ロード・ハイ・アドミラル日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。

家系[編集]

ギリシャおよびデンマークノルウェーの王家であるグリュックスブルク家(正式には、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク家)出身。ギリシャ王国の第2代国王ゲオルギオス1世の四男アンドレオス王子とバッテンベルク家出身のアリスの長男として誕生。ギリシャ語名フィリッポス(Φίλιππος)。ヴィクトリア英女王の玄孫であり、連合王国王位継承権を持つ(2012年2月現在第485位)。

姉が4人おりすべてドイツ人と結婚、中にはナチスと関係を持った者もいるといわれる。長姉マルガリタ(ホーエンローエ=ランゲンブルク侯夫人)、次姉セオドラ(バーデン辺境伯夫人)、三姉セシリア(ヘッセン大公世子夫人)、四姉ソフィア(ヘッセン=カッセル公子夫人、ハノーファー王子妃)である。

母方の叔母ルイーズスウェーデングスタフ6世アドルフ妃。第2代ミルフォード=ヘイヴン侯ジョージ・ルイスと第二次世界大戦のビルマ戦線でその名を馳せたで初代マウントバッテン・オブ・バーマ伯爵ルイス・マウントバッテンは母方の叔父にあたる。

フィリップは、父アンドレオスと同様「ギリシャ王子およびデンマーク王子 (Prince of Greece and Denmark)」の称号を有していたが、エリザベス王女との結婚にあたりこれを放棄している。

ヴィクトリア女王アリス (ヘッセン大公妃)ヴィクトリア (ミルフォード=ヘイヴン侯爵夫人)アリス(アンドレオス王子妃)―フィリップ

略歴[編集]

少年時代[編集]

1921年6月10日イオニア諸島のコルフ島(ケルキラ島)にある別荘の台所で、アンドレオス王子アリス妃の末子として生まれる。生後1年程してギリシャでクーデターが発生、ギリシャ国王コンスタンティノス1世は退位を余儀なくされ、その弟である父アンドレオスは革命政府から死刑を宣告された。それまでケルキラ島に滞在していた一家は、ジョージ5世の差し向けたイギリス海軍の軍艦によりギリシャを脱出した。

一家はパリへと向かい、アンドレオスの兄ゲオルギオス王子の妻であるマリー・ボナパルトピエール=ナポレオン・ボナパルトの孫)の所有するパリ郊外サン=クルーの別荘に滞在した。家庭は円満でなかった。次々と愛人を作り、家庭を省みない父アンドレオスは不在が多かった。夫の不貞に母アリスは精神を病み、南仏の病院に入院した。姉達が結婚で家を離れると、フィリップは一人になった。1928年に渡英し、祖母ヴィクトリア、叔父ジョージ・ルイスとともに生活する。1933年からはドイツ南部のバーデンの学校へ転校する。

青年時代[編集]

1939年、イギリス海軍兵学校を卒業し、士官候補生として海軍に入隊。第二次世界大戦に従軍した。1940年には戦艦ラミリーズに乗艦し、インド洋で半年余り任務にあたった。1941年1月からは、戦艦ヴァリアントに乗艦し、地中海での任務にあたる。この年、ヴァリアントは複数の海戦に参加しており、マタパン岬沖海戦での彼の勇戦が認められ、ギリシア十字勲章(en:Greek War Cross)を受章した。1942年7月には海軍中尉に昇進し、駆逐艦ウォーリスで先任将校として勤務する。1943年7月の連合軍のシチリア上陸作戦を支援した。その後駆逐艦ホエルプに異動。ホエルプは第27駆逐艦隊の一隻で、インド洋方面へ向かいやがて終戦を迎えた。日本政府が降伏文書に調印した1945年9月2日には、ホエルプは東京湾に停泊していた。翌1946年1月に英国本国へ帰還する。

1951年

終戦後の1947年2月イギリスに帰化した際、軍務を継続するために母の実家の家名である「マウントバッテン」(Mountbatten:Battenbergを英語化したもの)を姓として選択した。これに伴い、ギリシア正教会からイギリス国教会への改宗を行い、さらにギリシャおよびデンマークの王子の地位を放棄することを宣言した。

1947年7月9日、イギリス国王ジョージ6世の第1王女エリザベスとの婚約が発表される。11月20日ロンドンウェストミンスター寺院で結婚。同日から Royal Highness 「殿下」の敬称が与えられ、翌日にはジョージ6世からエディンバラ公爵・メリオネス伯爵・グリニッジ男爵の各爵位が授与された。結婚後の数カ月間をマルタで過ごした。

1949年、フィリップは地中海艦隊第一水雷戦隊旗艦のHMS Chequers(en:C class destroyer (1943))の副長となる。1950年には少佐に昇進し、スループ艦HMSマグパイ(en:HMS_Magpie_(U82))の艦長となる。1952年には中佐に昇進した。[3]しかし、同年ジョージ6世が崩御し、彼の軍歴に終止符が打たれた。

英国女王の夫として[編集]

エディンバラ公フィリップの紋章

1952年2月、エリザベスがイギリス女王に即位した。1957年にエリザベス2世から Prince of the United Kingdom の称号を与えられ[2]、それ以降は、His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh(エディンバラ公フィリップ王配殿下[1])が正式な呼称となっている。

ヴィクトリア女王の夫アルバートとは異なり、共同統治者としての地位を示す Prince Consort の称号が与えられず、従って機密書類閲覧権もない。女王一家の姓は「ウィンザー」のままであり、フィリップの姓である「マウントバッテン」に変わらなかった。1960年に夫妻の子孫の姓を「マウントバッテン=ウィンザー」とすることになったものの、フィリップの屈辱的な思いは残った。Prince Consort の称号を得られなかったことは、フィリップに屈折した心理を生み、王子や王女たちにも悪影響を及ぼしたと言われる。[4]

南極大陸・南大西洋の訪問を機に自然保護への関心を深め、世界自然保護基金の初代総裁を務めた。また、英国国内のケンブリッジ大学エディンバラ大学ソルフォード大学などの総長なども務めている。

1956年には「エディンバラ公賞」(en:The Duke of Edinburgh's Award)を設立し、優れた技能を持った世界各国の若者を表彰している。特に、自然保護に貢献のあった人物を表彰していることで有名である。

2007年11月19日には結婚60周年を祝う祝賀行事が催された。英国の君主で結婚60周年を迎えるのは、エリザベスが史上初である。翌日からは新婚時代を過ごしたマルタを訪問した。

90歳の誕生日である2011年6月10日に、イギリス海軍の最高指揮官である Lord High Admiral に就任した[5]

子女[編集]

エリザベス2世との間には3男1女がいる。

失言[編集]

フィリップは人種性別に絡む発言をたびたび行い、問題となることが多い。また1978年に日本の皇室に宛て送ったイリオモテヤマネコの保護を訴える手紙の付属報告書の中に、住民の島外退去の提案などがあったため、西表島住民の強い反発を招いた。

  • 「英国人女性は料理ができない」(1966年
  • 「国民は、我々の生活にはもっと休みが必要だと言ってたくせに、今度は仕事がないなどと文句を言っている」(1980年代の不況時に発言)
  • 「あなたは女性ですよね?」(1984年ケニア訪問時、現地人女性に質問)
  • 「ここに長くいたら、(中国人みたいに)目が細くなりますよ」(1986年中国訪問時、西安に留学中の英国人学生に向かって)[6]
  • 「生まれ変わったら、死のウイルスになって人口問題を解決させたい」(1987年、著書の序文で)
  • 「あなたたちはほとんど海賊の子孫なのではないのですか?」(1994年ケイマン諸島訪問時、現地人に質問)
  • 「なんとか食べられずに済んだのですね」(1998年パプアニューギニアを探検した学生に発言)
  • 「うん、この工事はインド人がやったに違いない」(1999年スコットランド訪問時、ワイヤーが外れたヒューズの箱を見て発言)
  • 「きみは太りすぎているから無理だろう」(2001年「将来宇宙飛行士になりたい」と語った12歳の少年に返答)
  • 「まだを投げ合っているのですか?」(2002年オーストラリア訪問時、オーストラリア先住民ビジネスマンに質問)
  • 「どうやって免許取得試験中、スコットランド人は酒を飲まないようにするんですか?」(スコットランド訪問時、現地の自動車教習所の教官に質問)
  • 「このくそったれ!」(相手がフィリップと気付かず、駐車違反の切符を切ろうとした警察官に対して)
  • 「耳が聞こえない? このバンドの近くにいたら、不思議じゃないですね」(打楽器のバンド演奏の際、聴覚障害者に発言)
  • 「おお嫌だ。酷い病気にかかるかもしれないじゃないか」(オーストラリア訪問時、コアラを撫でるように頼まれた際の返答)

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Princeの称号は必ずしも適当な訳語があるものではないが、外務省[1]において「王配殿下」、宮内庁[2]において「英国王配エディンバラ公フィリップ殿下」と呼称していることに鑑み、「王配」の訳を当てている。なお、エリザベス2世女王との間の息子らも同じ称号を名乗るが、この場合には同様の理由により「王子」の訳を当てている。イギリスにおけるPrinceという称号の意義についてはen:British princeを参照。
  2. ^ a b 英国王室公式サイト 『The Duke of Edinburgh - Honours』
  3. ^ 英国王室公式サイト 『The Duke of Edinburgh - Naval career』
  4. ^ 八幡和郎 『お世継ぎ-世界の王室・ 日本の皇室』 文春文庫、2007年、16-18頁、28頁。
  5. ^ BBC News, 10th June 2011 『New title for Duke of Edinburgh as he turns 90』
  6. ^ 失言の迷宮 写真特集 「ここに長くいたら目が細くなる」 時事通信

外部リンク[編集]

上位:
インディア・ヒックス
en:India Hicks
イギリス王位継承順位
ヴィクトリア女王の娘アリスの子孫)
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
ベルンハルト・ツァーリンゲン
en:Bernhard, Hereditary Prince of Baden