フレデリック・ルイス (プリンス・オブ・ウェールズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレデリック・ルイス王太子

フレデリック・ルイス(Frederick Louis, 1707年2月1日 - 1751年3月31日)は、イギリスハノーヴァー朝の王族でイギリス国王ハノーファー選帝侯ジョージ2世と妃キャロライン・オブ・アーンズバックの長男。ジョージ3世の父。王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)に叙されていたが、王位継承を果たさずに薨御した。ドイツ語ではフリードリヒ・ルートヴィヒ(Friedrich Ludwig)。

経歴[編集]

1707年、ハノーファーでハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(後のジョージ1世)の孫フリードリヒ・ルートヴィヒ(Friedrich Ludwig)として生まれた。1714年に祖父がイギリス王位を継承し、新たにイギリス王太子となる父ゲオルク・アウグスト(後のジョージ2世)、母カロリーネ(英語名キャロライン)は共にイギリスに渡ったが、当時7歳だったフリードリヒはハノーファーに残された。1726年に祖父からエディンバラ公を授爵された際も、翌1727年に祖父が亡くなり父がジョージ2世としてイギリス王位を継承した際もハノーファーにとどまっており、1728年に自らイギリスに渡るまで両親に会う事はなかった。祖父が在世中にフリードリヒの渡英を許さなかったからである。

プリンス・オブ・ウェールズに叙された後でさえ「ハノーファーのプリンス・フリードリヒ・ルートヴィヒ」として知られていた。両親と長く離れていたこともあって素行が悪く、渡英後は特に母とは死ぬまで険悪な関係であった。政界でも父であるジョージ2世と対立し、首相ロバート・ウォルポールに反発して1741年の総選挙で足並みを乱し、翌1742年のウォルポール辞任に繋げた。ヘンリー・ペラム政権でも野党と組んで対立したが、1751年、父ジョージ2世に先立って急逝した。長男ジョージ・ウィリアム・フレデリックが新たにプリンス・オブ・ウェールズに叙され、1760年ジョージ3世として王位を継承した。

フリーメイソン[編集]

1737年にロンドンのキュー宮殿の「臨時ロッジ」においてフリーメイソンとなる。彼の加入がきっかけとなり、以降イギリス王族男子はフリーメイソンに加入するのが一般的となり、英国王室とフリーメイソンの一体化が急速に進展する[1][2]

彼の王子のうち、長男ジョージ王子(ジョージ3世)にはフリーメイソン加入の記録は発見されていないが、それ以外の次男エドワード王子(ヨーク公)、三男ウィリアム(グロスター公)、四男 ヘンリー(カンバーランド公)は全員フリーメイソンに加入している[3]

子女[編集]

1736年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公女オーガスタと結婚した。2人の間には5男4女が生まれた。末子キャロライン・マティルダが生まれたのはフレデリック・ルイスの死後であった。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレデリック・ルイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ4世
 
ウィリアム4世
 
エドワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィクトリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 吉村正和 1989, p. 37.
  2. ^ 湯浅慎一 1990, p. 105-106.
  3. ^ 湯浅慎一 1990, p. 106.

参考文献[編集]