イギリス王室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリス王室
Badge of the House of Windsor.svg

エリザベス2世女王
エディンバラ公爵フィリップ王配


イギリス王室(イギリスおうしつ、British Royal Family)は、イギリス国王とその家族・親族(王族)で構成される集団を言う。

王族[編集]

王族の範囲に関する明確な定義は存在しないが、少なくとも His/Her Majesty(HM, 陛下)や His/Her Royal Highness(HRH, 殿下)の敬称を持つ人物は、一般的に王族であると考えられている。そこで有力な指針のひとつとされているのが、1917年11月にジョージ5世により発表された、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称の運用方針を定めた勅許状である。これによると、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称は、国王、国王の子供、国王の息子の子、プリンス・オブ・ウェールズの長男の長男に与えられるものとされている。

ただし、出生時に王族と認められなくても、王位の継承など時がたてば国王またはその近親になることが確実である人物が存在しうる場合などには、必要に応じて王族の範囲が広げられる場合がある。

たとえば、1948年エリザベス王女の息子チャールズが誕生した時、チャールズは国王ジョージ6世の女系の孫であったため本来ならば王族とはならないが、状況からしてチャールズが将来国王に即位することは確実であったため、勅令によってチャールズは王子となった。

近年でいえば、プリンス・オブ・ウェールズの長男の全ての子が王子・王女の身分と殿下の敬称を与えるように勅許が与えられた。これは、女王エリザベス2世の孫の一人ウィリアム王子が結婚し、女王在位中の曾孫たる第三王位継承者の誕生が現実味を帯び、またそれと同時期に王位継承法が改正され、兄弟間男子優先制から長子優先制に変わったことから、プリンス・オブ・ウェールズの長男の第一子が女子であっても、自動的に王位を継ぐことになったためである。

なお、現時点では結婚せず子供も有さない「プリンス・オブ・ウェールズの次男」ヘンリー王子が結婚し、子供を持った場合、女王在位中はその子は王子・王女の身分を有さない立場にあり、現プリンス・オブ・ウェールズであるチャールズ王太子が即位した際には王子・王女の身分を与えられるという特異な立場にあるが、現時点でプリンス・オブ・ウェールズの長男の子以外の、王の曾孫に身分・敬称を与える旨の勅許や法改正案は出ていない。

また、これらの敬称を持つ男性王族と結婚した女性は、夫の爵位称号に対応する夫人としての称号を与えられ、陛下や殿下の敬称を冠して呼ばれる。一方、女性王族と結婚した男性は、特別に爵位・称号を賜らない限り、称号や王族特有の敬称を名乗ることができない。エリザベス2世の夫であるフィリップは、結婚時にエディンバラ公爵位と殿下の敬称をエリザベス2世の父ジョージ6世から賜り、エリザベス2世から「プリンス(prince)」の称号を授けられたため、His Royal Highness The Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵フィリップ王子殿下)と呼ばれる。しかし、アン王女の夫であるティモシー・ローレンスは、結婚時に特別の爵位や敬称を賜っていないため、結婚後も軍人としての肩書きであるVice-Admiral(海軍中将)で呼ばれている。

これらの敬称の使い分けは次のようになる。

  • His Majesty - 男王
  • Her Majesty - 女王、男王の妻
  • His Royal Highness - 王子(国王の息子、国王の息子の息子、ウェールズ公の長男の長男)
  • Her Royal Highness - 王女(国王の娘、国王の息子の娘)、王子の妃

公務[編集]

イギリス王室が抱えている公務は毎年3000件以上にのぼる。[1]

現在、イギリス王室で公務を分担する王族は20人を数える。王室で生まれた王子や王女はもとより、男性王族に嫁いできた女性たちもすぐにこうむに携わるようになる。この20人の王族のうち、実にその半数の10人が女性王族で、彼女たちだけで900に近い団体の長を務めているのである。[1]

イギリス王族の人物一覧[編集]

狭義の王族のリスト[編集]

英国で現在、陛下または殿下の敬称を名乗っている、もしくは名乗る権利がある人々は、次の通りである。女王のみが Her Majesty を冠して呼ばれ、その他はウェセックス伯爵の子供を除き His/Her Royal Highness の敬称を冠して呼ばれている。エディンバラ公爵は、1917年の勅許状が定めるプリンスではないが、前述のとおり、特別に出された勅許状により1947年に殿下(His Royal Highness)の敬称を、1957年にプリンスの身分を賜った。

ウェセックス伯爵夫妻の長女ルイーズ及び長男ジェームズは、1917年の勅許状によると、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗る権利を持っているが、ウェセックス伯爵夫妻の結婚時に、夫妻の希望を汲む形で、エリザベス2世が「ウェセックス伯爵夫妻の子供は、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗らない」と宣言したため、この身分と敬称を用いない。ルイーズは、The Lady Louise Windsor(ルイーズ・ウィンザー令嬢)という一般的な伯爵の娘としての呼称で呼ばれている。ジェームズは、ウェセックス伯爵の継嗣として、「セヴァーン子爵」の儀礼称号を称しており、敬称はLord()を用いる。

女王夫妻[編集]

歴代 生年 即位 在位期間 続柄
ウィンザー朝
第4代
Queen Elizabeth II March 2015.jpg エリザベス2世 Elizabeth II 1926年4月21日(90歳) 1952年2月6日 65年14日 ジョージ6世長女
現年齢 現女王から
見た続柄
フィリップ (エディンバラ公) 95歳 王配

女王の子女とその家族[編集]

現年齢 現女王から
見た続柄
王位継承
順位
チャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ) 68歳 第1王子 1位
カミラ (コーンウォール公爵夫人) 69歳
ウィリアム (ケンブリッジ公) 34歳 孫/ チャールズ王子の長男
/ 生母はダイアナ妃
2位
キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人) 35歳
ジョージ・オブ・ケンブリッジ 3歳 曾孫/ ウィリアム王子の長男 3位
シャーロット・オブ・ケンブリッジ 1歳 曾孫/ ウィリアム王子の長女 4位
ヘンリー・オブ・ウェールズ 32歳 孫/ チャールズ王子の次男
/ 生母はダイアナ妃
5位
アンドルー (ヨーク公) 57歳 第2王子 6位
ベアトリス・オブ・ヨーク 28歳 孫/ アンドルー王子の長女
/ 生母はセーラ元妃
7位
ユージェニー・オブ・ヨーク 26歳 孫/ アンドルー王子の次女
/ 生母はセーラ元妃
8位
エドワード (ウェセックス伯爵) 52歳 第3王子 9位
ソフィー (ウェセックス伯爵夫人) 52歳
ジェームズ (セヴァーン子爵) 9歳 孫/ エドワード王子の長男 10位
ルイーズ・ウィンザー 13歳 孫/ エドワード王子の長女 11位
アンプリンセス・ロイヤル 66歳 第1王女 12位

女王の従兄弟とその妻[編集]

元王族[編集]

王子と結婚し、プリンセス(princess)の身分とHer Royal Highnessの敬称を得たが、その後離婚した人物は、以下の通り(存命のみ)。

なお、チャールズ(ウェールズ大公)の最初の妻で1996年に離婚したダイアナは、離婚後もイギリス王室の一員であると見なされ、王族としての責務を果たした。王室は、彼女が「ウェールズ大公妃」(プリンセス・オヴ・ウェールズ)を名乗り続けること、そしてケンジントン宮殿に住み続けること(Grace and Favour)に同意した。[要出典]これは一般に女性が離婚後も前夫の名字を名乗り続ける慣行による。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード8世 ジョージ6世 メアリー ヘンリー ジョージ ジョン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス2世 マーガレット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ アン アンドルー エドワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム ヘンリー ピーター ザラ ベアトリス ユージェニー ルイーズ ジェームズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ シャーロット サバンナ アイラ


広義の王族のリスト[編集]

次の人物は、1917年の勅許状によると王子・王女の身分が与えられず、殿下の敬称を名乗る権利がなく、実際に名乗っていないが、王族として扱われることがある。

王女と結婚したが、その後離婚した人々は、以下の通り。

王位継承順位[編集]

王位継承順位上位
順位 継承資格者 爵位称号 性別 生年月日/現年齢 現女王から見た続柄
1位 チャールズ Charles ウェールズ公 男性 1948年11月14日 68歳 親等1/第1王子
2位 ウィリアム William ケンブリッジ公 男性 1982年06月21日 34歳 親等2.1/王孫/チャールズの第1子
3位 ジョージ George 男性 2013年07月22日 3歳 親等3/王曾孫/ウィリアムの第1子
4位 シャーロット Charlotte 女性 2015年05月02日 1歳 親等3/王曾孫/ウィリアムの第2子
5位 ヘンリー Henry 男性 1984年09月15日 32歳 親等2.2/王孫/チャールズの第2子
6位 アンドルー Andrew ヨーク公 男性 1960年02月19日 57歳 親等1/第2王子
7位 ベアトリス Beatrice 女性 1988年08月08日 28歳 親等2.3/王孫/アンドルー長女
8位 ユージェニー Eugenie 女性 1990年03月23日 26歳 親等2.4/王孫/アンドルー次女
9位 エドワード Edward ウェセックス伯爵 男性 1964年03月10日 52歳 親等1/第3王子
十/10位 ジェームズ James セヴァーン子爵 男性 2007年12月17日 10歳 親等2.5/王孫/エドワード長男


イギリス王室の財産[編集]

米国フォーブス誌によると、バッキンガム宮殿や王冠などの国有財産を除く、エリザベス女王の個人資産は、5億ドルと推計されている。また、イギリスの国有財産であるバッキンガム宮殿の資産価値は50億ドル、王室が所有する不動産の価値は100億ドルと推計されている[2]

イギリス王室はDuchy of LancasterDuchy of Cornwallの二つの王族公領を所有している。

Duchy of Lancasterは462km²の広さがあり、2011年においてその価値は3億8319万ポンドと推計されている。また、2011年においてDuchy of Lancasterの利益は1338万ポンドであった[3]

Duchy of Cornwallは540.9km²の広さがあり、2010年においてその価値は6億7700万ポンドと推計されている。また、2010年においてDuchy of Cornwall利益は1720万ポンドであった[4]

1997年、ブレア労働党政権のコスト削減により王室専用ヨットのブリタニア号(HMY Britannia)を退役させ、エリザベス女王が公衆の面前で涙を見せる。

NHK BSプレミアムで放送された「女王陛下のおサイフ~華麗なるロイヤルファミリー・ビジネス」(君塚直隆監修)によると、2012年まで国会承認で王室費(内訳=スタッフの制服の一部支出、スタッフの給与、宮殿等維持費)が支払われているが、2013年からは王室費が支払われないので、伝統文化継承にかかる費用捻出の為にも財テクをして準備している。尚、以前から王室メンバーの個人収入は代々受け継がれた領地・個人資産の運用から得ている。

テレビ朝日で放送されたトリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン(君塚直隆)によると、イギリス王室は、ロンドン塔の王冠などの財宝の観覧入場券を1983年から徴収し、年間250万人の入場者で売上30億円、バッキンガム宮殿の観覧入場券を1993年から徴収し売上32億円、ウィンザー城なども王室不在時に観覧入場の収入が有り、王室領の不動産の地代やテナント料など推定総資産9000億円なので、政府からの王室費52億円が2013年4月から支払われなくても問題が無い。

TBSテレビで放送されたもてもてナインティナイン英国王室スペシャルで、竹田恒泰によると、英国王室総資産は8000億円で、1900人が参列したウィリアム王子キャサリン・"ケイト"・ミドルトン結婚式における費用60億円の半分は王室の自腹で、日本の皇室が全て国費であるのと違うと解説していた。

2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレーロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿バルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。

結婚[編集]

イギリスの場合には、女性王族が結婚により「臣籍降嫁」し、それ以降は基本的に公務に携わらないということはない。現状王の長女であるアン王女は、英国オリンピック委員会総裁など340もの団体の長を務め、年間の公務も600件を超える。これは兄チャールズ皇太子に次ぐ多忙さを意味する。[1]

王朝の歴史[編集]

ウェセックス王国、ノルマン朝プランタジネット朝ランカスター朝ヨーク朝テューダー朝ステュアート朝ハノーヴァー朝サクス=コバーグ=ゴータ朝ウィンザー朝イングランドとの合併前のスコットランド王国ウェールズ、その他フランスドイツ等の血筋が脈打っている。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中央公論 2016 9月号 p46 ヨーロッパ王室における「譲位」の現状 君塚直隆 関東学院大学教授
  2. ^ “Just How Rich Are Queen Elizabeth And Her Family?”, Forbes , (2011年4月22日), http://www.forbes.com/sites/luisakroll/2011/04/22/just-how-rich-is-queen-elizabeth-and-her-family/ 2011年9月3日閲覧。 
  3. ^ Annual Reports of Duchy of Lancaster, Duchy of Lancaster, http://www.duchyoflancaster.com/management-and-finance-2/accounts-annual-reports-and-investments/ 2011年8月14日閲覧。 
  4. ^ Annual Reports of Duchy of Cornwall, Duchy of Cornwall, http://www.duchyofcornwall.org/managementandfinances_finances_analysis.htm 2011年8月14日閲覧。 
  5. ^ 結婚式で節目迎える英国「王室株式会社」 カッセル・ブライアン、アリステア・マクドナルド、ジーン・ホワレン、2011年4月29日

外部リンク[編集]