ブルース氏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Clan Bruce
Brùs
Clan member crest badge - Clan Bruce.svg
クレスト: A lion stantan Azure armed and langued Gules
座右の銘 FUIMUS
概要
地域 Lowlands
地区 Fife
氏族長
Arms of Bruce, Earl of Elgin.svg
The Rt. Hon. Andrew Douglas Bruce
The 11th Earl of Elgin and 15th Earl of Kincardine
拠点 Broomhall House
過去の拠点 Lochmaben Castle
Clackmannan Tower

ブルース氏族スコットランド・ゲール語: Clann Brus)は、スコットランドキンカーディン英語版出身の氏族である。この氏族は14世紀に2人のスコットランド王を出した王家であった。

歴史[編集]

氏族の起源[編集]

ブルース の姓は、フランスノルマンディーシェルブールヴァロネフランス語版の間に位置して、現在ではブリフランス語版と呼ばれる地に由来するフランス語de Brus ないしde Bruisから来ている[2]イギリスで記録されている最初の一族の者は、1106年イングランド国王ヘンリー1世碩学王タンシュブレーの戦いで勝利した後、ともにイングランドに来た初代アナンデイル領主ロバート・ドゥ・ブルース英語版であった[2]。 彼はヨークシャーにて80の荘園を与えられ、後にスケルトン英語版周囲にて13の荘園を与えられた。1124年に即位したてのスコットランド国王デイヴィッド1世聖王からアナンデイルの領主の地位を授かった[1][2] 。ロバートはギスボロウ小修道院英語版を設立した[2] 。一族の祖であるロバート・ドゥ・ブルースは1066年ウィリアム1世征服王とともにイングランドに来たノルマンディー騎士であったと長いこと叙述されてきた[3]。しかしながら、ヘイスティングズの戦いの全体的には信用することが出来ない名簿からすると、これは偽造である[3] 。イングランド、スコットランド双方の系統の子孫である初代アナンデイル伯ロバート・ドゥ・ブルースがイングランドに来たのは1106年であった[1][4]

ロバート・ドゥ・ブルースはデイヴィッド王子、後のスコットランド国王デイヴィッド1世に同伴する騎士であった[5]1124年にはデイヴィッド1世による王国の北部奪還に従事している[5]。 イングランドにて神聖ローマ皇后マティルダブロワ伯スティーブンとの間で内戦が勃発するとデイヴィッド1世は軍を率いて同国に侵攻した[5]。しかしながらロバート・ドゥ・ブルースはデイヴィッド1世には従わず、その代わりにイングランド側に加勢して1138年スタンダードの戦い英語版にて今、ではアナンデイルの地の領主として知られている自身の息子を捕虜とした[5]。 初代アナンデイル領主ロバート・ドゥ・ブルースは1141年5月11日に没してギスブルンの地に埋葬された[1]

王統の根拠[編集]

ブルース氏族のスコットランド王位請求の根拠は、1219年第4代アナンデイル領主ロバート・ドゥ・ブルース英語版ハンティンドン伯デイヴィッドの娘でスコットランド国王ウィリアム1世獅子王の姪にあたるイゾベル・オブ・ハンティンドン英語版と結婚したことから来ている[5]。この結婚はイングランド、スコットランド双方の地を添えて両家に莫大な富をもたらした[5]。2人の息子で、'競合者' として知られる第5代アナンデイル領主ロバート・ドゥ・ブルース英語版は時には王位後継者(タニスト)であった。スコットランド国王アレグザンダー3世の死亡時にブルースとジョン・ベリヤルの双方が継承を主張した。アレグザンダー3世の孫娘であるノルウェーの乙女マルグレーテ(マーガレット)が後継者に指名されたものの、彼女は1290年に王位を求めてスコットランドへ渡航中に亡くなった。彼女の死から程なくしてブルース家とベイリャル家英語版及びそれぞれの支援者との間での内戦を恐れたことから、スコットランド王国の守護官英語版摂政)は内戦を回避するために隣国のイングランド国王エドワード1世長脛王に請求者達の仲裁を求めた。スコットランドをウェールズと同じように征服してブリテン島全土を支配することを長いこと待っていたエドワード1世はこれを好機と見做した。1292年にエドワード1世はイングランドに忠誠を誓ったベイリャルの方を選んだ。 しかしながら直にベイリャルはエドワード1世に反旗を翻し、最終的には敗北して1296年ダンバーの戦い英語版後に退位すること余儀なくされた[1]

王冠の獲得[編集]

ジョン・ベイリャルの廃位によってスコットランドは事実上、君主抜きとなった。ロバート・ザ・ブルースベリック・アポン・ツイードにてエドワード1世に忠誠を誓ったものの、翌年のスコットランドの反乱に加わった際にはこの宣誓を破棄した。1297年の夏に再びエドワード1世に忠誠を誓い、これはアーバインの降伏英語版として知られている。ブルースは、スターリング・ブリッジの戦いの期間中はスコットランド側につく姿勢を見せたもののフォルカークの戦い後にエドワード1世に勝利が戻るとイングランド側につき、アナンデイル英語版カリック英語版のブルースの地は、エドワード1世の支配権並びにその従者への譲渡から逃れることが出来た。ブルースにはエドワード1世への忠誠こそが生き残れると思えたのかもしれない。

ブルースとその王位を巡るライバルであったジョン3世・カミン(赤毛のカミン)英語版ウィリアム・ウォレスから「スコットランド王国の守護官」の地位を継承したものの互いの敵対心はスコットランドの安全を脅かした。ダンフリーズのグレイフィアーズ教会の中央分離帯にて両者の会談が行われることが調整された。ブルースはカミンの胸を突き刺して殺し[5]、その結果、ローマ教皇クレメンス5世によって破門された。ロバート・ザ・ブルースは1306年スクーンにてスコットランド国王ロバート1世として戴冠した。ロバート1世はスコットランド軍を率いて1314年バノックバーンの戦いにてイングランド軍に完勝した [1]

1334年にブルース王家の血縁者を主張するトーマス・ブルースがカイルにてロバート・スチュワートとともにイングランドに対して立ち上がった[5]

ロバート1世没後[編集]

1329年にロバート1世が死ぬと、その息子であるデイヴィッド2世がスコットランド国王となった。1346年にデイヴィッド2世はフランスとの「古い同盟」の条項に従って同国に関心を抱いていたイングランド南部に侵攻するもネヴィルズ・クロスの戦いで大敗して捕虜となり、同年の10月17日にイングランドに収監されて7年間に渡って同国に拘留された。和平交渉の後にデイヴィッド2世はイングランドからスコットランドに帰国して1371年エディンバラ城にて子を残さないまま不慮の死を遂げるまで統治を行った。そのため王位継承はスチュワート家に移っている[1]

エリザベス朝下の1597年エドワード・ブルース卿英語版キンロス修道院英語版の聖職禄一時保有者となり裁判官に任命されている[5]1601年には、キンロス卿の称号付きで議会の貴族議員に任命されている[5]1603年のスコットランド国王ジェイムズ6世によるイングランド王位請求にエドワード・ブルースは同行している[5]。その結果、エドワード・ブルースは後に記録長官英語版として裁判所の役人に任命されている[5]1608年 にはキンロスのブルース卿としてロード・オブ・パーラメントに叙せられている[5]1633年にはエドワード・ブルースの息子であるトマス・ブルース英語版が初代エルギン伯爵に叙せられている[5]第4代エルギン伯が嗣子を残すことなく没すると、同称号は既にキンカーディン伯爵の称号を保持していたジョージ・ブルース・オブ・カルノック英語版の子孫に移り、結果、1747年に2つの伯位が統一された[5]

第7代エルギン伯トーマス・ブルースは外交官で、1799年から1803年まで在オスマン帝国大使を務めた。彼は自身の財産の多くを、崩壊ししかかっていた大理石の彫刻作品をアテネパルテノンから救い出すことに使った[5]。これらは現在では概してエルギン・マーブルに帰属するところとなっている。その息子であるジェイムズカナダ総督及びインド総督であった[5]

氏族長[編集]

現在の氏族長である第11代エルギン伯アンドリュー・ブルースはスコットランドでの催し物では突出しており、スコットランド族長常任会議英語版の招集者である。

城址[編集]

以下の城址がブルース氏族に属している。:

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Grant, James (1886). The Scottish Clans and Their Tartans. Edinburgh, Scotland: W. & A. K. Johnston Limited. p. 2. 
  2. ^ a b c d A. A. M. Duncan (2004). de Brus, Robert (I), Lord of Annandale (d. 1142). Oxford University Press. ISBN 978-0-19-861411-1. 
  3. ^ a b Emma Cownie (2004). Brus , Robert de (supp. d. 1094). Oxford University Press. ISBN 978-0-19-861411-1. 
  4. ^ Blakely, Ruth Margaret (2005). “Robert de Brus I:Founder of the Family”. The Brus family in England and Scotland, 1100–1295. Woodbridge, UK: Boydell Press. pp. 8–27. ISBN 978-1-84383-152-5. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Way, George; Squire, Romily (1994). Collins Scottish Clan Encyclopedia. (Foreword by The Rt Hon. The Earl of Elgin KT, Convenor, The Standing Council of Scottish Chiefs). Collins. pp. 82–83. ISBN 978-0-00-470547-7. 

参考文献[編集]

*王室*
ブルース氏族


存命中

先代:
ベイリャル家
スコットランド王国支配した一門
1306年1371年
次代:
ステュアート家