英連邦王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス国王君主とする地域
Generic international justice icon - variant 01.svg
 イギリス君主
青が現在の英連邦王国。赤がかつて英連邦王国であった国。

英連邦王国(えいれんぽうおうこく、: Commonwealth realm)、あるいは、コモンウェルスレルム(一般に定着した日本語訳が存在しないため)は、コモンウェルスの加盟国で、コモンウェルス首長、すなわちイギリスの君主法人としての国王も参照)を自国の君主国王)・元首として戴く、個々の独立した主権国家を指す。

「英連邦王国(Commonwealth realm)」という名称の、1つの王国が存在するわけでもなければ、1つの連邦が存在するわけでもなく、あるいは、1つの国家や1つの国家連合が存在するわけでもなく、あくまでも個々の独立した主権国家を各々「Commonwealth realm」と呼び、2022年の時点で15か国が存在する。

概要[編集]

各国の地位・関係[編集]

英連邦王国を構成する国家は、コモンウェルスの加盟国でもある。そのうちイギリス以外は、かつてイギリスの植民地だったが、現在では、イギリスと対等な独立・主権国家であり、イギリスを含む各国は、人的同君連合(同一人が複数の国の君主を兼ねている・共通の中央政府を有さない・法人としての国家も別々)の関係にあたり、君主の地位(王位)も各々が独立している。

例えばチャールズ3世は、バハマで「バハマ国王」として、カナダで「カナダ国王」として、ツバルで「ツバル国王」として、それぞれ君臨する(君臨すれども統治せず)のであり、いずれも決して「イギリス国王」としてではなく、それぞれの独立国家の君主として君臨する。

20世紀の半ば(第二次世界大戦終結)までは「自治領(ドミニオン、: dominion)」と呼ばれていたものの、1926年の帝国会議で主権的地位がイギリスから承認され、1931年のウェストミンスター憲章の採択によって実質的に独立国となった。

このウェストミンスター憲章の時点では、まだ法人としてのイギリス国王への忠誠が自治領の条件として残っていたが、それも1949年のロンドン宣言によって不要となり、この頃から「自治領」の呼称も使用されなくなったことで、新たに「Commonwealth realm(コモンウェルス・レルム)」と呼ばれるようになった。

王位の関係・継承[編集]

現在の君主チャールズ3世であり、その王位の法定推定相続人ウィリアム皇太子である。

前述の通り、あくまでも同一人物を共通の君主として戴く独立国家どうしの関係のため、各々の王位は相互に独立している関係にある。それゆえ、王位継承の資格や順序を改める際には、各国で足並みを揃えて国内法を改正する必要があり、その実例として、2011年に王位継承順位などを改めるパース協定が各国間で締結され、全ての国において法的手続きが完了した2015年に新たな王位継承ルールが発効している。

現在のチャールズ3世のように君主が男性の場合、いずれの王位も名称が「King(キング)」となり、それが女性であれば「Queen(クイーン)」となる、という点も同様・共通である。

総督[編集]

君主は基本的にイギリスに在住しているため、イギリス以外ではその任命する総督が代理を務める(各国内の序列の上で国王に次ぐ次席にあたる)。

いずれの国も、政体の基礎としてイギリス式のウェストミンスター・システムを採用し、形式上の君主主権の下、「議会における国王」の概念に則り、法人としての国王に帰属する国王大権議会を通じて行使され、首相が実質的な政治リーダーを務める議院内閣制によって統治されており、君主や総督は、首相・内閣枢密院からの助言(輔弼)の通りに名目上の大権を行使するものとされ、その職務の多くが儀礼的・形式的な行為であり、「君臨すれども統治せず」の原則が貫かれている。

総督の人選も各国内で行われ、各国の政府(首相や内閣)から推薦された人物が君主によって総督に任命される。

英連邦王国市民[編集]

英連邦王国市民英語版は、かつてはイギリスに在留するための幅広い権利を持っていたが、1962年の移民法から次第に権利が制限されていった。1971年には祖先がイギリスで生まれた者に対する移民制限がいったん緩和されたものの、イギリスへの入国や在留には許可が必要となった[1]。1980年代にほとんどの植民地が独立国家となったため、英連邦市民のイギリス国内での特権は、国籍法改正によってほぼ抹消された[2]

ただし、市民には英国軍入隊資格があり、イギリス居住時には警察への外国人登録を免除される資格があり、イギリスの公務員職に就職できる場合もある。

現在の君主[編集]

歴代 誕生 即位 在位期間 続柄
ウィンザー朝
第5代
Charles Prince of Wales.jpg チャールズ3世 Charles III 1948年11月14日(74歳) 2022年9月8日 144日 女王エリザベス2世第1王子

現在の英連邦王国一覧[編集]

国旗 国名 英連邦王国になった年 チャールズ3世の称号 王旗
Flag of Antigua and Barbuda.svg アンティグア・バーブーダ 英国から独立した1981年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Antigua and Barbuda and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、アンティグア・バーブーダならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
アンティグア・バーブーダ国王
Flag of Australia.svg オーストラリア ウェストミンスター憲章採択の1942年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Australia and His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、オーストラリアならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
オーストラリア国王
Royal Standard of Australia (1962–2022).svg
Flag of the Bahamas.svg バハマ 英国から独立した1973年 Charles the Third, by the Grace of God, King of the Commonwealth of the Bahamas and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、バハマならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
バハマ国王
Flag of Belize.svg ベリーズ 英国から独立した1981年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Belize and of His Other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、ベリーズならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
ベリーズ国王
Flag of Canada.svg カナダ ウェストミンスター憲章採択の1931年 Charles the Third, by the Grace of God, of the United Kingdom, Canada and His other Realms and Territories King, Head of the Commonwealth, Defender of the Faith
フランス語: Charles Trois, par la grâce de Dieu Roi du Royaume-Uni, du Canada et de ses autres royaumes et territoires, Chef du Commonwealth, Défenseur de la Foi
神の恩寵による、連合王国、カナダならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、信仰の擁護者、チャールズ3世
カナダ国王
Royal standard of Canada (1962–2022).svg
Flag of Grenada.svg グレナダ 英国から独立した1974年 Charles the Third, by the Grace of God, King of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland and of Grenada and His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国、グレナダならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
グレナダ国王
Flag of Jamaica.svg ジャマイカ 英国から独立した1962年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Jamaica and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、ジャマイカならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
ジャマイカ国王
Royal Standard of Jamaica (1966–2022).svg
Flag of New Zealand.svg ニュージーランドニュージーランド王国 ウェストミンスター憲章採択の1947年 Charles the Third, by the Grace of God, King of New Zealand and His Other Realms and Territories, Head of the Commonwealth, Defender of the Faith
神の恩寵による英語版、ニュージーランドならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、信仰の擁護者チャールズ3世
ニュージーランド国王
Royal Standard of New Zealand (1962–2022).svg
Flag of Papua New Guinea.svg パプアニューギニア オーストラリアから独立した1975年 Charles the Third, King of Papua New Guinea and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
パプアニューギニアならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
パプアニューギニア国王
Flag of Saint Kitts and Nevis.svg セントクリストファー・ネイビス 英国から独立した1983年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Saint Christopher and Nevis and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、セントクリストファー・ネイビスならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
セントクリストファー・ネイビス国王
Flag of Saint Lucia.svg セントルシア 英国から独立した1979年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Saint Lucia and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、セントルシアならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
セントルシア国王
Flag of Saint Vincent and the Grenadines.svg セントビンセント・グレナディーン 英国から独立した1979年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Saint Vincent and the Grenadines and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、セントビンセント・グレナディーンならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
セントビンセント・グレナディーン国王
Flag of the Solomon Islands.svg ソロモン諸島 英国から独立した1978年 Charles the Third, by the Grace of God, King of the Solomon Islands and of His other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、ソロモン諸島ならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
ソロモン諸島国王
Flag of Tuvalu.svg ツバル 英国から独立した1978年 Charles the Third, by the Grace of God, King of Tuvalu and of His Other Realms and Territories, Head of the Commonwealth
神の恩寵による、ツバルならびに他のレルムや領域の国王、コモンウェルス首長、チャールズ3世
ツバル国王
Flag of the United Kingdom (3-5).svg グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 - Charles the Third, by the Grace of God, of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland and of His Other Realms and Territories King, Head of the Commonwealth, Defender of the Faith
ラテン語: Charles Tertius Dei Gratia Britanniarum Regnorumque Suorum Ceterorum Rex Consortionis Populorum Princeps Fidei Defensor
神の恩寵による英語版、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国ならびに他のレルム領域の国王、コモンウェルス首長信仰の擁護者、チャールズ3世
イギリス国王
Royal Standard of the United Kingdom.svg
Royal Standard of the United Kingdom (in Scotland).svg

独自の王位を持たないがコモンウェルス・レルムに含まれる国・地域[編集]

ニュージーランド国王を君主として戴くコモンウェルス・レルムたる、ニュージーランド王国(レルム・オブ・ニュージーランド、: Realm of New Zealand)には、ニュージーランドのみならず、以下の地域が含まれる。

  1. ニュージーランド自由連合を結び、それぞれ数十か国に国家として承認されている、事実上の独立国。
    1. クック諸島の旗 クック諸島
    2. ニウエの旗 ニウエ
  2. その他の地域
    1. トケラウの旗 トケラウ国際連合非自治地域リストに掲載)
    2. ロス海属領南極においてニュージーランドが領有権を主張している地域

過去の英連邦王国一覧[編集]

シエラレオネ女王旗
トリニダード・トバゴ女王旗
マルタ女王旗
モーリシャス女王旗
バルバドス女王旗

かつての英連邦王国の一覧。1992年のモーリシャス以降は長らく離脱国はなかったが、2021年にバルバドスが離脱した。

なお、この中で1952年以降に独立した国家には女王のエリザベス2世のみが在位したことから、「国王(男)」は存在しない。

ドミニオンであったがコモンウェルス・レルムにならなかった地域[編集]

国王が即位を拒否した地域[編集]

  • ローデシアの旗 ローデシア - 1965年に一方的に独立を宣言し、またローデシア政府は英連邦王国の一員としてエリザベス2世をローデシア女王として承認したことを発表した。しかし当人はこれを拒否し、結局1970年にローデシアが共和制への移行を宣言したことで空位のまま消滅した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 上野麿里奈 『主要国議会の選挙制度及び投票率の推移』《調査と情報 No. 1161》国立国会図書館、2021年。 

関連項目[編集]