パプアニューギニアの総督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア
総督
Governor-General of Papua New Guinea
Flag of the Governor-General of Papua New Guinea.svg
パプアニューギニア総督旗
Emblem of Papua New Guinea.svg
現職者
マイケル・オギオ
GCMG, CBE

就任日 2010年12月20日
Viceroy
呼称 His Excellency
官邸 総督官邸
任命者 エリザベス2世
任期 陛下の仰せのままに
創設 1975年9月16日

パプアニューギニア総督(パプアニューギニアそうとく、Governor-General of Papua New Guinea)は、パプアニューギニアにおける国家元首代理トク・ピシンでは'Missis Kwin'と呼ばれる。英連邦王国としてのパプアニューギニア国王イギリス国王)の代理である総督となっている。

概要[編集]

パプアニューギニアが独立した1975年から置かれている。総督の選出は国会の指名投票に基づき、国王が任命する。総督が空席の場合は国会議長が代行する。総督は国会により罷免される場合が有るが、今のところ、そのようなケースは無い。ただし、第5代総督のセレイ・エリは、当時のパプアニューギニアの首相ラビー・ナマリウの意向を受けた女王の指示により辞職している。

一覧[編集]

氏名 任期 国王 備考
1 サー・ジョン・ガイズ
(Sir John Guise)
1975年9月6日1977年3月1日 エリザベス2世
2 サー・トレ・ロコロコ
(Sir Tore Lokoloko)
1977年3月1日 – 1983年3月1日
3 サー・キングスフォード・ディベラ
(Sir Kingsford Dibela)
1983年3月1日 – 1989年3月1日
4 サー・イグナティウス・キラゲ
(Sir Ignatius Kilage)
1989年3月1日 – 1989年12月31日 任期中に死去
5 サー・セレイ・エリ
(Sir Serei Eri)
1990年2月27日1991年10月4日 女王の指示により辞職
デニス・ヤング
(Dennis Young)
1991年10月4日 – 1991年11月18日
6 サー・ウィワ・コロウィ
(Sir Wiwa Korowi)
1991年11月18日 – 1997年11月20日
7 サー・サイラス・アトパレ
(Sir Silas Atopare)
1997年11月20日 – 2003年11月20日
サー・ウイリアム・スケート
(Sir William Skate)
2003年11月21日2004年5月28日 国会議長として総督代行、スキャンダルによる議長交代により総督辞職
ジェフェリー・ネイプ
(Jeffrey Nape)
2004年5月28日 – 2004年6月29日 国会議長として総督代行
8 サー・ポーリアス・マタネ
(Sir Paulias Matane)
2004年6月29日 — 2010年12月13日 2004年5月27日に国会で選出
ジェフェリー・ネイプ
(Jeffrey Nape)
2010年12月13日 – 2010年12月20日
9 サー・マイケル・オギオ
(Sir Michael Ogio)
2010年12月20日 – 現職