アイルランド自由国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイルランド自由国
Saorstát Éireann (アイルランド語)
Irish Free State (英語)
アイルランド共和国 (1919-1922)
南アイルランド
1922年 - 1937年 アイルランド
アイルランドの国旗 アイルランドの国章
国旗 国章
アイルランドの位置
      1922年12月8日以前の領土
   1922年12月9日以後の領土
公用語 アイルランド語英語
首都 ダブリン
グレートブリテン、アイルランドおよびイギリス海外自治領の国王
1922年 - 1936年 ジョージ5世
1936年 - 1936年 エドワード8世
1936年 - 1937年 ジョージ6世
行政評議会議長
1922年 - 1932年 ウィリアム・コスグレイヴ
1932年 - 1937年 エイモン・デ・ヴァレラ
変遷
英愛条約により成立 1922年12月6日
ウェストミンスター憲章成立 1931年12月11日
アイルランド憲法施行 1937年12月29日
通貨 アイルランド・ポンド

アイルランド自由国(アイルランドじゆうこく、アイルランド語: Saorstát Éireann英語: Irish Free State)は、1922年アイルランド島32州のうちの南部26州がイギリスグレートブリテンおよびアイルランド連合王国)より分離して成立した立憲君主制国家である。

概要[編集]

19世紀後半より、アイルランドではイギリスからの独立・自治を求める運動が激しくなった。一方、アルスター地方を中心としてイギリスとの連合を維持しようとする勢力もあり、両者の衝突が続いた。1912年、アイルランド自治法案がイギリス下院に提出され、1914年9月に法案が成立したが、第一次世界大戦の開始とともに自治は凍結された。1916年の復活祭に独立派が「アイルランド共和国樹立」を宣言し、武装蜂起した(イースター蜂起)。この「反乱」はまもなく鎮圧されたが、1918年の総選挙でシン・フェイン党が勝利し、1919年アイルランド共和国独立が宣言されアイルランド独立戦争が起こった。1921年、独立派とイギリスは英愛条約を結び、南部26州(南アイルランド)はイギリス国王を元首とする自治領(ドミニオン)アイルランド自由国として分離した。

アイルランド自由国の分離にともない、イギリスは1927年に「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」へと国号を改めた。また国王ジョージ5世も同年、王号を

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国およびイギリス海外自治領の国王
(of the United Kingdom of Great Britain and Ireland and of the British Dominions beyond the Seas King)

から

グレートブリテン、アイルランドおよびイギリス海外自治領の国王
(of Great Britain, Ireland and the British Dominions beyond the Seas King)

に改めた。

1931年ウェストミンスター憲章の成立により、イギリスと同格の独立国(英連邦王国)として規定された。しかし、その後もイギリスからの影響力排除を目指す動きは止まらず、1936年のエドワード8世の退位に際して各王国ごとの憲法改訂の必要が生じた機会が利用された。1937年にはそれまでのアイルランド自由国憲法英語版に代わるアイルランド憲法が公布され、国名をアイルランド(エール)と改称し、イギリス王冠に関する憲法上の言及を削除した。一方で対外的には国王がアイルランドを代表し続けたため、この期間の体制が共和制であるか君主制であるかは曖昧である。1949年にはアイルランド共和国法英語版の施行により共和制が明文化され、イギリス連邦も離脱した。

 北アイルランドを除くアイルランドが、1949年にイギリス連邦から正式に離脱し、同時に国号をアイルランド共和国とした。ゲール語表記であるエール(アイレ)も残されている。 アイルランド島はイギリスとは異なるケルト人を主体とした、カトリックが大勢を占める地域であるが、クロムウェルのアイルランド征服以来、長期にわたってイギリス人の支配を受けてきた。 19世紀以来、イギリスにとってのいわゆるアイルランド問題が続き、シン=フェイン党の自治獲得の戦いが展開され、ようやく1922年に北アイルランド(アルスター地方)を除いてアイルランド自由国が成立した。 1937年からはアイルランド共和党のデ=ヴァレラ首相に率いられ、憲法を制定して国号をエール(ゲール語=アイルランド語でアイルランドを意味する)と称した。 エールは反英的な立場から第二次世界大戦中は中立の立場をとった。また戦後はNATOにも加盟せず独自路線をとり、1949年にイギリス連邦から脱退するとともに国号をアイルランド共和国とした。 現在はイギリスとの関係も改善され、1973年にはECに加盟した(拡大EC)。しかし、慢性的な財政不安を抱えている。

関連項目[編集]