ジャスティン・トルドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスティン・トルドー
Justin Trudeau
Trudeau visit White House for USMCA (cropped).jpg
ジャスティン・トルドー(2019年)
生年月日 (1971-12-25) 1971年12月25日(50歳)
出生地 カナダの旗 カナダオンタリオ州オタワ
出身校 マギル大学
ブリティッシュコロンビア大学
前職 教師
所属政党 自由党
配偶者 ソフィー・グレゴワール英語版
子女 Xavier
Ella-Grace Margaret
Hadrien
親族 ピエール・トルドー(父 第20代・22代首相
サイン Signature Justin Trudeau.jpg
公式サイト Meet Justin Trudeau

在任期間 2015年11月4日 -
国王
総督
エリザベス2世
デイヴィッド・ロイド・ジョンストン
ジュリー・ペイエット
リチャード・ワグナー英語版(代理)
メアリー・サイモン

カナダの旗 庶民院議員
選挙区 パピノー
在任期間 2008年10月14日 -

内閣 ジャスティン・トルドー内閣
在任期間 2015年11月4日 - 2018年7月18日

その他の職歴
Liberale Partei Kanadas Logo.svg 自由党党首
2013年4月14日 - 現職)
テンプレートを表示

ジャスティン・ピエール・ジェームズ・トルドー(英語:Justin Pierre James Trudeau1971年12月25日 - )は、カナダの政治家。2013年からカナダ自由党党首、2015年から第29代カナダ首相を務める[1]。第20・22代首相ピエール・トルドーとその妻マーガレット英語版の長男。ジャスティンは英語読みであり、フランス語読みではジュスタン・トリュドーフランス語: [ʒystɛ̃ tʁydo][2]と発音する。

来歴[編集]

自ら主催した集会で、ダルフール危機対策を呼びかけるジャスティン・トルドー(2006年9月17日)

少年期[編集]

オンタリオ州オタワ出身。初代および第3代カナダ首相ジョン・マクドナルドの末娘マーガレット・マクドナルドに次ぐ、在任中のカナダ首相の子として生まれた史上2番目の人物である。誕生日は、弟のアレクサンドル(1973年生)と同じ12月25日。1977年、トルドーが6歳のときに、両親のピエールとマーガレットが離婚する。1984年、ピエールがカナダ首相を辞任する。

子供のプライバシーを守るという父ピエールの方針により、モントリオールの親類宅で育った。マギル大学(モントリオール)で英文学ブリティッシュコロンビア大学教育学学位を取得する。その後、ブリティッシュコロンビア州で教鞭をとる。マギル大学大学院で、地理学を専攻した。

知られる存在に[編集]

2000年、ピエール・トルドーの国葬の際に、28歳になったトルドーは人々の記憶に残る追悼スピーチを行った[3]

1998年に弟のミシェルがスキー旅行中に雪崩で死亡したことをきっかけに、冬季の安全に関わる社会運動を行うようになる。2003年、カナダ放送協会(CBC)のラジオで毎年行われる「カナダ・リーズ英語版」(パネリスト5人が各選書を推薦し、その中から最優秀選書を決める)で、トルドーが推薦したのは、ジョーイ・スモールウッド英語版ニューファンドランド州を1949年にカナダ連合加入まで導いた同州の政治家)の実話を元に描いた歴史小説 The Colony of Unrequited Dreamsウェイン・ジョンストン英語版著、1998年)だった。

2000年前後には、私立学校ウエスト・ポイント・グレー・アカデミーで教師を務めた。この時期、学校で行われた『アラビアンナイト』をモチーフとした仮装パーティーにて、トルドーが顔を茶色く塗るメークを施しからかう姿(ブラックフェイス)が2019年、『タイム』誌で報道されると、トルドーは記者会見にて「人種差別主義者がやるようなことだった」と陳謝した[4]

2005年5月28日、モデルでテレビタレントのソフィー・グレゴワール英語版と結婚した。

カナダ・メディアのパーソナリティーとして活動した元カナダ首相の子供数人のうちの一人で、他にはベン・マルルーニー英語版キャサリン・クラーク英語版、トルドーの弟アレクサンドルがいる。父ピエールとブライアン・マルルーニーは長年の政敵だったが息子同士には交流があり、トルドーの結婚式にベン・マルルーニーは出席している。

ダルフール難民トラギ・ムスタファの隣に座るトルドー (左)

2006年9月17日、ダルフール危機対策へのカナダの参加を求めるため、トロントのラムスデンパークで行われた集会を主催した。

2006年10月25日、CTVのニュース番組『カナダAM英語版』で、国家としての認識されることを求めるケベック人たちをどう思うかと問われ、「ナショナリズムは思考範囲の小ささから出来るもの」と答えた[5]。この発言は、ケベック州を国家として認めさせようとする、同じ自由党のマイケル・イグナティエフの姿勢を批判したものと受け取られた。

2006年の自由党党首選挙の際、ジェラルド・ケネディ英語版を応援した。

2006年カナダ自由党党首選挙英語版で、トルドーはジェラルド・ケネディ英語版を支持した[6]。ケネディは第2回投票で、前環境大臣のステファヌ・ディオン英語版に敗れた。

政界進出[編集]

2008年のトルドー

2006年自由党党首選挙以降、政界進出が噂され始めた[7]。当初、モントリオールのウトレモン選挙区英語版が自由党の強力な地盤であり、同時に交通大臣のジャン・ラピエール英語版が辞任し政治評論家になることから、トルドーの出馬する選挙区として有力視されたが、2007年2月22日に、同じモントリオールのパピノー選挙区での自由党党予備選出馬を表明した[8][9]

パピノー選挙区での自由党党予備選は2007年4月29日に行われ、トルドーは690票で、次点のメアリー・デロスの350票、バシリオ・ジョルダーノの220票を押さえ圧勝した(候補に選ばれるには634票が必要だった)[10]。予備選勝利によりトルドーは、2008年10月に行われた2008年のカナダ連邦選挙で、ブロック・ケベコワ(ケベック連合)の現職議員ビビアン・バルボと争い当選した。パピノー選挙区では、自由党議員が50年以上選出されてきたが、2006年にブロック・ケベコワに初めて議席を奪われていた。

自由党党首、そして首相へ[編集]

2013年のトルドー

2013年4月、自由党の党首選に立候補したトルドーは、他候補に大差をつけて当選した。当時、自由党は党勢が低迷しており、2011年の総選挙では下院第3党にまで後退し、マイケル・イグナティエフ党首が落選するという有様であった。元首相の息子であり端正なルックスを持つトルドーは、自由党の党勢回復の切り札的存在として大きな期待を集め、党首に選出された[11]

党首として迎えた最初の下院総選挙である2015年10月の総選挙では、下院解散当初は野党第1党の新民主党が保守党・自由党の支持率を上回っていたが[12]、10月になると大麻の合法化を公約に掲げた自由党が支持を伸ばし[13][14]、184議席を獲得して圧勝した。トルドーは支持者を前に「今夜歴史を作ったのは私ではなく、皆さんです」と演説した[15]。トルドーは党首選出時の党員の期待に応え、約10年ぶりの政権奪回に成功した。

2015年11月4日、トルドーは第29代首相に就任した。新内閣の組閣に際しては、閣僚の男女の人数を同数とした[16]。その理由を問われたトルドーは「2015年だから」と答えている[17]

しかし後述のスキャンダルの発覚により支持率は徐々に下落し、2019年10月の総選挙では、自由党は157議席を獲得し第1党の座を維持したものの得票数では保守党を下回り、単独過半数にも届かなかった[18]。11月20日に自由党単独での少数与党内閣を発足させた[19]

2021年8月15日、メアリー・サイモン総督を訪問して下院の解散を要請し、9月に総選挙を実施すると宣言した。前回の総選挙で自由党は少数与党となったため、今回の総選挙での単独過半数獲得を目指している。しかしカナダ国内は新型コロナウイルスのデルタ株の拡大により新型コロナ感染の第四波に突入しており、感染が広がる中での解散総選挙には最大野党カナダ保守党エリン・オウトゥール党首が「政治的なゲームや利益のために(感染拡大の)リスクを冒すべきではない」と述べるなど批判の声が挙がった[20][21]。また、選挙活動の一環としてビール醸成所を訪問したが、新型コロナウイルスのワクチン接種義務化をはじめとする諸政策に反対するデモに妨害された。その際、バスに戻ろうとしたところで、投石を受けたがケガ人は無かった。この一連の抗議についてトルドーは、「カナダ社会の『ごく一部の極端な人たち』の主張に屈することはない」と語った[22]。10月26日に少数与党による第三次トルドー内閣が発足した[23]

2022年には1月末と6月13日に新型コロナウイルスへの検査で陽性反応が出て隔離に入ったが、「ワクチンを接種していたから」体調に問題がないと表明し、国民に接種を呼び掛けた[24]

人物[編集]

ボクシングを趣味としており、首相就任以前には左肩に入れ墨を入れ、鍛えた肉体を誇示するポーズをとった写真が話題になったこともある[25]。また、量子コンピューターに詳しい[26]

国家に仕えるためには仕事と生活の調和が必須であると強調している[27]日本での第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)を前に来日していた2016年(平成28年)5月25日には公務を1日休み、妻とともに三重県青峰山を登り、山頂付近の正福寺境内を散策するなどして結婚記念日に合わせた休暇を楽しんだ[27]

性的少数者(性的マイノリティ)への理解があるストレート・アライであることが有名である。毎年100万人超が参加するカナダ最大の都市トロントのプライドパレードに2016年と2017年に参加している[28]。フェミニストを公言するトルドーは組閣の段階で、閣僚を男女同数にした[16]。さらにLGBTを公言している性的マイノリティも大臣に任命した[29]。2017年11月には、カナダ政府における過去の性的少数者や先住民差別について首相として公式に謝罪している[30]。しかし、2019年10月の総選挙直前にそのトルドー本人が過去に数回にわたり有色人種扮装し蔑視していたことが発覚し、批判が殺到した。2019年9月19日、トルドーはこの件について当時は人種差別について疎かったとして謝罪した[31]

2021年のトルドー

トルドーのイメージはかつて清廉潔白・多様性尊重だった。しかし、2019年にカナダ大手建設会社SNCラヴァランによるリビアでの贈賄疑惑の刑事裁判化を回避する目的で、司法長官に圧力をかけたスキャンダル、上記のマイノリティ出身者を含む女性大臣2人がトルドー首相からの圧力や不正への嫌悪による辞任を受けて、特にトルドー首相に対する期待感が大きかった10代から30代の女性支持層の間で支持率が急落。就任後に難民や不法移民受け入れを進めたが彼らの増加で不満を持った層からの支持率も低下し、2019年に他国で申請を既にした人は申請不可能にする法案を発議した。カナダ放送協会(CBC)は社説で「このような法律の変化は、トルドー内閣の著しい無知、政治的計算が背景にあるだけだ」と強く批判した[29]

2019年12月3日北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する。ジョンソン英首相マクロン仏大統領らと会談する中で、トランプ米国大統領の陰口を叩いている光景をテレビカメラで撮影されてしまい、トランプ大統領の怒りを買う局面があった[32]

政策[編集]

TPP[編集]

カナダ首相となったトルドーの机の上には、8000ページを超える書類が置かれていた。TPPの協定内容が書かれた書類である[33]。トルドーの選挙公約には、TPPのメリット・デメリットについてカナダ議会で議論させることも含まれている。

2015年11月にフィリピンで開かれたアジア太平洋経済協力(APEC)会議においてアメリカ大統領バラク・オバマ米国大統領は、TPPは労働者と環境を保護するための協定だと述べた。しかしトルドーはTPPに関して注意深く、批准までにTPPを調査する必要があると述べた[34]

トルドー内閣は自由貿易を支持しながらも、ハーパー政権によって合意に至った事項全てを了承するわけではない。TPPには極めて議論の残る項目も含まれている。「カナダ国民はこの協定がどの産業にどのような影響を与えるかを知るべきであり、我々は十分な公開討論を開くであろう」とトルドーは語る[33]。カナダの財界はTPPを推進している。日本の東京都内で2018年1月23日まで開催された首席交渉官会合で環太平洋連携協定(TPP)11カ国が離脱した米国抜きで新協定「TPP11」の署名式を3月8日に行う方針で合意に達したことに関して、スイスで開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説し、「とりわけ安倍(晋三)首相に感謝したい」と感謝の意を示した。トルドー首相は安倍晋三首相が良い結果をもたらしたとして「並外れたリーダーシップ」と評価した[35]

公務員[編集]

トルドーは、公務員をパートナーだと考えている。トルドーは「カナダ人が大事と思うような公的サービスをつくるため、また公的サービスに従事する人々の誇りの源泉をつくるため、カナダ政府が公的サービスを重視しなくてはならない。まずは公務員の労働権利を尊重する必要性や、効率的で独立したプロのサービスをカナダ人に提供できる能力が公務員にあるのだと信じる必要性(の認識)から始めようではないですか」と述べた[36]

難民[編集]

2015年11月のパリ同時多発テロ事件では約130人の死者が出た[37]。その実行犯にはシリア内戦から逃れた難民に紛れて欧州に入り込んだ者も含まれていた。選挙期間中トルドーは、シリアからの難民を受け入れるとしていたが、難民に紛れてテロリストも入国するおそれがあり、カナダ国民の約半数は性急な受け入れには反対している。シリアからの難民のうちカナダが許可するのは家族、独身女性そして子供であり、安全上のリスクとみなされる独身男性は排除される見通しとなった。およそ12億カナダドルを費やして、ヨルダンレバノンなどの難民キャンプにいる難民をカナダに入国させる[37]

その後も難民保護や少数民族の権利保護に尽力しており、2016年に国連で演説をした際、カナダが第一次世界大戦第二次世界大戦の2度にわたる世界大戦の際に日系カナダ人ウクライナイタリアなど敵国からの移民を拘束したこと、ユダヤ人パンジャーブ人の避難船を受け入れなかったこと、ファースト・ネーション(カナダ先住民)の人々に対して「恥ずべき長期にわたって続いた」差別を行ったことに後悔の念を示した[38][39][40]

しかし、急激な申請増加を招いた上に国民からの反発を受けて、2019年4月に他国で申請したことのある人物のカナダへの申請は拒否する法律を発議させた[29]

アメリカとの経済摩擦[編集]

その他[編集]

家族[編集]

妻ソフィーと一緒にトロント国際映画祭にて(2008年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ Trudeau rides national desire for change to majority governmentTHE GLOBE AND MAIL(2015年10月19日)
  2. ^ 「カナダ、来年度に財政黒字計上へ 8年ぶり赤字脱却=財務相」ロイター(2014年11月13日)
  3. ^ : ジャスティン・トルドーの追悼の言葉」カナダ放送協会(2000年10月3日)
  4. ^ カナダ・トルドー首相、18年前の「人種差別」メークを陳謝 「千夜一夜」で仮装”. AFP (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。
  5. ^ トルドー、ケベックのナショナリズムを「古い考え」と発言 Trudeau says Quebec nationalism an ‘old idea'グローブ・アンド・メール (Globe and Mail 2006年10月26日
  6. ^ CTV「候補者ら、トルドー"皇太子"と会話 Delegates chat with Trudeau crown prince」 2006年11月29日
  7. ^ CTV「ジャスティン・トルドー国会を意識:レポート Justin Trudeau eyeing federal politics: report
  8. ^ カナダ放送協会(フランス語)「src.ca French article about Trudeau in the Papineau riding」2007年2月22日
  9. ^ カナダ放送協会「ジャスティン・トルドー、パピノーで出馬 Justin Trudeau will run in Papineau」2007年2月22日
  10. ^ トルドー、モントリオールでの予備選に勝利 Trudeau wins Montreal riding
  11. ^ 消滅の危機、頼みはイケメン党首/カナダ自由党朝日新聞グローブ(2013年5月5日)2015年11月21日閲覧
  12. ^ 「カナダ、新民主党の支持率が与党保守党を上回る 10月に総選挙」ロイター(2015年6月8日)2015年11月21日閲覧
  13. ^ 「カナダ総選挙、新民主党の支持後退 保守対自由の一騎打ちに」ロイター(2015年10月1日)2015年11月21日閲覧
  14. ^ Liberals committed to legalizing marijuana: TrudeauCTVテレビジョンネットワーク
  15. ^ 「カナダ総選挙 野党・自由党が圧勝、10年ぶり政権交代へ」CNN(2015年10月20日)2015年11月21日閲覧
  16. ^ a b 「カナダでトルドー新首相が就任、新内閣の半数は女性」AFP(2015年11月5日)2015年11月21日閲覧
  17. ^ “カナダ「イケメン首相」が期待を集めるワケ”. 東洋経済新報社. (2016年2月23日). http://toyokeizai.net/articles/-/106301 2016年11月18日閲覧。 
  18. ^ 「カナダ総選挙、トルドー首相続投 過半数届かず他党協力必要に」ロイター(2019年10月23日)2020年7月22日閲覧
  19. ^ 「カナダ、トルドー新内閣発足、西部での支持回復狙う フリーランド氏は副首相に」日本経済新聞(2019年11月21日)2020年7月22日閲覧
  20. ^ カナダ総選挙、9月20日投開票へ コロナ対策訴え”. 日本経済新聞. 2021年8月25日閲覧。
  21. ^ 与党・自由党、優勢維持 単独過半数は不透明―カナダ総選挙まで1カ月”. 時事通信. 2021年8月25日閲覧。
  22. ^ カナダで選挙活動中のトルドー首相に投石 選挙の争点はワクチン義務化”. BBC. 2021年9月15日閲覧。
  23. ^ 「カナダのトルドー新内閣発足 外相ら刷新で支持浮揚狙う」日本経済新聞(2021年10月27日配信)同日閲覧
  24. ^ 「カナダ首相がコロナ再感染」『読売新聞』朝刊2022年6月14日(国際面)
  25. ^ 「カナダのイケメン新首相、筋骨隆々の写真がネットで話題に」ロイター(2015年10月22日) 2015年11月21日閲覧
  26. ^ 「カナダ首相の量子コンピューター解説に拍手喝采」AFP(2016年4月17日)
  27. ^ a b 「カナダ首相は夫婦で山登り 結婚記念日を満喫」『中日新聞』朝刊2016年5月26日付
  28. ^ トルドー首相、LGBTパレードにラマダン靴下で参加「ダイバーシティがカナダを強くしてきた」”. ハフポスト (2017年6月27日). 2018年3月13日閲覧。
  29. ^ a b c 인기 떨어진 훈남 총리… 캐나다 국민들이 등돌린 이유” (朝鮮語). news.naver.com. 2019年4月14日閲覧。
  30. ^ トルドー首相、カナダの過去の性的少数者差別を謝罪”. BBC (2017年11月29日). 2018年3月13日閲覧。
  31. ^ カナダ首相、差別的な化粧を再度謝罪 回数は「分からない」” (日本語). CNN.co.jp. 2019年9月23日閲覧。
  32. ^ トランプ米大統領、NATO閉幕後の会見中止 「何度もやった」”. ロイター (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。
  33. ^ a b Trudeau shouldn’t be rushed into signing Pacific trade deal: EditorialEditorial, Toronto Star, Opinion, 23 Nov 2015
  34. ^ Asia-Pacific Leaders See Trade as Solution to Economic, Security TroublesT. Moss, The Wall Street Journal, World, 19 Nov 2015
  35. ^ カナダ、安倍首相に謝意=TPP11で「並外れた指導力」時事通信(2018年2月24日)
  36. ^ T. Dean, “Canada presses pause on austerity after Justin Trudeau’s election winThe Guardian, Society, 3 Nov 2015
  37. ^ a b Canada to 'turn away single male Syrian refugees'The Daily Telegraph, 24 Nov 2015
  38. ^ Justin Trudeau, Prime Minister of Canada on 20 September 2016, The statement of the 72nd Session, General Assembly of the United Nations 第72回国際連合総会 カナダ首相の演説
  39. ^ of General Assembly of the United Nations on 20 September 2016, Prime Minister of Canada
  40. ^ Prime Minister Justin Trudeau’s Address to the 71st Session of the United Nations General Assembly”. Prime Minister of Canada (2016年9月20日). 2017年10月5日閲覧。
  41. ^ トランプ氏、関税めぐり加首相と応酬 「焼き打ち」にも言及”. CNN (2018年6月7日). 2018年8月6日閲覧。
  42. ^ G7発言巡り米・カナダの緊張高まる、欧州首脳は米批判”. ロイター (2018年6月11日). 2018年8月6日閲覧。
  43. ^ Justin Trudeau's 'foolish' China remarks spark anger”. CBC (2013年11月9日). 2017年10月5日閲覧。
  44. ^ In audio recording, Trudeau says Bill C-24 makes citizenship conditional upon 'good behaviour'”. CTV (2015年9月27日). 2017年10月5日閲覧。
  45. ^ Trudeau wrong on Canadian citizenship”. Toronto Sun (2017年10月5日). 2015年9月30日閲覧。
  46. ^ New Canadian PM says society must stand up to Gamergate”. MCV (2015年10月22日). 2017年10月5日閲覧。
  47. ^ カナダ、娯楽目的の大麻使用を合法化へ”. BBC (2018年6月20日). 2018年11月23日閲覧。
  48. ^ カナダにおける大麻の合法化について”. 日本国政府 (2018年10月4日). 2018年11月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
ボブ・レイ英語版
カナダ自由党党首
第18代:2013年 -
次代:
(現職)