レソト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レソト王国
Mmuso wa Lesotho(ソト語)
Kingdom of Lesotho(英語)
レソトの国旗 レソトの国章
国旗 国章
国の標語:Khotso, Pula, Nala(平和、雨、繁栄)
国歌レソト、父なる地
レソトの位置
公用語 ソト語英語
首都 マセル
最大の都市 マセル
政府
国王 レツィエ3世
首相 モエケツィ・マジョロ英語版
面積
総計 30,355km2137位
水面積率 極僅か
人口
総計(2011年 2,190,000人(142位
人口密度 61人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2005年 133億[1]ロチ
GDP(MER
合計(2005年 16億[1]ドル(149位
GDP(PPP
合計(2003年31億[1]ドル(146位
1人あたり 1,302[1]ドル
独立
 - 日付
イギリスから
1966年10月4日
通貨 ロチLSL
時間帯 UTC +2(DST:なし)
ISO 3166-1 LS / LSO
ccTLD .ls
国際電話番号 266

レソト王国(レソトおうこく、ソト語: Mmuso wa Lesotho英語: Kingdom of Lesotho)、通称レソトは、アフリカ南部に位置する立憲君主制国家イギリス連邦加盟国のひとつで、周囲を南アフリカ共和国に囲まれた世界最南の内陸国でもある。首都マセル1966年イギリスから独立した。非同盟中立を宣言している。

国名[編集]

「レソト」とは「ソト語を話す人々」という意味である。イギリス保護領時代はバストランド保護領と呼ばれていたが、独立と同時にレソトへと改称した。

歴史[編集]

独立前[編集]

現在のレソトの地域はサン族(ブッシュマン)の居住地だったが、16世紀に入るとバントゥー系ソト族が北方より移動してきてサン族を駆逐し、この地を支配した。1820年代に入るとこの地方はズールー王国の大侵攻にはじまるムフェカネ(大壊乱)と呼ばれる動乱期に入るが、1822年に即位した初代国王モショエショエ1世タバ・ボシウ丘陵に立てこもってングワネ人やンデベレ人の侵攻をしのぎ、勢力を拡大した[2]。ついで1835年にはオランダ系のボーア人が西方への大移動、いわゆるグレート・トレックを開始し、これに対抗するため1843年にイギリスの保護を受けることとなった[3]。ボーア人がレソトの西方に建設したオレンジ自由国とは数度の戦闘を繰り返したものの次第に不利となり、1869年に講和を結んだ。この条約によってレソトはイギリス保護領バストランド英語版とされ、またカレドン川以西の肥沃な領土を割譲し、国土が半減したうえ山岳地帯のみを領するようになった[4]

1870年にモショエショエ1世が死去すると、翌1871年にイギリスはバストランドをケープ植民地へと併合したが、紛争が頻発したため1884年にイギリスはバストランド保護領を復活させ、間接統治を行うようになった[3]1903年には民族協議会が設立され、1960年には自治が認められた。この時期にはバストランド国民党やバストランド会議党といった政党も設立されるようになり、1965年に行われた独立準備選挙で勝利した国民党が組閣を行った[5]

独立後[編集]

1966年10月4日にバストランドはイギリス連邦の一員としてイギリスから独立し、レソト王国を建国した。国王モショエショエ2世は立憲君主となり、首相にはバストランド国民党のレアブア・ジョナサンが就任した[6]

1970年の総選挙では与党の親南アフリカ政策が国民の反発を呼び、野党のバストランド会議党が勝利したが、敗北した与党とジョナサン首相は下野を拒み、野党指導者らを投獄したうえ、野党支持を表明したモショエショエ2世を亡命させて一党独裁体制を敷いた[7]。モショエショエは同年中にレソトに帰還したものの、これをきっかけとしてジョナサン政権が反南アフリカへと転換したため、周囲の南アフリカ共和国との関係が悪化し、経済制裁を受けた。

1986年1月ジャスティン・レハンヤ軍司令官によるクーデターが発生し、ジョナサン政権が打倒された。レハンヤは軍事評議会議長に就任し、王制は維持されたものの政党の活動が禁止された[8]。しかしレハンヤとモショエショエの関係は悪化し、1990年3月には国王モショエショエ2世が再度イギリスに亡命し、レハンヤは11月にモショエショエ2世の皇太子であるレツィエ3世を即位させた。1991年4月にはエリアス・ラマエマによる無血クーデターが発生し、レハンヤが追放された。ラマエマは民主化の方針を明確に打ち出し、1993年には民主選挙が実施されてバスト会議党が大勝、党首のヌツ・モヘレが首相に就任した[9]

民主化はされたものの、前国王モショエショエ2世の復位を求める国王レツィエ3世とモヘレ首相の対立が激化し、1994年8月にレツィエ3世が全閣僚と議会を解散、憲法を停止した。これに対し国民は反発し、ゼネストや抗議デモによりレツィエ3世が退位し、1995年1月には権限を持たない立憲君主としてモショエショエ2世が復位した。しかし1年後の1996年1月、モショエショエ2世が交通事故により死去したため、レツィエ3世が復位した[10]

1997年、首相のヌツ・モヘレが与党・バストランド会議党(BCP)を離党、新党・レソト民主会議を結成し全閣僚が参加した。1998年5月には下院総選挙が実施され、与党LCDが79議席(定数80)を獲得し圧勝した[11]。同時にヌツ・モヘレが引退し、副首相のパカリタ・モシシリが首相に就任した。しかし政情不安定は続き、8月には選挙結果に不満を持つ群集が暴徒化し、王宮が占拠され、9月にはクーデター未遂事件が発生した。こうしたことから、9月22日には南部アフリカ開発共同体(SADC)に介入を要請し、南アフリカ軍ボツワナ軍が国内で治安維持活動を行った[12]。翌1999年5月には治安回復を受け、南アフリカ軍とボツワナ軍が撤退した。

2001年には下院関連法が改正され、レソト王国議会は定数120、小選挙区比例代表併用制によって選出されることとなった。その後、2002年、2007年の選挙では与党・レソト民主会議が勝利しモシシリ政権が継続したが、2012年5月の総選挙でレソト民主会議や民主会議といった与党は過半数を獲得できず、全バソト会議やバソト国民党などによる連立政権が成立。トーマス・タバネが首相に就任した[11]

2014年8月には軍部によるクーデターが発生。トーマス・タバネ首相が南アフリカへ出国した[13]が、SADCの仲介によって9月3日にタバネはレソトに帰国し[14]、事態は沈静化した。その後、2015年の選挙でレソト民主会議と民主会議が勝利しモシシリが再び首相に就任したが、2017年の選挙では全バソト会議が勝利してタバネがふたたび首相となった[11]

地理[編集]

地形
地形図

レソトは、周囲を南アフリカ共和国に囲まれた内陸国である。いったん周囲の南アフリカ共和国を経由しないと行き来できない地域すらあるため、「アフリカのスイス(元は山々に囲まれて、景色の良い意味で呼ばれた)」「南部アフリカの屋根」ともいわれている[15]

全土がドラケンスバーグ山脈の山中に位置するため、平地が一切なく、全土の標高が1400mを超える。最高峰は東端近くにあるタバナントレニャナ山であり、標高3482mはアフリカ大陸南部の最高峰でもある。国土中部および東部は2000m以上の山地からなっている。主要河川は、南アフリカ共和国との国境付近に源流があり、国土南部を横断した後、南アフリカ共和国とナミビアを経由して大西洋に注ぐオレンジ川である。オレンジ川流域は東部山地が中心であり、強い侵食作用によって深い渓谷を刻んでいることが多い[16]。もう一つの主要河川は国土北部を流れて南アフリカとの国境をなす、オレンジ川支流のカレドン川である。北西部のカレドン川流域は標高が低く起伏が緩やかで人口の多くがこの地方に居住し[17]、首都マセルもこの地域に存在する。国土のほぼ全域は、カレドン川を含むオレンジ川流域に属している[18]。レソトの最低地点はオレンジ川が南アフリカ共和国に流れ出す南西部にある。


気候

地形とは異なり、気候には恵まれている。全土がケッペンの気候区分による温暖湿潤気候 (Cfa) と西岸海洋性気候 (Cfb) であり、イタリア北部に似ている。雨季は存在しないものの、10月から4月にかけての夏季に降雨が多く、冬季は乾燥している。年間降水量は国土全体の平均で700mm程度であるが、山地では1900mmに達する[19]。気温は特に高地では低く、冬季には積雪も見られる。植生は樹木が少なく、ほとんどが草原によって覆われている[20]

地方区分[編集]

レソトの県

レソトの最上級の地方行政単位は、10あるである。

  1. ベレア県 (Berea)
  2. ブータ・ブーテ県 (Butha-Buthe)
  3. レリベ県 (Leribe)
  4. マフェテング県 (Mafeteng)
  5. マセル県 (Maseru) - 南アフリカ共和国との国境に近い西端に首都マセルが位置する。
  6. モハレス・フーク県 (Mohales Hoek)
  7. モコトロング県 (Mokhotlong)
  8. クァクハスネック県 (Qacha's Nek)
  9. クティング県 (Quthing)
  10. ターバ・ツェーカ県 (Thaba-Tseka)

主要都市[編集]

最大都市は首都のマセル(都市圏人口22万人、2014年)[21]である。マセルは国土の西端に位置し、カレドン川を挟んだ対岸は南アフリカ共和国領となっているが、レソトの政治・経済の中心となっている。

政治[編集]

国家元首は、国王のレツィエ3世(本名:デーヴィッド・モハト・レツィエ・ベレン・セーイソ)で、立憲君主制をとる。国民統合の象徴的地位で、政治的権力を有さない。国王の位はセーイソ家による世襲制である。

行政執行権は、首相を長とする内閣が行使する。議院内閣制

レソト王国議会二院制である。上院は、全33議席。22人の主要部族長と下院の支配政党が指名する11人が上院議員となる。下院の議席数は、2001年の法改正により80議席から120議席に増やされた。そのうち80を小選挙選挙で、40を比例代表制選挙で選出する。任期5年。

2017年時点で、最大の政党は自由主義政党の全バソト会議であり、全120議席中48議席を占める。全バソト会議は民主同盟(9議席)、バソト国民党 (BNP、5議席)、レソト改革会議(1議席)と連立を組み、2017年に政権を奪回した。

これに対抗する最大野党は社会民主主義政党の民主会議(30議席)である。民主会議は、1997年から2012年まで与党だったレソト民主会議 (LCD、11議席)と近く、2015年から2017年まではこの両党の連立が政権を握っていた。このほか、経済変革運動、バストランド会議党 (BCP)、マレマトロウ自由党 (MFP)などの政党が存在する。

外交[編集]

隣国である南アフリカは周囲を完全に取り囲んでおり、同国を経由しない限り他国との陸上アクセスが不可能であるため、この関係が非常に重要である。南アフリカを中心とする周辺諸国とは南部アフリカ関税同盟を結んでおり、ここからの収入が財政に大きな比重を占めるほか、経済的にも同国の経済圏に包含されており、労働輸出の大半および輸出の5割近く、輸入の9割近くが南アフリカ向けである。通貨ロチも南アフリカ・ランドと等価であり、事実上ランド通貨圏に含まれている[22]

日本はレソトに在外公館を置いておらず、在南アフリカ日本大使館が兼轄する[23]。レソトも以前は駐日大使館を置いていなかったが、2007年に駐日レソト大使館を開設した[24]。貿易はレソトの大幅な入超となっている[25]

軍事[編集]

経済[編集]

レソトの1人あたり国民総所得は1280ドル(2015年)に過ぎず[26]後発発展途上国に含まれている[27]。レソト経済は1980年代まで労働力移出によって支えられていたものの、1980年代後半にレソト高地水路計画が実施されて以降、電力や水の輸出国となり、さらに2000年以降は繊維工業が急成長を遂げ、衣類が総輸出の半分以上を占めるようになるなど産業振興が進んでおり、労働力輸出の占める割合は減少しつつある。主な輸出先は2012年には南アフリカ共和国 (47.3%)、アメリカ合衆国 (43.9%)、ベルギーである。主な輸入先は88.9%を南アフリカ共和国が占める[28]

南部アフリカ関税同盟に加盟しているため、南アフリカなど加盟諸国間の貿易は無関税であり、また域外諸国からの関税を共通徴収している。同盟からの分配金はレソト財政にとって非常に重要であり、1999年にはこの分配金が国家歳入の50%を占めた[29]。この状況は繊維産業等が成長した2013年においても全く変わらず、歳入に占める分配金の割合は50%のままとなっている[30]。通貨はロチであり、南アフリカランドと1対1で連動している[31]

農牧業[編集]

レソトは気候には恵まれているものの、地形の制約のため、耕地面積は国土の9.4%にとどまる。そのため農業は振るわず、第一次産業従事者人口は国民の12%と少ない[28]。ただし、南部アフリカでは唯一、植民地期に白人が農業進出を行わなかったため、土地のほとんどは黒人の手に残された[32]。農業は零細な自給農業がほとんどで、主にトウモロコシモロコシが栽培される[33]。男性の多くが南アフリカなどへ労働に出かけるため、こうした農業は主に女性や老人によって営まれてきた[34]。しかし食糧生産は国内需要を満たすことが古くからできておらず、多くは輸入によってまかなわれている[35]

農地に恵まれない一方、放牧は盛んで1994年時点には国土の65.9%が放牧に振り向けられていた。家畜の頭数は人口よりも多い。財産としてはを重視するものの[36]、牧畜産業としてはが中心であり、独立前の1960年代初頭には羊毛が輸出の75%を占めていた[37]。他産業の成長により羊毛の重要性は低下したものの、それでも2012年には総輸出の5.2%を占め、第4位の輸出品となっている[38]。このほか、ヤギの飼育も多く、これから作られるモヘアも特産品の一つとなっている[39]。放牧は山地も含め全土で行われているものの、過放牧による植生の荒廃や土壌侵食も問題となっている[40]

鉱工業[編集]

1986年以降、レソトの豊富な水資源に着目した南アフリカとの間で、レソト国内にダムを複数建設して南アフリカの産業地帯に水と電力を供給するレソト高地水路計画が実施され、カツェダム英語版モハレダム英語版といった巨大ダムが建設された。この計画はレソトに少なくない歳入と建設業の成長をもたらした[30][41]。この計画により、2012年にはの輸出が総輸出額の9.5%を占め第3位となっている[42]ほか、ダム湖は観光名所の一つとなり[43]、さらに冷たく澄んだ水を生かしてカツェ・ダムではニジマスの養殖が行われ、主に日本へと輸出されている[44]。このニジマス輸出は、2016年にはレソトから日本への輸出額の約4分の1を占めた[45]

また、2000年にアメリカがアフリカ成長機会法を施行して以降、アメリカ市場向けの繊維産業誘致に成功し、2000年以降、年率3%を超える国内総生産の成長を果たした。2008年の第二次産業従事者は41.8%に達しており、工業の成長が目立つ。中でも繊維産業の割合が高く、2012年には輸出の56%が衣類によって占められた。[28]

レソトに鉱物資源はほとんど存在しないが、ダイヤモンドだけは1976年に北東部のレツェングにおいて鉱山が発見され[46]、以後採掘が行われている。この鉱山ではしばしば巨大なダイヤモンド原石が発見され、2006年には603カラット[47][48]、2008年には478カラット[49]、2018年には史上5番目の大きさとなる910カラットの原石が発見されている[50]

近年は、観光業にも力を入れており、主に欧州からの保養客を受け入れている。落差198mを誇るマレツニャーネ滝などの美しい風景に恵まれ、トレッキングなどのアウトドア・スポーツも盛んである[51]。北部にあるアフリスキーはレソト唯一、南部アフリカでも2つしかないスキー場のひとつであり、冬になるとスキーを楽しむために多くの観光客が訪れる[52]

労働輸出[編集]

国内の産業が振るわないため、レソト経済は19世紀以降、南アフリカ共和国への鉱山労働者の出稼ぎによって支えられており、1959年には成人男子の43%[53]、1980年代には成人男子の5分の2が出稼ぎ労働者となっていた[54]。その後、上記のような産業の成長により、レソトからの出稼ぎは大きく減少傾向にある[28]ものの、依然として南アフリカ国内でのレソト人労働者の数は合法不法を問わず多く、モザンビークジンバブエとともに同国への不法移民の上位を占めている[55]

国民[編集]

ソト族の騎手。

人口[編集]

レソトの人口は、独立前の1963年に72万7000人だった[56]ものが1986年には156万人[3]、2017年には223万人にまで増加した[57]。人口密度は2017年で1km2あたり74人[58]とそこまで高くはない[59]が、国土のほとんどが山岳地帯であるためこの人口を養うことができず、慢性的に人口過剰であり、隣国・南アフリカ共和国に多くの労働者が出稼ぎを行う要因となっている。

民族[編集]

国民の99.7%が、バントゥー系ソト族である。レソトの国民は、単数形では、モソト (Mosotho)、複数形では、バソト (Basotho) と呼ばれる。

言語[編集]

ソト語(セソト、南部ソト語)と英語が公用語とされている[28]

宗教[編集]

国民の約9割はキリスト教徒である。この他に伝統宗教も存在する[28]

教育[編集]

1966年の独立直後から教育、特に初等教育に力を入れている。教育レベルにおいて男女格差が最も少ない国家の一つであり、2015年時点で国家全体の識字率が79.4%なのに対し、女性の識字率は88.3%に達する。しかし、男性の識字率は70.1%にとどまっている[60]。これは男子児童が放牧の労働力として、組み込まれていることによる。高等教育機関としては、ロマ市にレソト国立大学が存在する[61]

保健[編集]

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者が1990年代以降激増し、国民の約1/4がHIV感染者である。そのため、平均寿命は60歳から35歳と、成人死亡率が世界でもっとも高い国となっている( WHO2013年統計)。

交通[編集]

鉄道は、南アフリカ共和国のブルームフォンテーンからの路線が首都マセルにまで延びている。ただし、路線のレソト国内に占める距離は1kmほどである[62]空港は、マセルにモショエショエ1世国際空港が存在するほか、国内各地にマテカネ空港のような小規模滑走路が点在する。

文化[編集]

バソト・ハット

レソトの民族衣装としては、バソト・ハット(ソト語ではモコロトロ(mokorotlo))と呼ばれる三角形の麦わら帽子と、防寒のために身にまとうブランケットが特徴的である。なかでもバソト・ハットは国の象徴とされ、1966年から1987年までの初代レソト国旗および、2006年から使用されている現行国旗においてこの帽子があしらわれている[63]

主なレソト王国の食文化には、トウモロコシの粉を炊いたパパや青菜を炒めたモロホなどがある。

レソトの世界遺産としては、複合遺産が1件存在する。南東部のセアラバセベ国立公園は、南アフリカのウクハランバ/ドラケンスバーグ公園と共同でマロティ=ドラケンスバーグ公園として2013年に世界遺産に登録された。

スポーツ[編集]

レソトはオリンピックには1972年ミュンヘン大会で初出場し、1980年以降は連続して選手団を出場させているものの、メダルを獲得したことはない。サッカーレソト代表はマセルにあるセツォト・ナショナル・スタジアム英語版をホームスタジアムとしており、FIFAワールドカップアフリカネイションズカップとも本大会出場経験はない。

祝祭日[編集]

日付 日本語表記 現地語表記 備考
10月4日 独立記念日[64]

標準時[編集]

この地域では南アフリカ標準時を採用しており、協定世界時より2時間進んだ時間を採用している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ 「世界の歴史6 黒い大陸の栄光と悲惨」p261-263 山口昌男 講談社 1977年4月20日第1刷発行
  3. ^ a b c 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.443
  4. ^ 「南アフリカの歴史」p202 レナード・トンプソン著、宮本正興・峯陽一・吉国恒雄訳、明石書店 1995年6月20日第1刷発行
  5. ^ 「世界現代史13 アフリカ現代史1」p240-241 星昭・林晃史 山川出版社 1992年8月20日2版1刷発行
  6. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.444
  7. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、377ページ ISBN 4-7947-0523-9
  8. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、380 - 381ページ ISBN 4-7947-0523-9
  9. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、432 - 433ページ ISBN 4-7947-0523-9
  10. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、433 - 434ページ ISBN 4-7947-0523-9
  11. ^ a b c 「レソト王国基礎データ」 日本国外務省 平成31年3月1日 2019年9月15日閲覧
  12. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、434ページ ISBN 4-7947-0523-9
  13. ^ レソトでクーデターか=首相逃亡、軍は否定CNN、2014年8月30日付)。2014年11月1日閲覧
  14. ^ 「軍がクーデター、首相は隣国南アに一時避難−南アはジンバブエやナミビアと対応を協議−(アフリカ、レソト)」 JETRO 2014年09月08日 2019年9月15日閲覧
  15. ^ 『秘境国 まだ見たことのない絶景』パイインターナショナル、2011年、9頁。ISBN 978-4-7562-4124-5
  16. ^ 「南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」『週刊朝日百科世界の地理109』、朝日新聞社、1985年11月24日、 11-242頁。
  17. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.443
  18. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.652、朝倉書店 ISBN 4254166621
  19. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.652、朝倉書店 ISBN 4254166621
  20. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.652-653、朝倉書店 ISBN 4254166621
  21. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p321 二宮書店 平成30年1月10日発行
  22. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.659、朝倉書店 ISBN 4254166621
  23. ^ https://www.za.emb-japan.go.jp/jointad/ls/ja/index.html 「在レソト日本国大使館」日本国外務省 2020年5月4日閲覧
  24. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/lesotho/data.html 「レソト基礎データ」日本国外務省 令和元年11月11日 2020年5月4日閲覧
  25. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成30年1月10日発行
  26. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p321 二宮書店 平成30年1月10日発行
  27. ^ http://unohrlls.org/about-ldcs/ 「About LDCs」 UN-OHRLLS 2020年5月4日閲覧
  28. ^ a b c d e f 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成28年1月10日発行
  29. ^ 「南アフリカとの密接な経済関係」西浦昭雄/池谷和信編著 『ボツワナを知るための52章』 明石書店 2012年 159-160ページ
  30. ^ a b 「レソト基礎データ」 日本国外務省 2019年10月1日閲覧
  31. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.659、朝倉書店 ISBN 4254166621
  32. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p109 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  33. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.657、朝倉書店 ISBN 4254166621
  34. ^ 「南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」『週刊朝日百科世界の地理109』、朝日新聞社、1985年11月24日、 11-242頁。
  35. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p135 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  36. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p136 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  37. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p397 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  38. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成30年1月10日発行
  39. ^ 「南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」『週刊朝日百科世界の地理109』、朝日新聞社、1985年11月24日、 11-242頁。
  40. ^ 「南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」『週刊朝日百科世界の地理109』、朝日新聞社、1985年11月24日、 11-242頁。
  41. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000480563.pdf 「アフリカ各国トピックス レソト王国」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年5月5日閲覧
  42. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成30年1月10日発行
  43. ^ http://lesothotokyo.com/jpn/trip/index.html 「観光&旅行」レソト王国大使館 2020年5月5日閲覧
  44. ^ https://www.cnn.co.jp/business/35058496.html 「アフリカの高地でマス養殖 日本にも輸出」CNN 2015.01.17 2020年5月5日閲覧
  45. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成30年1月10日発行
  46. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.444
  47. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2322466?cx_part=search 「史上15番目に大きいダイヤの原石をカット」AFPBB 2007年12月7日 2020年5月4日閲覧
  48. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000480563.pdf 「アフリカ各国トピックス レソト王国」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年5月5日閲覧
  49. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2520039?cx_part=search 「アフリカ南部のレソトで、478カラットの巨大ダイヤ原石を発見」AFPBB 2008年9月22日 2020年5月4日閲覧
  50. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3158669?cx_part=search 「史上5番目に大きいダイヤ発見、910カラット アフリカ南部」AFPBB 2018年1月16日 2020年5月4日閲覧
  51. ^ http://lesothotokyo.com/jpn/trip/index.html 「観光&旅行」レソト王国大使館 2020年5月5日閲覧
  52. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3184691 「冬季五輪も夢じゃない、アフリカのスキーリゾート レソト」AFPBB 2018年8月26日 2020年5月4日閲覧
  53. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p397 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  54. ^ 「南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」『週刊朝日百科世界の地理109』、朝日新聞社、1985年11月24日、 11-242頁。
  55. ^ 「移民」佐藤誠/「南アフリカを知るための50章」p323-325 峯陽一編著 明石書店 2010年4月25日初版第1刷 
  56. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p397 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  57. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p321 二宮書店 平成30年1月10日発行
  58. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成30年1月10日発行
  59. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p135 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  60. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p322 二宮書店 平成30年1月10日発行
  61. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.660-661、朝倉書店 ISBN 4254166621
  62. ^ 三省堂編修所編 『コンサイス 外国地名事典』(3版) 三省堂、1998年、1121頁。ISBN 4-385-15338-8 
  63. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000480563.pdf 「アフリカ各国トピックス レソト王国」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年5月5日閲覧
  64. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.652、朝倉書店 ISBN 4254166621

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

レソト政府
日本政府
他の情報源

座標: 南緯29度28分 東経27度56分 / 南緯29.467度 東経27.933度 / -29.467; 27.933