デュシー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デュシー島
現地名: Fenua-manu
A satellite photograph of an atoll consisting of four islets with an interior lagoon. The largest island has a "C" shape and is dominated by vegetation. The other three are smaller and have sparse vegetation. The islets are surrounded by dead coral and the ocean. In the lower right corner of the photo, a compass indicates the orientation of the island.
NASAによって撮影されたデュシー島
地理
場所 南太平洋
座標 南緯24度40分09秒 西経124度47分11秒 / 南緯24.66917度 西経124.78639度 / -24.66917; -124.78639
諸島 ピトケアン諸島
島数 4
主要な島 アカディア島, パンドラ島, エドワード島, ウエストワード島
面積 0.70 km2 (0.27 sq mi)
4 km2 (2 sq mi)(礁湖を含む)
最高標高 4.6 m (15.1 ft)
デュシー島の地図

デュシー島(デュシーとう、Ducie Island )は、イギリスの海外領土であるピトケアン諸島に属するである。面積約6.50 km2の無人のサンゴ環礁で、1902年からピトケアン島に属するイギリス領になった。ピトケアン諸島の中では一番東の方にあり、ヘンダーソン島からでも350 kmも離れた所にある。

歴史[編集]

1606年、ポルトガル出身の航海士ペドロ・フェルナンデス・デ・キロスにより発見され、エンカルナシオン島と名付けられた。その後1791年パンドラ号エドワード・エドワーズ艦長がバウンティ号の反乱者達を捜索している時に再発見され、イギリス海軍の貴族フランシス・レイノルズ=モートン、第3公爵デュシーを敬意を示して、デュシー伯爵英語版の名に因んで、デュシー島と名付けられた。

1820年マッコウクジラの攻撃に遭い沈没したアメリカ捕鯨船エセックス号英語版の乗組員の生存者3人を探すため、依頼を受けたイギリスの商船サリー号のトーマス・レイン船長は捜索に出向いた。デュシー島に漂着していると思われた為、デュシー島に向かい、レイン船長は島にも上陸したが、エセックス号の乗組員3人はヘンダーソン島にいた。1891年にも郵便船アカディア号が島のラグーンで難破しており、生存者の乗組員はボートでピトケアン島に向かった。

1937年8月4日にはレアンダー号のJ・W・リバース=カルナック船長がデュシー島に上陸し、島にイギリス国旗を挙げ、島のイギリスの主権を再確認した。

1867年アメリカ合衆国グアノ島法に基づいて領有を宣言したが、1902年イギリスが領有権を得た。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯24度41分0秒 西経124度47分0秒 / 南緯24.68333度 西経124.78333度 / -24.68333; -124.78333