アルピン朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルピン朝Alpin dynasty)は、843年から1034年まで続いたスコットランド王朝ダルリアダ王といわれる[1]アルピンを始祖とする。

アルピン朝時代の約200年間については詳しいことは伝わっていないが、この間、ヴァイキングやイングランド小王国からの侵略を受けた[2]。また、王位継承においては、「長子相続」ではなく「タニストリー」という制度をとり、王家の一族の中からふさわしい者が王として選ばれた[3]。そのため、前王を殺害して王位に即くというケースが続いた。マルカム2世はこのタニストリーを廃止したものの、自身には娘2人しかおらず、結局2人の娘の子孫の間で殺戮による王位継承が繰り返されたが、最終的には長女ベソックの子孫がアサル朝としてスコットランド王位を継承した。

歴代国王[編集]

系図[編集]

 
アルピン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケネス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドナルド1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エイ
 
 
 
 
ラン
ストラスクライド王
 
ギリク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドナルド2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティン2世
 
ドナルド
 
ヨーカ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルカム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インダルフ
 
バンクォウ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケネス2世
 
カリン
 
アムライフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケネス3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルカム2世
 
コンスタンティン3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギリック
 
ボーエ
 
フィンレック
マリ領主
 
ドウナダ
 
シグルズ
(シーガード)
オークニー伯
 
 
 
ベソック
 
クリナン
ダンケルド修道院長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギラコムガン
マリ領主
 
グロッホ
 
 
 
マクベス
 
 
 
 
フィン・アルネッソン
 
ベルグリョート
シュル家
 
ダンカン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルーラッハ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トールフィン
(ソーフィン)
オークニー伯
 
イーンガボーグ
 
マルカム3世
 
マーガレット
エドワード・アシリング娘)
 
ドナルド3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
聖マグヌス
オークニー伯
 
オークニー伯家
 
 
 
アサル朝
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 森、p.15。ただし、ケネス1世による捏造の可能性もある(トランター、p.28)。
  2. ^ トランター、p.31-32
  3. ^ 森、p.22

参考文献[編集]

  • ナイジェル・トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年
  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • John Cannon, Ralph Griffiths, History of the British Monarchy, Oxford University Press, 1988.

関連項目[編集]