ジョン (イギリス王子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン
Prince John
イギリス王子
Prince John of the United Kingdom 1913.jpg
ジョン王子(1913年)
続柄 ジョージ5世第五王子
全名 ジョン・チャールズ・フランシス
身位 Prince(王子)
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 1905年7月12日
イングランドの旗 イングランドサンドリンガム
死去 1919年1月18日
イングランドの旗 イングランド、サンドリンガム
埋葬 1919年1月21日
イングランドの旗 イングランド、サンドリンガム、聖マグダラのマリア教会
父親 ジョージ5世
母親 メアリー
テンプレートを表示

ジョン王子(Prince John洗礼名: ジョン・チャールズ・フランシス; John Charles Francis1905年7月12日 - 1919年1月18日)は、イギリスの王族。

ジョージ5世メアリー妃の五男で、エドワード8世ジョージ6世らの末弟にあたる。

生涯[編集]

1912年に撮影された、ジョージ5世の子供たち。前列左からジョン王子、姉のメアリー王女、兄のジョージ王子。後列左から兄のアルバート王子、ヘンリー王子、プリンス・オブ・ウェールズエドワード王子

1905年7月12日、ノーフォークサンドリンガム・ハウス宮殿w:Sandringham House)内のヨーク・コテージにて生まれる。

同年8月3日に洗礼を受け、ポルトガルカルルシュ1世ギリシャ王太子アリス・オブ・オールバニノルウェーホーコン7世初代ファイフ公爵アレクサンダー・ダフらが代父母となった。

生来自閉症があったことに加え、4歳の時に初めててんかんの発作を起こし、以来世間から隠された存在であったため、1911年の父王の戴冠式にも出席しなかった。病状が悪化した晩年は、サンドリンガム・ハウス宮殿敷地内のウッド農場にて乳母とともに暮らしていたという。

兄弟との仲は悪くなく、特に兄ジョージとはよく遊んだとされるが、元々子供達にあまり愛情を注がなかった母親との仲は終生よいといえるものでは無かった。そのためか、乳母にはよく懐いていたという。

1919年1月18日午前5時30分、同地で13歳で夭折。サンドリンガムの聖マグダラのマリア教会に埋葬された。

イギリス王室の悲劇的存在として近年注目され、彼を主役にした映画も作成されたほか、チャンネル4でも彼を題材としたドキュメント番組が放送された。

称号[編集]

  • 1905年7月12日 – 1910年5月6日
ウェールズ大公息ジョン王子殿下(His Royal Highness Prince John of Wales)
  • 1910年5月6日 – 1919年1月18日
ジョン王子殿下(His Royal Highness The Prince John)

外部リンク[編集]