ジェームズ3世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ3世

ジェームズ3世(James III, 1451年7月10日 - 1488年6月11日)はスコットランド王(在位:1460年 - 1488年)。ジェームズ2世とヘルレ公女メアリーの子。

公正さに欠き、イングランドとの協調の追求、家族との破滅的な関係などにより、人気がなく無力な統治者であった。

1469年8月10日、デンマーククリスチャン1世ノルウェースウェーデンの王も兼ねる)の王女マーガレット(マルグレーテ)と結婚した。当時の北欧3国はカルマル同盟によって大国となっており、対イングランド関係においても有利な結婚であった。スコットランド側は王女の持参金に現金を要求したが、クリスチャン1世は手元不如意を理由に、後で現金を送る代わりとして取りあえずスコットランドの北方のオークニー諸島シェトランド諸島を持参金とした。しかし現金は送られず、以来今日に至るまでこの2つの諸島はスコットランド領となった。

王妃との間に、長男ジェームズ(のちのジェームズ4世)を含め3男をもうけた。

1488年、不満を抱いた貴族や長男ジェームズとの戦い(ソーキバーンの戦い:Battle of Sauchieburn)で敗れ、殺された。