ダンカン2世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダンカン2世
Duncun II
スコットランド王
在位 1094年5月 - 1094年11月
出生 1060年?
死去 1094年11月12日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国、モンダインズ
埋葬  
ダンファームリン・アビー
配偶者 エセルリーダ・オブ・ノーサンブリア
子女 ウィリアム
王家 アサル家
王朝 アサル朝
父親 マルカム3世
母親 イーンガボーグ
テンプレートを表示

ダンカン2世Duncun II, 1060年? - 1094年11月12日)は、スコットランド王(在位:1094年5月 - 1094年11月)。マルカム3世とフィン・アルネッソンの娘でオークニー伯シーガードの長男の未亡人イーンガボーグの子。

生涯[ソースを編集]

1071年にイングランド王ウィリアム1世がスコットランドに侵攻し、父マルカム3世が敗れたときに人質としてロンドンに送られた。

1094年5月、ウィリアム2世の援助を受け、伯父のドナルド3世より王位を奪還するための軍を起こした。ダンカンはドナルド3世の軍を破り、王位についた。

しかし、ダンカン2世のイングランド臣従の姿勢に重臣たちの反発は大きく、即位半年後の11月、ドナルド3世にメアンズ地方のモンダインズで殺害され、王位を奪われた。ダンファームリン・アビーに埋葬された[1]

子女[ソースを編集]

1090年、ノーサンブリア伯ゴスパトリックの娘エセルリーダと結婚した。

  • ウィリアム - マリ伯

引用文献[ソースを編集]

  1. ^ 森、p. 51

参考文献[ソースを編集]

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年