ドナルド3世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドナルド3世
Donald III / Domnall mac Donnchada
スコットランド王
在位 1093年 - 1094年5月
1094年11月 - 1097年
出生 1033年
死去 1097年
スコットランド王国の旗 スコットランド王国レスコビー
配偶者 ベソック
子女 ベソック
王家 アサル家
王朝 アサル朝
父親 ダンカン1世
母親 シビル・オブ・ノーサンブリア
テンプレートを表示

ドナルド3世スコットランド語:Domnall mac Donnchada1033年 - 1097年)は、スコットランド王(在位:1093年 - 1094年5月、1094年11月 - 1097年)。ダンカン1世ノーサンブリア伯シューアドの妹シビルの子、マルカム3世の弟。ドナルド・ベイン(Donald Bane)ともいわれる。

生涯[編集]

ドナルド・ベインは、父ダンカン1世がマクベスに殺害された1040年に、スコットランド西部沖のヘブリディーズ諸島に逃れ、以後この地で少年時代を過ごした。兄マルカム3世がイングランド好みであったのに対して、北方の荒々しい気風の中で育ったドナルドは野生好みで、大のイングランド嫌いであった[1]。マルカム3世の中・南部を中心とした政治に不満を持っていた北・西部の豪族たちに支持され、ドナルドはマルカム3世の長男ダンカンを差し置いて1093年、王位についた。ドナルド3世は王位につくや、宮廷の様式・習慣をケルト式に戻した[2]

1094年5月、イングランドに人質となっていたダンカンは、イングランド王ウィリアム2世の支援を受け、王位奪還に立ち上がった。これにドナルド3世はダンカンに敗れ、わずか7ヶ月で王位を奪われた[3]。ダンカンは即位し、ダンカン2世となった。

しかし、マルカム3世以来のイングランド臣従に対する重臣たちの反発は大きかった。半年後の11月、ドナルド・ベインは支持者やダンカン2世の異母弟エドマンドたちと謀ってダンカン2世を殺害し、王位に復帰してエドマンドと共同統治を行った[4]

1097年、エドマンドの弟エドガーがウィリアム2世の力を借りて軍を起こした。ドナルド3世は捕らえられ、両目を刳り貫かれて追放された[4][5]。それからまもなく、ドナルド3世はフォファシャーレスコビーにて没した[4]

子女[編集]

  • ベソック - ティンダル卿ユートレッドと結婚。娘ヘクスティルダはリチャード・カミンと結婚し、二人の子孫ジョン・カミンは後にスコットランド王位を請求した(スコットランド独立戦争)。

脚注[編集]

  1. ^ 森、p. 49
  2. ^ 森、p. 50
  3. ^ 森、p. 51
  4. ^ a b c 森、p. 52
  5. ^ 両目を失明させられた後、王家の台所の下働きとされたともいわれる(トランター、p. 60)。

参考文献[編集]

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • ナイジェル・トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年