スヴェン1世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スヴェン1世
Svend "Tveskæg"
Svein "Tjugeskjegg"
デンマーク王
ノルウェー王
イングランド王
Sweyn Forkbeard.jpg
在位 985年 - 1014年(デンマーク王)
985年 - 995年1000年 - 1014年(ノルウェー王)
1013年 - 1014年(イングランド王)
別号 双叉髭王
出生 960年
死去 1014年2月3日
配偶者 グンヒルド
  シグリーズ
子女 一覧参照
王家 ゴーム家
王朝 イェリング朝
父親 ハーラル1世
母親 ギュリズ
テンプレートを表示

スヴェン1世ハラルドソン: Svend "Tveskæg": Svein "Tjugeskjegg": Sweyn "Forkbeard"960年 - 1014年2月3日)は、“双叉髭王”(そうさひげおう)、“八字髭”(はちのじひげ)のあだ名をもつデーン人の王。デンマーク国王(在位:985年 - 1014年)、ノルウェー国王(在位:985年 - 995年1000年 - 1014年)、イングランド国王(在位:1013年 - 1014年)を兼ねた。

生涯[編集]

ヘイムスクリングラ』によると、妻は、1人目はヴェンドの王ブリスラヴの娘、グンヒルド(en)。彼女の死後、スウェーデンオーロフの母で、スコグルのトースティ英語版の娘のシグリーズ(Sigrid Storråda)を2人目の妻に迎えた[1]。 なお、『クニートリンガ・サガ英語版』によればグンヒルドとの間に生まれたのが後のクヌーズ2世(クヌート1世)である。また『ヘイムスクリングラ』によれば、娘のギュザ[2](ギューザとも。no)はノルウェーのエイリーク・ハーコナルソンの妻になった[3]。また、妹のスュリ英語版[2](タイア、チューリとも)はブリスラヴ王の妻となった後、異教徒であった王を嫌って逃れ、オーラヴ・トリグヴァソンの3番目の妻になった[4]。ほかに娘にエストリズがおり、デーンの伯ウルフと結婚し、二人の間の息子はのちにスヴェン2世としてデンマーク王となりエストリズセン家を開いた。

スヴェン1世は父ハーラル1世“青歯王”の後を継ぎ、デンマークおよびノルウェーの王となった。しかしすぐにスウェーデンエリク6世英語版“勝利王”に敗れ、デンマークから追放された。エリク6世の死後スヴェン1世はデンマークへ戻った。

デンマークは980年代からイングランドを襲い、退去料としてデーンゲルド英語版を徴収した。さらに994年にはノルウェーのオーラヴ・トリグヴァソンと共にロンドンケントを襲撃した。しかし999年または1000年、スヴェンはスウェーデンのオーロフ、ノルウェーやヴェンドの軍と共に、スヴォルドの海戦英語版においてオーラヴ王を倒している。1002年に、エゼルレッド2世“無思慮王”がイングランド在住のデーン人を虐殺したため、翌年スヴェンは北欧各国より兵を集めてイングランドを攻撃し始める[5]。1013年にはエゼルレッド無思慮王を破ってイングランド王位についた[6]

1014年、スヴェン1世は急死。デンマーク王位は息子ハーラル2世が、ノルウェー王位はオーラヴ2世“聖王”が継いだ。イングランドはエゼルレッド2世が復位したが、クヌート1世がそれを破って王位を継いだ。クヌート1世はのちにデンマーク王位とノルウェー王位も手に入れ、巨大な北海帝国を築き上げることになる。

子女[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』64-65頁(「第三十四章 ハラルド・ゴルムスソンの死」)。
  2. ^ a b 『ヘイムスクリングラ(二)』で確認できる表記。
  3. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』142頁(「第九十章 エイリークの東方への遠征」)。
  4. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』143-145頁(「第九十二章 ブーリズラヴ王の結婚」)
  5. ^ 『北欧史』30頁。
  6. ^ 『北欧史』46頁。

参考文献[編集]

先代:
ハーラル1世“青歯王”
デンマーク王
985年 - 1014年
次代:
ハーラル2世
先代:
ハーラル3世“青歯王”
ノルウェー王
985年 - 995年
ハーコン・シグルザルソンが事実上の君主)
次代:
オーラヴ1世
先代:
オーラヴ1世
ノルウェー王
1000年 - 1014年
(復位)
次代:
オーラヴ2世“聖王”
先代:
エゼルレッド2世
イングランド王
1013年 - 1014年
次代:
エゼルレッド2世