ロバート2世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート2世(スチール製のロバート2世の王璽)

ロバート2世(Robert II, 1316年3月2日 - 1390年4月19日)は、スコットランド王(在位:1371年 - 1390年)。ステュアート朝の初代国王。第6代スコットランド執事長のウォルター・ステュアートWalter Stewart)とロバート1世の娘マージョリーMarjorie)の子。

家名のステュアート(Stewart)は役職名の執事(Steward)が語源と言われ、後にメアリー女王フランス好みから綴りをStuartに変えた。

母マージョリーは1316年、ロバートの出生後まもなく死去した。父ウォルターも1326年に死去し、ロバートはわずか10歳でスコットランド執事長の地位を継承した。

1318年スコットランド議会は、ロバート1世が世継ぎの息子無しで死去した場合には、マージョリーの息子に王位が与えられると定めたが、1324年に息子デイヴィッドが生まれ、1329年デイヴィッド2世として王位に就いた。しかし1371年にデイヴィッド2世は子息のないまま急死し、デイヴィッド2世のフランス亡命中に摂政として、実質的にスコットランド国内を統治していたロバート2世が新たに王位に就き、ステュアート朝を開いた。

即位時、すでに54歳であったロバートは健康状態が非常に悪く、ほとんど盲目であり、「Old Blearie」(霞み目爺さん)とさえ呼ばれていた[1]。在位中、先王デイヴィッド2世のイングランドへの身代金の支払いや、ダグラス家パーシー家の抗争などの大きな問題を抱えていたが、老齢のロバートはほとんど業績を残せず、その息子たちが実権を握った。

子女[編集]

1347年11月22日、サー・アダム・ミュアの娘エリザベスと結婚した。

1355年5月2日、ロスヒューの娘ユーフィミア(3代マリ伯ジョン・ランダルフ未亡人)と結婚し、2男2女を儲けた。

以下の庶子がいた。

引用[編集]

  1. ^ N.トランター、p.157

参考文献[編集]

  • N.トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年
  • 森 護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年