ルーラッハ (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルーラッハ
Lulach
スコットランド王
在位 1057年 - 1058年
出生 1032年
死去 1058年3月17日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国、ストラスボギー
王家 アルピン家
王朝 アルピン朝
父親 マリ領主ギラコムガン
母親 グロッホ
テンプレートを表示

ルーラッハLulach, 1032年 - 1058年3月17日)は、スコットランド王(在位:1057年終わり - 1058年3月17日)。マリ領主ギラコムガンとケネス3世の孫娘グロッホ(彼女は後にスコットランド王マクベスの后となる)との間に生まれた。

生涯[編集]

実父ギラコムガンはマリ領主フィンレック(マクベスの父)を殺害し、マリ領主の地位を奪った[1]。ルーラッハが生まれてまもなく、実父ギラコムガンはマルカム・カンモーに殺害され、母グロッホはフィンレックの子マクベスと再婚した[1]1057年8月15日に、アバディーンシャイアのランファンナンで継父マクベスがマルカム・カンモーに討ち取られた後、ケネス3世の曾孫であることにより王座につけられた[2]

しかし、1058年3月17日にアバディーンシャイアのストラスボギーでマルカム・カンモーに殺害された[2]。王座にあったのは、わずか数ヶ月[3]であった。

脚注[編集]

  1. ^ a b トランター、p. 44
  2. ^ a b 森、p. 37
  3. ^ 4か月(森、p. 38)、または6か月(トランター、p. 46)とも。

参考文献[編集]

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • ナイジェル・トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年