ダンカン1世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダンカン1世
Duncan I / Donnchad mac Crínáin
スコットランド王
Donnchad I.jpg
在位 1034年 - 1040年
別号 ストラスクライド王
出生 1001年
死去 1040年8月14日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国、ストラスペファーまたはスパイニー
配偶者 シビル・オブ・ノーサンブリア
子女 マルカム3世
ドナルド3世
王家 アサル家
王朝 アサル朝
父親 アサル領主クリナン
母親 ベソック
テンプレートを表示

ダンカン1世Duncan I, スコットランド語Donnchad mac Crínáin, 1001年 - 1040年8月14日)は、スコットランド王(在位:1034年 - 1040年)。マルカム2世の長女ベソックとアサル領主でダンケルドの大修道院長クリナンの間に生まれた。

生涯[編集]

1018年、スコットランドの南側にあるブリトン人ストラスクライド王国英語版の王位を継承した[1]1034年に祖父マルカム2世の死去によりダンカン1世となったときには、ストラスクライドとあわせて、現在のスコットランドとほぼ同じ領域を手中にした。

彼は1039年イングランド北部にあるダラムへの侵攻が失敗して重臣たちの信望を失い、1040年に従弟のマクベスに殺害された[2]

子女[編集]

1030年頃にノーサンブリア伯シューアドの妹シビルと結婚し、息子を儲けた。

  • マルカム3世(1031年 - 1093年)[3] - スコットランド王(1058年 - 1093年)
  • ドナルド3世(1033年? - 1097年) - スコットランド王(1093年 - 1094年5月、1094年11月 - 1097年)
  • メールミュア(Melmare) - アサル伯家、オークニー伯家祖(共に断絶)[4]

脚注[編集]

  1. ^ 森、p. 32
  2. ^ 森、p. 33
  3. ^ 「フォーティヴィオットの水車番の娘」との間の庶子ともいわれる(トランター、p. 43)。
  4. ^ Louda & Maclagan, p. 37

参考文献[編集]

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • ナイジェル・トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.