マーガレット (スコットランド女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーガレット
Margaret
スコットランド女王
Margaret, Maid of Norway.jpg
メイド・オブ・ノルウェー、マーガレット。ラーウィック・タウン・ホールにあるステンドグラス。
在位 1286年 - 1290年
出生 1283年4月9日
トンスベルグ
死去 1290年9月26日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国オークニー
王家 シュル家アサル家
王朝 ホールファグレ朝アサル朝
父親 ノルウェーエイリーク2世
母親 マーガレット・オブ・スコットランド
テンプレートを表示

マーガレットMargaret, 1283年4月9日 - 1290年9月26日)は、スコットランド女王(在位:1286年 - 1290年)。アレグザンダー3世の娘マーガレットノルウェーエイリーク2世の一人娘。後に「ノルウェーの乙女」(The Maid of Norway)と呼ばれた。ノルウェー語名はマルグレーテ(Margrete)。

生涯[編集]

母マーガレットは娘の出産後間もなく死亡した[1][2] 。父エイリーク2世はその後、のちのスコットランド王ロバート・ブルースの妹イザベル英語版と再婚した。

1286年3月19日、祖父アレグザンダー3世が44歳で全ての子に先立たれたまま急死した。そこで長老・重臣たちは、アレグザンダー3世の血を引くマルグレーテ(マーガレット)に白羽の矢を立てた。こうして、わずか3歳のスコットランド初の女王が誕生したが、マーガレットはノルウェーの王宮にとどまったままだった[3]

隣国イングランドエドワード1世(マーガレットの母方の大伯父にあたる)はスコットランド王位の継承権を狙って、4歳の王太子エドワード(後のエドワード2世)とマーガレットの結婚を迫った[4]。スコットランドの長老・重臣たちにはこの要求をはねのけることができず、1290年3月に2人の結婚に同意することをエドワード1世に通知した[5]。同年7月18日、スコットランド南部で結婚条件が取り決められたが、国境地帯にイングランド軍を配置するばかりか、スコットランドの王位継承権をイングランド側に移すという屈辱的な内容であった[6]

結婚のためスコットランドに渡ることになったマーガレットを乗せた船が、ノルウェーのベルゲンからスコットランドを目指した。途中で大時化に遭いながらも、船は9月26日オークニー諸島へ到着した。しかし、マーガレットは極度の船酔いで亡くなった[7]。わずか7歳であった。マーガレットの死によってスコットランドのアサル王朝は断絶し、ジョン・ベイリャルら13人の王位請求者が乱立する事態となった[8]

死から10年後の1300年、マーガレットを自称する偽マルグレーテがベルゲンに出現したが、ほどなく処刑された[7]

脚注[編集]

  1. ^ Margaret of Scotland
  2. ^ Margaret, Maid of Norway
  3. ^ 森、p. 97
  4. ^ 森、p. 99
  5. ^ 森、p. 101
  6. ^ 森、p. 102
  7. ^ a b 森、p. 103
  8. ^ 森、p. 104

参考文献[編集]

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年

関連項目[編集]