ヘンリー1世 (イングランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘンリー1世
Henry I
イングランド王
Henry1.jpg
在位 1100年 - 1135年
戴冠式 1100年ウィンチェスター大聖堂

出生 1068年
イングランド王国の旗 イングランド王国セルビーノース・ヨークシャー
死去 1135年12月1日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国サン=ドニ
埋葬 イングランド王国の旗 イングランド王国レディング、レディング・アビー
配偶者 マティルダ・オブ・スコットランド
  アデライザ・オブ・ルーヴァン
子女 一覧参照
家名 ノルマン家
王朝 ノルマン朝
父親 ウィリアム1世
母親 マティルダ・オブ・フランダース
テンプレートを表示

ヘンリー1世Henry I, 1068年 - 1135年12月1日)は、ノルマン朝第3代イングランド(在位:1100年 - 1135年)。ノルマンディーアンリ1世(Henri I, 在位:1106年 - 1135年)でもあった。通称は碩学王(せきがくおう、Henry Beauclerc)。

ノルマン朝初代イングランド王ウィリアム1世(征服王)とフランドル伯ボードゥアン5世の娘マティルダアルフレッド大王マーシアオファの子孫)の四男。ロベール2世ウィリアム2世の弟。子にマティルダ等。後にプランタジネット朝を開くヘンリー2世外孫に当たる。

生涯[編集]

即位前の活動[編集]

父の死後、長兄のロベール2世(英語ではロバート、短袴公(curthose)というあだ名を持つ)がノルマンディー公国を、三兄のウィリアム2世がイングランド王国を相続したが、ヘンリーは金銭のみを相続した[1][2]

領地を持たない王子として、兄2人の争いを助長したり、金に困ったロベール2世からノルマンディーの領地を購入したりし、影響力の増大を図ったが、ヘンリーの行動を警戒した兄2人が和解して共同でヘンリーを攻撃したため、これに屈服した。以降ウィリアム2世の家臣として隠忍自重していたが、1100年にウィリアム2世が狩猟場で死亡すると、直ちに王宮に戻って即位した[1][3]

長兄・甥およびフランス諸侯との抗争[編集]

第1回十字軍に参加して不在中であったロベール2世は、ノルマンディーに戻ると王位を主張して1101年7月にイングランドに侵攻した。ヘンリー1世は先んじて3月に兄への備えとしてフランドル伯ロベール2世と同盟を結び、兄の侵攻を防ぎ和睦して王位を承認させた。1106年には逆にノルマンディーに侵攻、9月28日タンシュブレーの戦いで勝利して兄を捕らえると、ウェールズカーディフ城に幽閉してその目を刳り貫き1134年に死ぬまで幽閉、ノルマンディー公国を手に入れた[1][4][5]

だが、手に入れたノルマンディーは危険な状況になっていた。ノルマンディー公国の宿敵であるアンジューメーヌフルク5世フランスルイ6世と同盟し敵対したからであり、ヘンリー1世の甥でロベール2世の息子ギヨーム・クリトンがノルマンディー公位を要求して彼等と手を組み、ギヨームを支持してヘンリー1世に反抗するシュルーズベリー伯爵ロバート・オブ・ベレーム英語版らノルマン貴族たちや、フルク5世の親戚のアモーリー・ド・モンフォールも連携したことでヘンリー1世は窮地に立った[6][7][8]

1112年に反撃に出てシュルーズベリー伯を逮捕してからは好転、軍事的に優位に立つとフルク5世と和睦、翌1113年にメーヌにおいてフルク5世の臣従を認め、フルク5世の長女マティルドと息子ウィリアム・アデリンの婚約(1119年結婚)も交わし、ルイ6世とも和睦してノルマンディーは一時平和になった。しかしモンフォールが再度ヘンリー1世に反乱を起こすと、ルイ6世とフルク5世は敵に戻り、フランドル伯ボードゥアン7世も介入してノルマンディーへ侵攻して苦戦は続き、1118年にはアランソンでフルク5世に敗北している[4][6][7][9]

同年にボードゥアン7世が負傷して離脱すると再起しフルク5世と再び和睦、1119年8月20日ブレミュールの戦い英語版でルイ6世とギヨームの連合軍を破り、ルイ6世に自らのノルマンディー支配と息子ウィリアムの臣従を認めさせた。騒乱は収まったかに見えたが、翌1120年にウィリアムがホワイトシップの遭難により事故死した後、フルク5世は1123年に次女シビーユとギヨームを結婚させまたもや敵方に回り、ノルマンディーでも3度モンフォールら諸侯の反乱が発生した。ヘンリー1世は翌1124年に諸侯の反乱を破り、ローマ教皇に働きかけてシビーユとギヨームの結婚を無効にしてフルク5世との連携を絶った。ルイ6世はギヨーム支持に戻り空位になったフランドル伯位をギヨームに与えたが、1128年にギヨームが戦死したことでようやくノルマンディー支配は安定を見せた[注 1][1][7][10]

以後はフルク5世との和睦に腐心、同年にフルク5世の嫡子でマティルドの弟ジョフロワ4世とヘンリー1世の娘かつウィリアムの姉マティルダを結婚させた。1133年に2人の間に生まれた孫アンリが後にイングランド王ヘンリー2世としてプランタジネット朝を創始する(フルク5世は結婚した息子にアンジューを譲り、エルサレム王国へ向かい王女メリザンドと再婚、エルサレムを治めることになる)[7][11]

政策[編集]

ヘンリー1世

ヘンリー1世は有能な支配者で、即位すると大憲章(マグナ・カルタ)の祖とも言われる[12]戴冠憲章(Charter of Coronation (Liberties))を定め、巡回裁判を広く行い「公正の獅子」(Lion of Justice)と呼ばれるように領内を良く治めたとされる。また、彼の学究的な態度からボクレール(beauclerc、碩学王)の渾名を持つ[13]

良く治めたという評価は、兄の急死を受けて即位した彼の立場の弱さが、大貴族に対する妥協を生んだ結果、彼等と対立しなかった(むしろ対決できなかった)だけであり、議会重視の立場を取る歴史家達の評価である(逆に大貴族と対立することが専制の証となり無能の烙印を押されがちである)[要出典]

戴冠憲章は契約ではなく政治綱領だが、ヘンリー1世は恣意的な権力に侵されない国民の権利を保証、先代ウィリアム2世の悪弊(教会や俗人からの様々な徴税による収入増加)を正すことを誓い、聖職売買(シモニア)や不当徴税を止めること、エドワード懺悔王時代の法の復活・遵守を宣言した。またイングランド・ノルマンディーとイギリス海峡の両岸を押さえたことにより、イングランドを不在にすることが多くなり、王不在のイングランドを統治するための行政機構を整備した[1][14]

王の支出管理組織として宮廷財務室と文書作成組織の尚書部と長官たる尚書部長官(大法官)、王の財産・機密文書などを管理する宝蔵室を拡充、収入管理組織としてイクスチェッカー財務省の原型)が地方財政を担当しただけでなく、国王不在時の行政の最高責任者である最高法官英語版が管轄に置いて行政・財政・司法を担当、国王の長期不在には最高法官と尚書部長官、宝蔵室長官が代理統治する体制を作った。裁判組織であるキュリア・レジスに常任裁判官も加え、この組織や王に代わる裁判担当と最高法官の補佐の役目を与え、地方を巡回して王領の経営状況を調査、住民訴訟も扱う巡回裁判も定期化させた。こうした基盤固めに成功したおかげでイングランドは安定、1106年以後治世の半分をノルマンディーで過ごせるようになった[注 2][1][15]

さらに1100年11月、サクソン王エドマンド2世の曾孫に当たるマティルダスコットランドマルカム3世とエドマンド2世の孫娘マーガレットの娘:幼名イーディス)と結婚するとノルマン人アングロ・サクソン人の和解を目指した。また、カンタベリー大司教アンセルムスと和解し、1107年ロンドン協約でウィリアム2世の代から続いていた教会との聖職叙任権問題を解決した[1][4][16][17]

ノルマン朝支配に抵抗していたウェールズに対しては支配の浸透を図り、直轄領創設とウェールズ内のイングランド領主を封建制で従属する方針、腹心へ所領授与する一方で反抗的な領主を討伐する姿勢を取り、ウェールズを硬軟用いた政策で従属させる方針に出た。ウェールズ諸侯は勢力拡大しつつもヘンリー1世とは争わず、ウェールズは当面大きな戦争は無く反乱も起こらなかった。スコットランドにも干渉してカーライル教区英語版を設け、義兄に当たる国王アレグザンダー1世に庶子シビラを嫁がせ親密な関係となった。1124年に子が無いまま死去したアレグザンダー1世の後を継いだ弟のデイヴィッド1世とも親しくなり、スコットランドとイングランドの関係は緊密化した[18]

グレゴリウス改革に対して[編集]

聖職者妻帯(ニコライムス)と聖職売買(シモニア)を取り締まろうとしたグレゴリウス改革に関して、聖職者妻帯に関しては、罰金を課しその罰金を対ノルマンディー戦に流用するつもりだったらしく、厳しく取り締まろうとしなかった。ヘンリー1世の側近の大法官兼ソールズベリー司教ロジャー・オブ・ソールズベリー英語版なども妻帯していた[19]

聖職売買に関して、俗人による聖職叙任が問題となった大陸諸国の様子を踏まえて、司教叙任の際に国王の同意が必要と言う条件だけを確保した[16][20]。以前の王達と違い、修道士出身の司教よりも在俗聖職者を司教にすることが多く、特に、自らの詔書局(大抵は宮廷礼拝堂付き司祭ことチャプレン)で働いた聖職者達をノルマンディーやイングランドの司教に転出させ、その働きに報いた[21]

後継者問題[編集]

このような施策により、イングランド王権は強化され、国内は安定したが、晩年には王位継承問題に苦しんだ。

ヘンリー1世には20人を超える庶子がいたが、相続権を持つ嫡子はマティルダとウィリアムの2人きりだった。1120年にウィリアムをホワイトシップの遭難で失い、最初の妃マティルダは1118年に死去していたので、新たな世継ぎを儲けるためにアデライザ・オブ・ルーヴァン(ルーヴァン伯ゴドフロワ1世の娘、先妻との娘マティルダより1歳年下)と再婚したが、結局若い王妃は妊娠しなかった[7][22]

このため、神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世に嫁がせていたマティルダが1125年に夫に先立たれるとイングランドに呼び戻して後継者に指名、1126年1127年の2度王侯貴族たちにマティルダへの王位継承を認める臣従の誓いを交わした(誓約した王族には甥のスティーブンと庶子のグロスター伯ロバート、デイヴィッド1世も含む)。1133年には生まれたばかりの孫アンリにも臣従する誓約を貴族たちと交わしたが、晩年はイングランド・ノルマンディーがマティルダの夫のアンジュー伯ジョフロワ4世を通じて宿敵アンジュー家ガティネ家)に乗っ取られる恐れを抱く貴族たちの不満、ノルマンディーとアンジュー国境地帯の要塞群を望む娘夫婦との対立など、不安を抱えたまま1135年に亡くなった[1][7][23]

ヘンリー1世の死後、スティーブンが誓約を破りマティルダを出し抜いてイングランドに上陸、貴族や聖職者たちの支持でイングランド王に即位した。反発したマティルダは夫や異母兄グロスター伯と共に従兄スティーブンと王位を争い、イングランドを無政府状態に導くことになり、ノルマン朝は3代で終焉した(ウィリアム1世の外孫であるスティーブンを含めれば4代と見なすこともできる)[1][7][24]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム2世
 
アデル
 
ヘンリー1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スティーブン
 
マティルダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伝承[編集]

ビタミンAを大量に含むことから、度を超えて摂取すると健康を害しうる、ヤツメウナギの料理の食べ過ぎで死亡したとされる伝説がある[25]

子女[編集]

マティルダ・オブ・スコットランドとの間に1男1女があった。

1121年に結婚したアデライザ・オブ・ルーヴァンとの間には子がいなかった。

以下を含め20人以上の庶子を儲けた。

  • ロバート(1090年頃 - 1147年) - グロスター伯
  • レジナルド(? - 1175年) - コーンウォール伯
  • シビラ(1092年頃 - 1122年) - スコットランドアレグザンダー1世と結婚
  • マティルダ(1090年? - 1120年) - ペルシュ伯ロトルー2世と結婚、ホワイトシップの遭難に遭い死去。
  • マティルダ - ブルターニュコナン3世と結婚
  • コンスタンス - メーヌ子爵ロスラン・ド・ボーモン(fr)と結婚。孫エルマンガルド・ド・ボーモンはスコットランド王ウィリアム1世と結婚
  • アリス - フランス軍総司令官マチュー・ド・モンモランシーと結婚

注釈[編集]

  1. ^ フランドル伯位はロベール2世から息子ボードゥアン7世へと継承されたが、ボードゥアン7世亡き後にフランドル伯となったシャルル1世1127年に家臣に暗殺され、空位になったフランドル伯位をルイ6世がギヨームに与えた。しかしルイ6世の傀儡だったギヨームは諸都市と対立したため、対抗馬として都市が推したティエリー・ダルザスとの争いになり戦死、フランドル伯位を手に入れたティエリー・ダルザスはヘンリー1世へ臣従したため、結果的にヘンリー1世にとっては宿敵が消えて味方が増えたことになる。朝治、P28、P200 - P201、君塚、P56。
  2. ^ ヘンリー1世は国王不在でも統治を行う組織の確立、および王が家政組織を率いてイングランド・ノルマンディー両国を巡回・統治して全体の統一を図る方法を取り、在地統治組織と君主の家政組織の分離が進んだ。前者は最高法官・イクスチェッカー・常任裁判官が、後者は宮廷財務室・尚書部・宝蔵室が担当した。青山、P223 - P224、君塚、P51。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 松村、P322。
  2. ^ 森、P28。朝治、P21、君塚、P45。
  3. ^ 森、P28 - P29、青山、P220 - P221、君塚、P46 - P49。
  4. ^ a b c 青山、P221。
  5. ^ 松村、P642、朝治、P23 - P25、P199 - P200、君塚、P49 - P50。
  6. ^ a b ルゴエレル、P29。
  7. ^ a b c d e f g 君塚、P53 - P56。
  8. ^ 朝治、P25 - P26。
  9. ^ 朝治、P26 - P27。
  10. ^ ルゴエレル、P29 - P30、朝治、P27 - P29。
  11. ^ 青山、P221 - P222、ルゴエレル、P30、朝治、P27 - P29。
  12. ^ フレデリック・メイトランド『イングランド憲法史』創文社、1981年、P14。
  13. ^ 森、P29。
  14. ^ 青山、P222 - P223、君塚、P50 - P51。
  15. ^ 青山、P224 - P225、君塚、P51 - P52。
  16. ^ a b 森、P30。
  17. ^ 青山、P222 - P223、山代、P80 - P81、朝治、P23、君塚、P49。
  18. ^ 青山、P302 - P304、P330 - P332、P337、朝治、P234。
  19. ^ 山代、P5 - P6、P88 - P89、P166。
  20. ^ 朝治、P182。
  21. ^ 山代、P5、P106 - P110。
  22. ^ 森、P31 - P34。
  23. ^ 森、P34 - P35、ルゴエレル、P31、朝治、P29、P234 - P235。
  24. ^ 森、P37 - P38、青山、P225 - P227、ルゴエレル、P31、君塚、P56 - P60。
  25. ^ ヘンリー・オブ・ハンティングドン『アングル人の歴史(Historia Anglorum)』12世紀、森、P35。

参考文献[編集]

関連項目[編集]