アン (イギリス女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アン
Anne
イングランド女王
スコットランド女王
グレートブリテン王国女王
Anne1705.jpg
在位 1702年3月8日 - 1707年5月1日
(イングランド・スコットランド女王)
1707年5月1日 - 1714年8月1日
(グレートブリテン女王)
戴冠 1702年4月23日
別号 アイルランド女王
出生 1665年2月6日
イングランド王国の旗 イングランド王国セント・ジェームズ宮殿
死去 1714年8月1日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ケンジントン宮殿
埋葬 1714年8月24日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ウェストミンスター寺院
配偶者 ジョージ・オブ・デンマーク
王家 ステュアート家
王朝 ステュアート朝
父親 ジェームズ2世
母親 アン・ハイド
テンプレートを表示

アン: Anne Stuart, 1665年2月6日 - 1714年8月1日)は、最後のイングランド王国スコットランド王国君主(女王、在位:1702年4月23日 - 1707年4月30日)で、最初のグレートブリテン王国君主(女王、在位:1707年5月1日 - 1714年8月1日)、及びアイルランド女王。ステュアート朝最後の君主でもある。ブランデー好きであったことから、ブランデー・ナン: Brandy Nan)の異名で知られている。

生涯[編集]

即位以前[編集]

1665年、ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)と最初の妃でクラレンドン伯爵エドワード・ハイドの娘アン・ハイドの次女として生まれた。姉にメアリー2世、異母弟にジェームズ・フィッツジェームズジェームズ・フランシス・エドワード(老僭王)、異母妹にルイーザ・マリア・テレーザがいる。

姉と共に後のロンドン主教ヘンリー・コンプトンの下でプロテスタントとして育てられたが、教養があまりなく、読書や芸術よりスポーツや乗馬を好んだ。父の宮廷の女官で、後にマールバラ公ジョン・チャーチル夫人となるサラ・ジェニングスは少女時代からの親しい友人である。1683年7月28日デンマークノルウェー王フレデリク3世の次男でクリスティアン5世の弟ヨウエン(ジョージ)と結婚した。ジョージは1689年カンバーランド公に叙されている。

夫婦仲はよく、毎年のように妊娠したが(合計17回)、双子を含め6回の流産、6回の死産を経験した。1685年に産まれたメアリー、1686年に産まれたアン・ソフィアは2年も経たないうちに天然痘で命を落としている。1689年7月ハンプトン・コート宮殿グロスター公ウィリアムを出産したが、ウィリアムも生来の水頭症がたたり、11歳の時に猩紅熱で命を落とすことになった。1690年に産まれた女児、1692年に産まれた男児もそれぞれ生後数時間で死亡している。不幸な出産の原因は、抗リン脂質抗体症候群(APS)を患っていたためとされている。

1688年名誉革命では、姉の夫で従兄でもあるオランダ総督オラニエ公ウィレム3世がイングランドに上陸すると、ロンドンからサラと共に脱出してウィレム3世のもとに投降した。父が追放された後、姉夫婦がメアリー2世・ウィリアム3世として共に即位するが、2人に子がなかったので、早くから王位継承者の候補と目されるようになり、ホワイトホール宮殿の一室を与えられ、そこで生活した。

しかし1692年、ジェームズ2世の元の寵臣であった将軍マールバラ伯ジョン・チャーチルが、旧主ジェームズと極秘裏に通信した疑惑によりロンドン塔へ投獄された時、マールバラ伯がアンの友人サラを妻としていたためにアンは投獄に反対し、ウィリアム3世・メアリー2世と仲違いした。この事件以降、アンはメアリー2世と絶交状態になり、親交があったサマセット公チャールズ・シーモアエリザベス・シーモア夫妻から借りたロンドン郊外のサイオン・ハウスに引っ越して宮廷から遠ざかったが、メアリー2世が1694年に死去するとウィリアム3世と和解、セント・ジェームズ宮殿に移り住んだ[1]

治世[編集]

メアリー2世死後に単独統治を続けていたウィリアム3世が1702年に没すると、アンがイングランド、スコットランド、アイルランドの女王に即位した。夫ジョージは「女王の配偶者」(王配、Prince Consort)及び海軍総司令官の地位を与えられたが、統治者としての君臨は行わなかった。

アンが即位した時、先王の生前に準備されていたスペイン継承戦争が本格化し、イングランドはオランダと共にオーストリアと同盟して、フランスおよびスペインと戦うことになった。アンは友人の夫マールバラ伯をイングランド軍総司令官に任命してフランドルドイツに派遣し、マールバラ伯の友人シドニー・ゴドルフィン大蔵卿に任命して戦争を遂行させた。

マールバラ伯はネーデルラント戦線(現ベルギー)で大きな戦果を挙げ、アンは彼をマールバラ公爵に叙任した。1704年にはマールバラ公は南ドイツで行われたブレンハイムの戦いでフランス軍を破る大戦果をあげ、その後もフランドル方面で戦勝を重ねた。ブレンハイムの戦勝を記念してマールバラ公に恩賞を与えオックスフォードシャーの領地を授与、邸宅建築の資金提供も決定した。この場所で建設されたのがブレナム宮殿である。

また、スペインとの戦いでは、イギリス艦隊がスペインのジブラルタルを陥落させた。イギリスとフランスが北アメリカ植民地で繰り広げた戦いはアン女王戦争と呼ばれているが、こちらは決着がつかなかった。

戦争中の1707年5月1日には、イングランド・スコットランド両国の合同法が成立し、ジェームズ1世以来100年余りにわたって同君連合を結んできた両国は正式に統合されたグレートブリテン王国になり、アンはグレートブリテン王国最初の君主となった[2]。統合が成立した背景には、後述の王位継承問題が絡んでいた。

1708年にスコットランド民兵法の裁可を拒否する形で拒否権を発動。これはイギリス政治史で2017年時点で最後の国王の拒否権発動である[3]

晩年[編集]

マールバラ公爵夫人となったサラは女王の側近にあって夫の代弁者となり、戦争の遂行を女王に進言していたが、次第に女王は和平推進派に傾き始め、サラを疎むようになった。また、サラが支持していたホイッグ党を嫌っていて、1705年からゴドルフィンが政権運営の必要上ホイッグ党と連携したことにも不満を抱き、サラの従妹アビゲイル・メイシャムを重用しトーリー党に近付いていった。

1710年、アンはついにサラを宮廷から追放、同年に行われた選挙の結果、和平推進派のトーリー党が政権の座についた。ゴドルフィンは更迭されトーリー党の指導者ロバート・ハーレーヘンリー・シンジョンらが政権の頂点に立ち和平に動き、マールバラ公の軍資金横領疑惑の調査が行われ、翌年に横領が報告されてマールバラ公は失脚した。主戦論者マールバラ公の失脚でスペイン継承戦争は和平交渉が開始され、1713年ユトレヒト条約が締結された。この条約でイギリスは、現在に至るまで領有しているジブラルタルなど複数の海外領土を獲得した[4]

アンには成人した子がいなかったので、即位前から将来の王の後継者は問題となった。アンには父に従ってフランスに亡命した異母弟ジェームズがいたが、ジェームズはカトリック信者であり、プロテスタント中心で、かつカトリックの王による専制復活を警戒する議会勢力は即位を望まなかった。そこで、ステュアート家の血を引きプロテスタントである、アンの曾祖父ジェームズ1世の外孫ソフィア(ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストゾフィー)の子孫が継承者となるべきことを定めた王位継承法が議会で制定された。

アンが1714年に死去するとステュアート朝は断絶し、ソフィアの長男で又従兄に当たるハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒが迎えられ、ジョージ1世として即位した。ハーレー・シンジョンらは晩年のアンの信任を失いジョージ1世からも見限られていたためホイッグ党の逆襲を受け失脚、ジェームズの王位奪還を目指したジャコバイトの反乱も即座に鎮圧されホイッグ党政権が成立した。以後、ジョージ1世のハノーヴァー朝議会制民主主義が発達していった。

アンは肥満体質(ブランデーの飲み過ぎが原因だったと伝えられている)で、どこへ行くにも輿に乗っていたが、晩年は全く歩くことができないほど肥満が進み、宮殿内を移動するにも車椅子を使っていた。1714年に死去した時、その棺桶は正方形に近いものだったという。また、旧友の1人エリザベス・シーモアとは死去するまで親交を結び、エリザベスを戯詩『ウィンザーの予言』で非難したジョナサン・スウィフトに対して昇進を妨害している[5]

王家の編む閨閥家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
イングランド王ジェームズ1世
 
アン・オブ・デンマーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス
(アンリエット・マリー・ド・ブルボン)
 
イングランド王チャールズ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③イングランド王チャールズ2世
 
メアリー・ヘンリエッタ・ステュアート
 
オラニエ公ウィレム2世
(オランダ総督)
 
④イングランド王ジェームズ2世
 
アン・ハイド
 
ヘンリエッタ・アン
 
オルレアン公フィリップ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑤イングランド王ウィリアム3世
 
⑤イングランド女王メアリー2世
 
ジェームズ(老僭王)
 
⑥イギリス女王アン
 
ヨウエン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ(若僭王)
 
ヘンリー・ベネディクト・ステュアート
 
夭逝

脚注[編集]

  1. ^ 『イギリスの大貴族』P99、『イギリス革命史(上)』P265 - P267、『イギリス革命史(下)』P77、P100 - P106、P109、P159 - P160、P208 - P209。
  2. ^ 『ロビンソン・クルーソー』のダニエル・デフォーはアン王女のインテリジェンス(スパイ活動)を担って、統合に暗躍した(川成洋『紳士の国のインテリジェンス』集英社新書2007年「グレート・ブリテン王国」誕生の陰の立役者ダニエル・デフォー(1660~1731)」)。
  3. ^ 『スペイン継承戦争』P51 - P65、P123 - P126、P131、P181 - P194、P307 - P309
  4. ^ 『スペイン継承戦争』P147 - P149、P207 - P209、P284 - P289、P294 - P297、P332 - P333、P355 - P360。
  5. ^ 『イギリスの大貴族』P88 - P90、P98 - P103、『スペイン継承戦争』P30 - P33、P367 - P396。

参考文献[編集]

  • 友清理士『イギリス革命史(上)・(下)』研究社、2004年。
  • 海保眞夫『イギリスの大貴族』平凡社、1999年。
  • 友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史彩流社、2007年。

関連項目[編集]