大法官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスの旗 イギリス
大法官
Lord Chancellor
担当官庁 司法省
任命者 女王エリザベス2世(首相の助言により)
初代 ハーファスト[1]
創設 1068年[1](連合王国大法官としては1707年5月)
テンプレートを表示

大法官(だいほうかん、英語: Lord Chancellor)は、イングランドイギリスの官職である。中世に創設され、イギリスに現存する官職の中で最も古い官職と言われる。中世以来国璽の管理にあたり、その権限を通じて様々な行政上の職務を管理下に置く大臣職となった。内閣首相が登場してくるまで主要閣僚の地位を占めていた[2]15世紀半ば頃から議会上院貴族院)議長も兼ねるようになった[3]。貴族院は2009年まで最高裁判所でもあったため司法機能も有した。しかし貴族院議長の役割は2005年憲法改革法英語版により削除された(代わって貴族院議長職が新設された)。現在の大法官はイギリスの内閣における司法省を所管する閣僚職という役割に限定されている[4]。臣下の宮中席次においてはカンタベリー大主教に次ぐ第二位であり、首相よりも上位者である[2]

歴史[編集]

その由来はエドワード懺悔王11世紀中頃に遡ると言われている[3]605年に創設されたとする異説もあり、イギリスに現存する最も古い官職である[2]

始めの頃は国王の書記長だったため文字を書ける聖職者が多く任命されていた[3]。聖職者が兼務する場合には宮廷の礼拝堂を併せて管轄したとされる。また「Lord Chancellor」という呼称は「cancelli」(=「囲い格子」)に由来し、宮廷の礼拝堂の衝立の後方に大法官の執務の間が設置されていたからであるという説がある。

12世紀初めまでに王政庁の重要職となり、国璽の管理と国璽を必要とする法令等の作成・発給などの行政事務を行った。また国政に関する国王の助言役でもあった[3]

プランタジネット朝以後、国王の行動範囲が拡大されて国王の滞在地とともに移動してきた王政庁の中で大法官の職務を維持することは次第と困難になり、やがて13世紀には王政庁の文書局部門とともに独立して、ロンドンウェストミンスター大法官府Lord Chancellor's Department)と呼ばれる常設官庁として設置されるに至った。この時代にはその職務柄ゆえに国王の宰相としての職務を行うようになる一方で、大法官府自体は単なる事務官庁と化してしまい、大法官本来の職務の重要性は低下するようになった。

14世紀に入ると、コモン・ローによって救済を得られなかった者から国王に対してなされた直接の請願・訴えを処理する大法官裁判所英語版が併置され、衡平法裁判所(Court of equity)としての役割を果たす[3]。更に15世紀半ばにイングランド議会が上下両院に分かれると、上院(貴族院)の議長を兼務するようになった[3]

テューダー朝期には政治的発言力が増し、特にトマス・ウルジーは絶大な権勢を誇った[3]。しかしこの頃から、コモン・ローに精通した法律家が大法官になるケースが増えていき(その第一号はトマス・モアだといわれている)、1625年以後は聖職者の大法官は姿を消す[3]

だが、一方で巨大となった大法官の権限削減の動きが現れる。まず、財政部門が切り離されて「財務府」(現在のイギリス財務省)が独立した。「大蔵府」(「財務府」の一部が分離して成立、王室の財政を司る)の長である第一大蔵卿首相として内閣を率いて国政の最高責任者としての地位を大法官から奪った(1721年)。更に1873年の「裁判所法」制定に伴う司法改革によって、大法官府を縮小され、高等法院と上院に権限が分割され、上院が最終上級裁判所(最高裁判所)を形成し、上院議長である大法官がその長官を兼務して、治安判事以下の司法官の人事権者となった。国璽管理事務は閣僚の王璽尚書が扱うことになった。

21世紀初頭の改革[編集]

初の下院議員大法官となったジャック・ストロー
初の下院議員大法官となったジャック・ストロー

伝統的なイギリス法での考えでは、カンタベリー大主教(第一位)の次である第二位の序列にあり、イギリスの俗人としては最高の地位にある大法官が、より下位の序列にある首相によって任免されると言う矛盾した状態にある。そのうえ、大法官が最高裁判所を率いて裁判官の人事を決定するのは三権分立原則に反しているとも言え、「権力分立の歩く矛盾」と呼ばれた(貴族院では大法官も審理に加わる資格はあるが、通常審理参加を放棄する旨を表明する事となっていた)。この結果、ブレア内閣によって上院改革と平行して大法官制度の改革が行われた。

まず2003年6月12日に大法官府が廃止され、代わって憲法事項省Department for Constitutional Affairs)が設置され[5]、大法官は「憲法事項大臣」(Secretary of State for Constitutional Affairs)の称号を帯びるようになった。憲法事項省は、大法官府が取り扱っていた登記などの民事事務を引き継ぐと共に、新たな所轄事項として憲法の成文化なども扱っている。なお、憲法事項省・憲法事項大臣は、2007年5月9日より司法省(Ministry of Justice)・司法大臣(Secretary of State for Justice)と改称している。

ついで2005年に「2005年憲法改革法」(Constitutional Reform Act 2005)が成立し、上院議員の選挙で選ぶ貴族院議長連合王国最高裁判所が設置され、大法官は立法権及び司法権における地位と権限を失った[5]。初代上院議長は2006年7月4日にヘイマン女男爵が選出され、連合王国最高裁判所は2010年10月1日に上院の常任上訴貴族(Lords of Appeal in Ordinary)12名を初代裁判官として発足した。

ブレア内閣による改革後も、必ず貴族が就任する閣僚の一つという慣習はしばらくの間守られてきた[6]。しかし2007年6月のブラウン内閣発足に際し、ジャック・ストロー庶民院(下院)議員としては史上初めて大法官に任ぜられた。キャメロン内閣メイ内閣で任命された5人の大法官も下院議員であり、「下院議員は上院本会議では発言できない」との慣習により、上院本会議から大法官が姿を消した状態が続いている。なお、枢密院の機関である王立委員会(Royal Commission) は、大法官が主宰し上院議場で開催される慣例になっていたが、ブラウン内閣以降は上院本会議に倣い欠席を通例とし、貴族院議長が主宰を代行している。

今日では大法官は枢密院と内閣の閣僚の一員として首相の任免権に服する事になっている。大臣としての大法官は主に民事案件と憲法成文化を司る司法省を統轄し、刑事案件を取り扱う法務長官率いる法務長官府と共に法律事務を行っている。

大法官は臣下の宮中席次においては首相よりも上位の席次であり、カンタベリー大主教に次ぐ第二位の立場にある[2]

歴代大法官[編集]

イングランド大法官・国璽尚書 (1068–1707)[編集]

11世紀[編集]

12世紀[編集]

13世紀[編集]

14世紀[編集]

15世紀[編集]

1500年–1654年[編集]

肖像 名前 在任期間 他の役職 国王
(在位)
ヘンリー・ディーン英語版 1500年-1502年 カンタベリー大司教 ヘンリー7世
(1485–1509)
Hans Holbein d. J. 066.jpg ウィリアム・ウォーハム英語版 1502年-1515年[注釈 3] カンタベリー大司教
ヘンリー8世
(1509–1547)
Cardinal Thomas Wolsey.jpg トマス・ウルジー 1515年-1529年 枢機卿
ヨーク大司教
Hans Holbein, the Younger - Sir Thomas More - Google Art Project.jpg サー・トマス・モア 1529年-1532年
Thomas Audley (c.1488–1544), Lord Audley, 1569.jpg ウォルデンの初代オードリー男爵[注釈 4]
サー・トマス・オードリー英語版
1532年-1544年
Thomas Wriothesley, 1st Earl of Southampton by Hans Holbein the Younger.jpg 初代リズリー男爵
トマス・リズリー英語版
1544年-1547年
エドワード6世
(1547–1553)
William Paulet, 1st Marquess of Winchester from NPG.jpg ベイジングの初代セントジョン男爵
ウィリアム・ポーレット
1547年[注釈 1]
Hans Holbein the Younger - Sir Richard Rich, later 1st Baron Rich RL 12238.jpg 初代リッチ男爵英語版[注釈 5]
リチャード・リッチ英語版
1547年-1551年
ThomasGoodrich.jpg トマス・グッドリッチ英語版 1552年-1553年 エリー司教
Stephen Gardiner.jpg スティーブン・ガーディナー英語版 1553年-1555年 ウィンチェスター司教 メアリー1世
(1553–1558)
Nicholas Heath by Hans Eworth.jpg ニコラス・ヒース英語版 1555年-1558年 ヨーク大司教
Sir Nicholas Bacon.jpeg サー・ニコラス・ベーコン 1558年-1579年[注釈 1] エリザベス1世
(1558–1603)
ThomasBromley.jpg サー・トマス・ブロムリー英語版 1579年-1587年
Sir Christopher Hatton from NPG (2) cropped.jpg サー・クリストファー・ハットン英語版 1587年-1591年
委員会制(1591年-1592年)
Sir John Puckering WeissGallery.jpg サー・ジョン・パッカリング英語版 1592年-1596年[注釈 1]
Thomas Egerton, 1st Viscount Brackley from NPG.jpg 初代ブラックリー子爵[注釈 6]
トマス・エジャートン
1596年5月6日-1617年3月5日[注釈 7]
ジェイムズ1世
(1603–1625)
William Larkin Francis Bacon.jpg 初代ヴェルーラム男爵英語版
フランシス・ベーコン[注釈 8]
1617年3月7日-1621年[注釈 9]
委員会制(1621年)
Abp John Williams by Gilbert Jackson.jpg ジョン・ウィリアムズ英語版 1621年-1625年[注釈 1] リンカーン主教
1stLordCoventry.jpg 初代コヴェントリー男爵英語版[注釈 10]
トマス・コヴェントリー英語版
1625年-1640年[注釈 1] チャールズ1世
(1625–1649)
John Finch, 1st Baron Finch by Sir Anthony Van Dyck lowres color.jpg 初代フィンチ男爵
ジョン・フィンチ英語版
1640年-1641年[注釈 1]
Edward Littleton, Baron Littleton by Sir Anthony Van Dyck.jpg 初代リトルトン男爵英語版
エドワード・リトルトン英語版
1641年-1645年[注釈 1]
サー・リチャード・レーン英語版 1645年-1650年[注釈 1]
チャールズ2世
[注釈 11]
1650年から1653年まで空席
サー・エドワード・ハーバート英語版 1653年-1654年[注釈 1]

議会の国璽の委員 1643年–1660年[編集]

名前[7]
委員会制(1643年11月-1646年10月)
委員会制(1646年-1648年)
委員会制(1648年-1649年)
委員会制(1649年-1654年)
委員会制(1654年-1656年)
委員会制(1656年-1659年)
委員会制(1659年1月-1659年6月)
委員会制(1659年6月-1660年)
委員会制(1660年)

1660年王政復古から1707年合同法まで[編集]

肖像 名前 在任期間 国王
(在位)
WH 1st Earl of Clarendon.png 初代クラレンドン伯爵[注釈 14]
エドワード・ハイド
1658年1月13日
-1667年8月30日
チャールズ2世
(1660–1685)
SirOrlandoBridgemanLC.jpg 初代準男爵英語版
サー・オーランド・ブリッジマン英語版
1667年8月31日
-1672年11月17日[注釈 1]
Anthony Ashley-Cooper, 1st Earl of Shaftesbury.jpg 初代シャフツベリ伯爵
アンソニー・アシュリー=クーパー
1672年11月17日
-1673年11月9日
Heneage Finch, 1st Earl of Nottingham by Sir Godfrey Kneller, Bt.jpg 初代ノッティンガム伯爵[注釈 15]
ヘンエッジ・フィンチ英語版
1673年11月9日
-1682年12月18日[注釈 16]
Francis North, 1st Baron Guilford by John Riley lowres color.jpg 初代ギルフォード男爵[注釈 17]
フランシス・ノース英語版
1682年12月20日
-1685年9月5日[注釈 1]
ジェイムズ2世
(1685–1688)
George Jeffreys, 1st Baron Jeffreys of Wem by William Wolfgang Claret.jpg 初代ジェフリーズ男爵英語版
ジョージ・ジェフリーズ英語版
1685年9月28日
-1688年12月[注釈 1]
委員会制(1689年-1690年)
サー・ジョン・メイナード英語版
サー・アンソニー・ケック英語版
サー・ウィリアム・ローリンソン英語版
メアリー2世
(1689–1694)
&
ウィリアム3世
(1689–1702)
委員会制(1690年5月14日-1693年3月22日)
サー・ジョン・トレヴァー英語版
サー・ウィリアム・ローリンソン英語版
サー・ジョージ・ハッチンズ英語版
John Somers, Baron Somers by Sir Godfrey Kneller, Bt lowres color.jpg 初代サマーズ男爵英語版[注釈 18]
サー・ジョン・サマーズ
1693年3月23日
-1700年4月27日[注釈 19]
委員会制(1700年4月27日-1700年5月31日)
サー・ジョン・ホルト
サー・ジョージ・トレビー英語版
サー・エドワード・ワード英語版
Sir Nathan Wright LC by JB Closterman.jpg サー・ネーサン・ライト英語版 1700年5月31日
-1705年10月11日[注釈 1]
アン
(1702–1714)
William Earl Cowper LC by Jonathan Richardson.jpg 初代クーパー男爵英語版[注釈 20]
ウィリアム・クーパー英語版
1705年10月11日
-1707年5月4日[注釈 1]

イギリス大法官・国璽尚書 (1707年–現在)[編集]

      トーリー党           ホイッグ党           保守党           ピール派           自由党           労働党           挙国派自由党英語版
肖像 名前
(生没年)
期間 政党 内閣
(首相所属政党)
国王
(在位)
William Earl Cowper LC by Jonathan Richardson.jpg 初代クーパー男爵英語版
ウィリアム・クーパー英語版
(1665年頃–1723年)
1707年5月4日
-1710年9月23日[8]
無所属 ゴドルフィン=マールバラ内閣
(トーリー党)
アン
(1702–1714)
ハーレー内閣
(トーリー党)
委員会制(1710年9月26日-1710年10月19日)
サー・トマス・トレヴァー
ロバート・トレーシー英語版
ジョン・スクロープ英語版
Simon Viscount Harcourt LC by Godfrey Kneller.jpg 初代ハーコート子爵英語版
サイモン・ハーコート英語版
(1661–1727)
1710年10月19日
-1714年9月21日[注釈 21]
トーリー党
William Earl Cowper LC by Jonathan Richardson.jpg 初代クーパー男爵英語版
ウィリアム・クーパー英語版
(1665年頃–1723年)
1714年9月21日
-1718年4月15日
無所属 第2次タウンゼンド内閣英語版
(ホイッグ党)
ジョージ1世
(1714–1727)
第1次スタンホープ=サンダーランド内閣
(ホイッグ党)
委員会制(1718年4月18日-1718年5月12日)
サー・ロバート・トレーシー英語版
サー・ジョン・プラット
サー・ジェイムズ・モンタギュー英語版
第2次スタンホープ=サンダーランド内閣
(ホイッグ党)
The Rt. Honble. Thomas Ld. Parker Barn. of Macclesfield and Ld. High Chancelor of Great Britain etc NYPL Hades-286750-1253707) crop.jpg 初代マクルズフィールド伯爵[注釈 22]
トマス・パーカー
(1666–1732)
1718年5月12日
-1725年1月7日
ホイッグ党
ウォルポール=タウンゼンド内閣
(ホイッグ党)
委員会制 (1725年1月7日-1725年6月1日)
サー・ジョゼフ・ジキル英語版
サー・ジェフリー・ギルバート英語版
サー・ロバート・レイモンド英語版
Lord King LC.jpg 初代キング男爵英語版
ピーター・キング
(1669年–1734年)
1725年6月1日
-1733年11月29日
無所属
ジョージ2世
(1727–1760)
ウォルポール内閣
(ホイッグ党)
Charles Talbot, 1st Baron Talbot of Hensol by John Vanderbank.jpg 初代タルボット男爵
チャールズ・タルボット
(1685–1737)
1733年11月29日
-1737年2月14日
無所属
Philip Yorke, 1st Earl of Hardwicke (1690-1764) by William Hoare of Bath.jpg 初代ハードウィック伯爵[注釈 23]
フィリップ・ヨーク
(1690–1764)
1737年2月21日
-1756年11月19日
ホイッグ党
ウィルミントン伯爵内閣
(ホイッグ党)
ペラム内閣
(ホイッグ党)
第1次ニューカッスル公爵内閣
(ホイッグ党)
委員会制(1756年11月19日-1757年6月30日)
サー・ジョン・ウィリス英語版
サー・シドニー・スマイス英語版
サー・ジョン・アードレー・ウィルモット英語版
ピット=デヴォンシャー内閣
(ホイッグ党)
1757年暫定内閣
(ホイッグ党)
Robert Henley, 1st Earl of Northington by Thomas Hudson.jpg 初代ノーティントン伯爵[注釈 24]
ロバート・ヘンリー
(1708–1772)
1757年6月30日
-1766年7月30日[注釈 25]
ホイッグ党 第2次ニューカッスル公爵内閣
(ホイッグ党)
ジョージ3世
(1760–1820)
[注釈 26]
ビュート伯爵内閣
(トーリー党)
グレンヴィル内閣
(ホイッグ党)
第1次ロッキンガム侯爵内閣
(ホイッグ党)
Charles Pratt, 1st Earl Camden by Nathaniel Dance, (later Sir Nathaniel Dance-Holland, Bt).jpg 初代カムデン男爵英語版
チャールズ・プラット英語版
(1714–1794)
1766年7月30日
-1770年1月17日
ホイッグ党 チャタム伯爵内閣
(ホイッグ党)
グラフトン公爵内閣
(ホイッグ党)
Charles Yorke by Thomas Hudson.jpg チャールズ・ヨーク
(1722–1770)
1770年1月17日
-1770年1月20日
ホイッグ党
委員会制 (1770年1月21日-1771年1月23日)
サー・シドニー・スマイス英語版
ヘンリー・バサースト英語版
サー・リチャード・アストン英語版
ノース卿内閣英語版
(トーリー党)
2ndEarlBathurst.jpg 初代バサースト伯爵[注釈 27]
ヘンリー・バサースト英語版
(1714–1794)
1771年1月23日
-1778年6月3日
トーリー党
Edward Thurlow, Baron Thurlow by Sir Thomas Lawrence.jpg 初代サーロー男爵
エドワード・サーロー英語版
PC
(1731–1806)
1778年6月3日
-1783年4月7日
トーリー党
第2次ロッキンガム侯爵内閣
(ホイッグ党)
シェルバーン伯爵内閣
(ホイッグ党)
委員会制 (1783年4月9日-1783年12月23日)
初代ラフバラ男爵英語版アレグザンダー・ウェダーバーン英語版
サー・ウィリアム・アシャースト英語版
サー・ボーモント・ホーサム英語版
ポートランド公爵内閣
(ホイッグ党)
Edward Thurlow, Baron Thurlow by Sir Thomas Lawrence.jpg 初代サーロー男爵
エドワード・サーロー英語版
(1731–1806)
1783年12月23日
-1792年6月
トーリー党 第1次ピット内閣英語版
(トーリー党)
委員会制 (1792年6月15日-1793年1月28日)
サー・ジェイムズ・エア英語版
サー・ウィリアム・アシャースト英語版
サー・ジョン・ウィルソン英語版
Alexander Wedderburn, 1st Earl of Rosslyn (Lord Loughborough) by William Owen.jpg 初代ラフバラ男爵英語版
アレグザンダー・ウェダーバーン英語版
(1733–1805)
1793年1月28日
-1801年4月14日
無所属
John Scott Lord High Chancellor of England 1801–1806 by William Cowen.jpg 初代エルドン男爵英語版
ジョン・スコット英語版
(1751–1838)
1801年4月14日
-1806年2月7日
トーリー党 アディントン内閣英語版
(トーリー党)
第2次ピット内閣英語版
(トーリー党)
Lord Erskine LC.jpg 初代アースキン男爵英語版
トマス・アースキン英語版
(1750–1823)
1806年2月7日
-1807年4月1日
ホイッグ党 グレンヴィル男爵内閣英語版
(ホイッグ党)
John Scott Lord High Chancellor of England 1801–1806 by William Cowen.jpg 初代エルドン伯爵英語版[注釈 28]
ジョン・スコット英語版
(1751–1838)
1807年4月1日
-1827年4月12日
トーリー党 第2次ポートランド公内閣英語版
(トーリー党)
パーシヴァル内閣英語版
(トーリー党)
リヴァプール伯爵内閣英語版
(トーリー党)
ジョージ4世
(1820–1830)
Lord Lyndhurst LC by HW Pickersgill.jpg 初代リンドハースト男爵英語版
ジョン・コプリー英語版
(1772–1863)
1827年5月2日
-1830年11月24日
トーリー党 カニング内閣英語版
(トーリー党)
ゴドリッチ子爵内閣英語版
(トーリー党)
第1次ウェリントン公爵内閣英語版
(トーリー党)
ウィリアム4世
(1830–1837)
Lord Brougham & Vaux mezzotint.jpg 初代ブルーム=ヴォークス男爵
ヘンリー・ブルーム
(1778–1868)
1830年11月24日
-1834年7月9日
ホイッグ党 グレイ伯爵内閣英語版
(ホイッグ党)
第1次メルバーン子爵内閣英語版
(ホイッグ党)
Lord Lyndhurst LC by HW Pickersgill.jpg 初代リンドハースト男爵英語版
ジョン・コプリー英語版
(1772–1863)
1834年11月21日
-1835年4月8日
保守党 第2次ウェリントン公爵内閣英語版
(保守党)
第1次ピール内閣
(保守党)
委員会制 (1835年4月23日-1836年1月16日)
サー・チャールズ・ピープス英語版
サー・ランスロット・シャドウェル英語版
サー・ジョン・ボサンケット英語版
第2次メルバーン子爵内閣英語版
(ホイッグ党)
Charles Pepys, 1st Earl of Cottenham by Charles Robert Leslie cropped.jpg 初代コッテナム男爵英語版
チャールズ・ピープス英語版
(1781–1851)
1836年1月16日
-1841年8月30日
ホイッグ党
ヴィクトリア
(1837–1901)
Lord Lyndhurst LC by HW Pickersgill.jpg 初代リンドハースト男爵英語版
ジョン・コプリー英語版
(1772–1863)
1841年9月3日
-1846年6月27日
保守党 第2次ピール内閣英語版
(保守党)
Charles Pepys, 1st Earl of Cottenham by Charles Robert Leslie cropped.jpg 初代コッテナム男爵英語版
チャールズ・ピープス英語版
(1781–1851)
1846年7月6日
-1850年6月19日
ホイッグ党 第1次ラッセル内閣英語版
(ホイッグ党)
委員会制(1850年6月19日-1850年7月15日)
初代ラングデール男爵英語版ヘンリー・ビッカーズテス英語版
サー・ランスロット・シャドウェル英語版
サー・ロバート・ロルフ英語版
Thomas Wilde, 1st Baron Truro by Thomas Youngman Gooderson.jpg 初代トルーロー男爵英語版
トマス・ワイルド英語版
(1782–1855)
1850年7月15日
-1852年2月21日
ホイッグ党
1stLordStLeonards.jpg 初代セント・レナーズ男爵英語版
エドワード・サグデン英語版
(1781–1875)
1852年2月27日
-1852年12月17日
保守党 第1次ダービー伯爵内閣英語版
(保守党)
Robert Monsey Rolfe, Baron Cranworth by George Richmond.jpg 初代クランワース男爵英語版
ロバート・ロルフ英語版
(1790–1868)
1852年12月28日
-1858年2月21日
ホイッグ党 アバディーン伯爵内閣英語版
(ピール派)
第1次パーマストン子爵内閣英語版
(ホイッグ党)
Lord Chelmsford LC by EU Eddis (crop).jpg 初代チェルムスフォード男爵
フレデリック・セシジャー英語版
(1794–1878)
1858年2月26日
-1859年6月11日
保守党 第2次ダービー伯爵内閣英語版
(保守党)
Lord Campbell LC by GF Watts.jpg 初代キャンベル男爵
ジョン・キャンベル英語版
(1779–1861)
1859年6月18日
-1861年6月24日
自由党 第2次パーマストン子爵内閣
(自由党)
Lord Westbury LC.jpg 初代ウェストバリー男爵英語版
リチャード・ベセル英語版
(1800–1873)
1861年6月26日
-1865年7月7日
自由党
Robert Monsey Rolfe, Baron Cranworth by George Richmond.jpg 初代クランワース男爵英語版
ロバート・ロルフ英語版
(1790–1868)
1865年7月7日
-1866年6月26日
自由党
第2次ラッセル伯爵内閣
(自由党)
Lord Chelmsford LC by EU Eddis (crop).jpg 初代チェルムスフォード男爵
フレデリック・セシジャー英語版
(1794–1878)
1866年7月6日
-1868年2月29日
保守党 第3次ダービー伯爵内閣英語版
(保守党)
Lord Cairns LC by LC Dickinson.jpg 初代ケアンズ男爵
ヒュー・ケアンズ
(1819–1885)
1868年2月29日
-1868年12月1日
保守党 第1次ディズレーリ内閣
(保守党)
Lord Hatherley LC by George Richmond.jpg 初代ハザーレイ男爵英語版
ウィリアム・ウッド英語版
(1801–1881)
1868年12月9日
-1872年10月15日
自由党 第1次グラッドストン内閣
(自由党)
Lord Selborne LC by Bassano.jpg 初代セルボーン男爵
ラウンデル・パーマー
(1812–1895)
1872年10月15日
-1874年2月17日
自由党
Lord Cairns LC by LC Dickinson.jpg 初代ケアンズ伯爵[注釈 29]
ヒュー・ケアンズ
(1819–1885)
1874年2月21日
-1880年4月21日
保守党 第2次ディズレーリ内閣
(保守党)
Lord Selborne LC by Bassano.jpg 初代セルボーン伯爵[注釈 30]
ラウンデル・パーマー
(1812–1895)
1880年4月28日
-1885年6月9日
自由党 第2次グラッドストン内閣
(自由党)
Hardinge Giffard, 1st Earl of Halsbury.jpg 初代ハルズベリー男爵英語版
ハーディング・ジファード英語版
(1823–1921)
1885年6月24日
-1886年1月28日
保守党 第1次ソールズベリー侯爵内閣
(保守党)
Farrer Lord Herschell LC by Hubert von Herkomer.jpg 初代ハーシェル男爵英語版
ファーレー・ハーシェル英語版
(1837–1899)
1886年2月6日
-1886年7月20日
自由党 第3次グラッドストン内閣
(自由党)
Hardinge Giffard, 1st Earl of Halsbury.jpg 初代ハルズベリー男爵英語版
ハーディング・ジファード英語版
(1823–1921)
1886年8月3日
-1892年8月11日
保守党 第2次ソールズベリー侯爵内閣
(保守党)
Farrer Lord Herschell LC by Hubert von Herkomer.jpg 初代ハーシェル男爵英語版
ファーレー・ハーシェル英語版
(1837–1899)
1892年8月18日
-1895年6月21日
自由党 第4次グラッドストン内閣英語版
(自由党)
ローズベリー伯爵内閣
(自由党)
Hardinge Giffard, 1st Earl of Halsbury.jpg 初代ハルズベリー伯爵英語版[注釈 31]
ハーディング・ジファード英語版
(1823–1921)
1895年6月29日
-1905年12月4日
保守党 第3次ソールズベリー侯爵内閣英語版
(保守党)
エドワード7世
(1901–1910)
バルフォア内閣
(保守党)
1stEarlLoreburn crop.jpg 初代ロレバーン伯爵英語版
ロバート・リード英語版[注釈 32]
(1846–1923)
1905年12月10日
-1912年6月10日
自由党 キャンベル=バナマン内閣英語版
(自由党)
アスキス内閣
(自由党)
ジョージ5世
(1910–1936)
Viscount Haldane LC by Vandyk.jpg 初代ホールデン子爵
リチャード・ホールデン英語版
(1856–1928)
1912年6月10日
-1915年5月25日
自由党
1stViscountBuckmaster.jpg 初代バックマスター男爵英語版
スタンリー・バックマスター英語版
(1861–1934)
1915年5月25日
-1916年12月5日
自由党 アスキス挙国一致内閣英語版
(自由党)
1stViscountFinlay.jpg 初代フィンレー子爵英語版
ロバート・フィンレー英語版
(1842–1929)
1916年12月10日
-1919年1月10日
保守党 ロイド・ジョージ内閣英語版
(自由党)
FE Smith Earl of Birkenhead LC.jpg 初代バーケンヘッド伯爵英語版[注釈 33]
フレデリック・スミス英語版
(1872–1930)
1919年1月10日
-1922年10月19日
保守党
1stViscountCave.jpg 初代ケイヴ子爵
ジョージ・ケイヴ英語版
(1856–1928)
1922年10月24日
-1924年1月22日
保守党 ロー内閣英語版
(保守党)
第1次ボールドウィン内閣
(保守党)
Viscount Haldane LC by Vandyk.jpg 初代ホールデン子爵
リチャード・ホールデン英語版
(1856–1928)
1924年1月22日
-1924年11月6日
労働党 第1次マクドナルド内閣英語版
(労働党)
1stViscountCave.jpg 初代ケイヴ子爵
ジョージ・ケイヴ英語版
(1856–1928)
1924年11月6日
-1928年3月28日
保守党 第2次ボールドウィン内閣英語版
Hailsham1.JPG 初代ヘイルシャム男爵
ダグラス・ホッグ英語版
(1872–1950)
1928年3月28日
-1929年6月4日
保守党
1stViscountSankey.jpg 初代サンキー子爵[注釈 34]
ジョン・サンキー英語版
(1866–1948)
1929年6月7日
-1935年6月7日
労働党 第2次マクドナルド内閣英語版
(労働党)
第3次マクドナルド内閣英語版
(挙国派労働機構)
第4次マクドナルド内閣英語版
(挙国派労働機構)
Hailsham1.JPG 初代ヘイルシャム子爵
ダグラス・ホッグ英語版
(1872–1950)
1935年6月7日
-1938年3月9日
保守党 第3次ボールドウィン内閣英語版
(保守党)
エドワード8世
(1936)
チェンバレン内閣英語版
(保守党)
ジョージ6世
(1936–1952)
Lord Maugham LC.jpg 初代モーム男爵英語版
フレデリック・モーム英語版
(1866–1958)
1938年3月9日
-1939年9月3日
保守党
Viscount Caldecote LC.jpg 初代カルデコート子爵英語版
トマス・インスキップ英語版
(1876–1947)
1939年9月3日
-1940年5月12日
保守党 チェンバレン戦時内閣英語版
(保守党)
Sir John Simon 1-3-16.jpg 初代サイモン子爵
ジョン・サイモン
(1873–1954)
1940年5月10日
1945年7月27日
挙国派自由党英語版 チャーチル戦時内閣
(保守党)
第1次チャーチル改造内閣英語版
(保守党)
William Allen Jowitt c1945.jpg 初代ジョヴィット子爵英語版[注釈 35]
ウィリアム・ジョウィット英語版
(1885–1957)
1945年7月27日
-1951年10月26日
労働党 アトリー内閣英語版
(労働党)
No image.svg 初代シモンズ男爵
ギャヴィン・シモンズ英語版
(1881–1971)
1951年10月30日
-1954年10月18日
保守党 第2次チャーチル内閣英語版
エリザベス2世
(1952–)
初代キルキュア子爵
デイヴィッド・マクスウェル=ファイフ
(1900–1967)
1954年10月18日
-1962年7月13日
保守党
イーデン内閣英語版
マクミラン内閣英語版
No image.svg 初代ディルホーン男爵
レジナルド・マニンガム=ブラー
(1905–1980)
1962年7月13日
-1964年10月16日
保守党
ダグラス=ヒューム内閣
(保守党)
No image.svg ガーディナー男爵
ジェラルド・ガーディナー英語版
(1900–1990)
1964年10月16日
-1970年6月19日
労働党 1次・2次ウィルソン内閣英語版
Quintin Hogg, Baron Hailsham Allan Warren.jpg セント・メリルボーンのヘイルシャム男爵
クィンティン・ホッグ
(1907–2001)
1970年6月20日
-1974年3月4日
保守党 ヒース内閣英語版
Elwyn Jones in Romania (cropped).jpg エルウィン=ジョーンズ男爵
フレデリック・エルウィン・ジョーンズ英語版
(1909–1989)
1974年3月5日
-1979年5月4日
労働党 3次・4次ウィルソン内閣英語版
キャラハン内閣
Quintin Hogg, Baron Hailsham Allan Warren.jpg セント・メリルボーンのヘイルシャム男爵
クィンティン・ホッグ
(1907–2001)
1979年5月4日
-1987年6月13日
保守党 第1次サッチャー内閣英語版
(保守党)
第2次サッチャー内閣英語版
(保守党)
No image.svg ヘイヴァース男爵
マイケル・ヘイヴァース英語版
(1923–1992)
1987年6月13日
-1987年10月26日
保守党 第3次サッチャー内閣英語版
(保守党)
Official portrait of Lord Mackay of Clashfern crop 2.jpg クラシファーンのマッカイ男爵
ジェイムズ・マッカイ英語版
(1927-)
1987年10月28日
-1997年5月2日
保守党
第1次メージャー内閣英語版
(保守党)
第2次メージャー内閣英語版
(保守党)
No image.svg レアグのアーヴァイン男爵
デリー・アーヴァイン英語版
(1940-)
1997年5月2日
-2003年6月12日
労働党 ブレア内閣英語版
(労働党)
Official portrait of Lord Falconer of Thoroton crop 2.jpg ソロトンのファルコナー男爵
チャールズ・ファルコナー英語版
(1946-)
2003年6月12日
-2007年6月27日
労働党
Jack Straw 2.jpg ジャック・ストロー
(1946-)
2007年6月28日
-2010年5月11日
労働党 ブラウン内閣
(労働党)
Official portrait of Mr Kenneth Clarke crop 2.jpg ケネス・クラーク英語版
(1940-)
2010年5月12日
-2012年9月4日
保守党 第1次キャメロン内閣
(保守党)
Official portrait of Chris Grayling crop 2.jpg クリス・グレイリング
(1962-)
2012年9月4日
-2015年5月9日
保守党
Official portrait of Michael Gove crop 2.jpg マイケル・ゴーヴ
(1967-)
2015年5月9日
-2016年7月14日
保守党 第2次キャメロン内閣
(保守党)
Official portrait of Elizabeth Truss crop 2.jpg エリザベス・トラス英語版
(1975-)
2016年7月14日
-2017年6月11日
保守党 第1次メイ内閣
(保守党)
Official portrait of Mr David Lidington crop 2.jpg デイヴィッド・リディントン英語版
(1956-)
2017年6月11日
-2018年1月8日
保守党 第2次メイ内閣
(保守党)
Official portrait of Mr David Gauke crop 2.jpg デイヴィッド・ゴーク英語版
(1971-)
2018年1月8日
-2019年7月24日
保守党
Official portrait of Robert Buckland crop 2.jpg ロバート・バックランド英語版
(1968-)
2019年7月24日
-現在
保守党 ジョンソン内閣
(保守党)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 国璽尚書
  2. ^ 1198年まで国璽尚書
  3. ^ 1504年まで国璽尚書
  4. ^ 在職中の1538年にウォルデンのオードリー男爵に叙される
  5. ^ 在職中の1548年にリッチ男爵に叙される
  6. ^ 在職中の1603年にエレズミア男爵、1616年にバックリー子爵に叙される
  7. ^ 1603年7月19日までは国璽尚書
  8. ^ 在職中の1618年にヴェルーラム男爵、1621年にセントオルバン子爵に叙される
  9. ^ 1618年までは国璽尚書
  10. ^ 在職中の1628年にコヴェントリー男爵に叙される
  11. ^ 1649年から亡命宮廷
  12. ^ 1646年7月に死去
  13. ^ ボリングブルック伯爵の後任
  14. ^ 在職中の1660年にハイド男爵、1661年にクラレンドン伯爵に叙される
  15. ^ 在職中の1681年5月12日にノッティンガム伯爵に叙される
  16. ^ 1675年までは国璽尚書
  17. ^ 在職中の1683年にギルフォード男爵に叙される
  18. ^ 在職中の1697年にサマーズ男爵に叙された
  19. ^ 1697年まで国璽尚書
  20. ^ 在職中の1706年にクーパー男爵に叙される
  21. ^ 1713年までは国璽尚書
  22. ^ 1721年にマクルズフィールド伯爵に叙される[9]
  23. ^ 就任時の爵位はハードウィック男爵。在職中の1754年にハードウィック伯爵に叙される
  24. ^ 1760年にヘンリー男爵に叙され、1764年にノーティントン伯爵に叙される[10]
  25. ^ 1761年までは国璽尚書
  26. ^ プリンス・オブ・ウェールズが1811年2月5日から摂政皇太子
  27. ^ 在任中の1771年にアプスリー男爵に叙され、1775年にバサースト伯爵位を継承
  28. ^ 1799年にエルドン男爵、1821年にエルドン伯爵に叙される[11]
  29. ^ 1867年からケアンズ男爵。在職中の1878年にケインズ伯爵に叙される[12]
  30. ^ 1872年からセルボーン男爵。在職中の1882年にセルボーン伯爵に叙される[13]
  31. ^ 1885年からハルズベリー男爵、1898年にハルズベリー伯爵に叙される[14]
  32. ^ 1906年にロレバーン男爵、1911年にロレバーン伯爵に叙される[15]
  33. ^ Baron Birkenhead from 1919年からバーケンヘッド男爵、在職中の1921年にバーケンヘッド子爵、1922年にバーケンヘッド伯爵に叙される[16]
  34. ^ 1929年からサンキー男爵、在職中の1932年にサンキー子爵に叙される[17]
  35. ^ 1945年からジョウィット男爵、在職中の1947年にジョウィット子爵に叙される[18]

出典[編集]

  1. ^ a b wikipedia英語版「List of Lord Chancellors and Lord Keepers」に基づく。
  2. ^ a b c d 高野敏樹 2010, p. 85.
  3. ^ a b c d e f g h 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 135.
  4. ^ 高野敏樹 2010, p. 84-85.
  5. ^ a b 高野敏樹 2010, p. 84.
  6. ^ ブレア内閣での大法官はライアグのアーバイン男爵(1997年5月 – 2003年6月)、ついでソーントンのファルコナー男爵(2003年6月 – 2007年6月)であった。
  7. ^ Cook and Wroughton, English Historical Facts, 1603–1688, PP 8–9
  8. ^ Geoffrey Treasure, ‘Cowper, William, first Earl Cowper (1665–1723)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, September 2004; online edn, January 2009 accessed 27 March 2009
  9. ^ The London Gazette: no. 5986. p. 1. 1721年8月29日。
  10. ^ The London Gazette: no. 10418. p. 4. 1764年5月15日。
  11. ^ The London Gazette: no. 17722. p. 1410. 1821年7月7日。
  12. ^ The London Gazette: no. 24627. p. 5263. 1878年9月24日。
  13. ^ The London Gazette: no. 25183. p. 6649. 1882年12月29日。
  14. ^ The London Gazette: no. 26930. p. 299. 1898年1月18日。
  15. ^ The London Gazette: no. 28514. p. 5349. 1911年7月18日。
  16. ^ The London Gazette: no. 32776. p. 8793. 1922年12月12日。
  17. ^ The London Gazette: no. 33795. p. 703. 1932年2月2日。
  18. ^ The London Gazette: no. 37860. p. 411. 1947年1月21日。

参考文献[編集]

  •  Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Lord High Chancellor" . Encyclopædia Britannica (in English). 17 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 3.
  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478
  • 高野敏樹イギリスにおける「憲法改革」と最高裁判所の創設 イギリスの憲法伝統とヨーロッパ法体系の相克』(PDF)上智短期大学、2010年。

関連項目[編集]