第1次ピール内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第1次ピール内閣(だいいちじピールないかく、英語: First Peel ministry)は、1834年12月から1835年4月まで存在したイギリスの内閣の一つ。第2代準男爵サー・ロバート・ピール首相を務めた。

概要[編集]

国王ウィリアム4世第2代メルバーン子爵を罷免した後、保守党初代ウェリントン公爵に組閣の大命を降した。しかしウェリントン公爵はこれを拝辞し、代わりとしてサー・ロバート・ピール準男爵を首相に推挙した。この時ピールはイタリア旅行中だったため、帰国までの中継ぎ役としてウェリントン公が首相職を引き受けた(ウェリントン公爵暫定内閣英語版、1834年11月-12月)。

12月に帰国するとピールはウェリントン公から首相職を引き継ぎ、内閣を成立させた。国王の意向を受けたピール首相は12月30日に議会を解散し、1835年初頭に解散総選挙英語版を実施した。保守党はある程度議席数を増やしたが、これを受けてホイッグ党党首メルバーン子爵は野党の共闘態勢を強化。その結果4月のアイルランド教会税法案採決で与党は敗北し、内閣は総辞職を余儀なくされた。メルバーン子爵が後継内閣英語版を成立させた。

内閣[編集]

閣内大臣[編集]

1834年12月 – 1835年4月
役職 肖像 氏名
第一大蔵卿
財務大臣
庶民院院内総務
Robert Peel.jpg サー・ロバート・ピール準男爵
大法官 Lord Lyndhurst by Felix Roffe.jpg 初代リンドハースト男爵英語版
枢密院議長 Rosslyn2.JPG 第2代ロスリン伯爵英語版
王璽尚書 1stLordWharncliffe.jpg 初代ワーンクリフ男爵英語版
内務大臣 Henry Goulburn.JPG ヘンリー・ゴールバーン英語版
外務大臣
貴族院院内総務
1st Duke of Wellington 1831.jpg 初代ウェリントン公爵
陸軍・植民地大臣 4th Earl of Aberdeen.jpg 第4代アバディーン伯爵
海軍大臣英語版 1816-Lord-Grantham-Ingres.png 第2代ドゥ・グレイ伯爵英語版
武器総監英語版 General George Murray (1772-1846), by John Hoppner.jpg サー・ジョージ・マレー英語版
商務院総裁英語版
造幣局長官英語版
AlexanderBaring.jpg アレグザンダー・ベアリング
インド庁長官英語版 1stEarlOfEllenborough.jpg 初代エレンボロー伯爵
陸軍主計長官英語版 Sir Edward Knatchbull, 9th Baronet.jpg サー・エドワード・ナッチブル準男爵英語版
戦時大臣英語版 John Charles Herries.jpg ジョン・チャールズ・ヘリーズ英語版

参考[編集]

  • C. Cook and B. Keith, British Historical Facts 1830–1900
先代:
ウェリントン公爵暫定内閣英語版
イギリスの内閣
1834年 - 1835年
次代:
第2次メルバーン子爵内閣英語版