ドミニク・ラーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドミニク・ラーブ
Dominic Raab
Official portrait of Dominic Raab crop 2.jpg
ドミニク・ラーブ
生年月日 (1974-02-25) 1974年2月25日(45歳)
出生地 イギリスの旗 イギリスバッキンガムシャー
出身校 オックスフォード大学レディ・マーガレット館英語版
ケンブリッジ大学ジーザス校英語版
前職 リンクレーターズ顧問弁護士
外務・連邦省職員
デイヴィッド・デイヴィス議員主席補佐官
ドミニク・グリーヴ英語版議員主席補佐官
所属政党 保守党
配偶者 エリカ・レイ
子女 2人
公式サイト [公式ウェブサイト ]

内閣 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2019年7月24日 - 現在

内閣 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2019年7月24日 - 現在

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年7月9日 - 2019年7月24日

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年1月9日 - 2018年7月9日

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2017年6月12日 - 2018年1月9日

その他の職歴
イギリスの旗 自由権担当政務次官
(2015年5月12日 - 2016年7月16日)
イギリスの旗 イーシャー・アンド・ウォールトン選挙区英語版選出庶民院議員
(2010年5月6日 - 現在)
テンプレートを表示

ドミニク・レニー・ラーブ(Dominic Rennie Raab, 1974年2月25日 - )は、2019年7月から筆頭国務大臣および、外務・連邦大臣を務めるイギリスの政治家。2018年7月から同年11月には欧州連合離脱大臣を務めた。保守党に所属し、2010年からはイーシャー・アンド・ウォールトン選挙区英語版選出庶民院議員を務めている。

略歴[編集]

イングランドバッキンガムシャーで生まれ育つ[1]オックスフォード大学で法学を学び、のちケンブリッジ大学で修士号を修得する。リンクレーターズにて国際法の弁護士として仕事をスタートさせ、プロジェクト・ファイナンス、国際訴訟、独占禁止法などを取り扱う[1]。2000年に外務・英連邦省に入省し、海外領土、投資家保護、対テロ作戦など幅広い領域に関して助言をおこなう。2010年から下院議員を務める。2018年7月9日より欧州連合離脱大臣[2]。2018年11月15日に離脱合意をめぐって辞職した[3]。2019年6月の保守党党首選挙に立候補したが、第2回目議員投票にて30票にとどまり、次に進むの必要な必要な33票に届かなかったため脱落した[4]

スタンス・政策[編集]

ラーブは欧州懐疑派の議員である[5]。2016年6月に行われたEU離脱の是非を問う国民投票に際して、EU離脱を支持した。

EU法に従えば、英国は真の深刻かつ目下の脅威となる者に限って、EUからの英国入国を拒否できる。この基準は非常に厳しい[6]。英国は、過去の有罪判決やテロへの関与、交戦地帯への説明なき渡航などに基づいて入国拒否をできないのである。2010年以降、EU以外からの渡航者については約67000人が入国拒否されたが、EUからの渡航者については入国拒否は約6000人となっている[6]

ISILによるテロとの戦いには大陸欧州との共同作業は必須であるが、データ共有や取り締まり業務に関しては(共同作業をするのに)英国はEUに加盟する必要はない。EU法が英国にとっての脅威となっており、英国は自国民を守るための事前処置を施せない。そしてEUはこのEU法の改正を拒んでいる。ラーブは、EUを離脱してこそ英国の国境コントロールを取り戻せると述べている[6]

英国のEU離脱後の、EU加盟国であるアイルランドと英国領である北アイルランドの間の国境管理に関する合意に抗議し、欧州連合離脱大臣を辞職した。2019年7月発足のジョンソン内閣では外務・英連邦大臣に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Dominic RaabReference, Politics.co.uk
  2. ^ “メイ英首相、新たなEU離脱担当相にドミニク・ラーブ氏指名”. ロイター. (2018年7月9日). https://jp.reuters.com/article/britain-eu-raab-idJPKBN1JZ11O 2018年7月10日閲覧。 
  3. ^ Brexit Secretary Dominic Raab resigns over EU agreement”. BBC News (2018年11月15日). 2018年11月15日閲覧。
  4. ^ [メイ英首相の後任選び、ジョンソン氏が再び首位 候補5人に “https://www.afpbb.com/articles/-/3230780”]. AFPBB News. フランス通信社. (2019年6月19日). メイ英首相の後任選び、ジョンソン氏が再び首位 候補5人に 2019年6月19日閲覧。 
  5. ^ UK 'obliged' to accept judgments of European courts, official document from ministers ahead of EU referendum reveals S. Swinford, The Daily Telegraph, 14 April 2016
  6. ^ a b c Poor EU border controls put Britain in danger D. Raab, The Daily Telegraph, 21 Apr 2016


公職
先代:
ジェレミー・ハント
イギリスの旗 外務・英連邦大臣
2019年 -
次代:
(現職)
先代:
デイヴィッド・デイヴィス
イギリスの旗 欧州連合離脱大臣
第2代:2018年
次代:
ステファン・バークレー