ヘンリー・バサースト (第3代バサースト伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第3代バサースト伯爵
ヘンリー・バサースト
Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst
Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst by William Salter.jpg

内閣 パーシヴァル内閣
在任期間 1807年3月31日 - 1812年9月29日
国王 ジョージ3世

内閣 パーシヴァル内閣
在任期間 1809年10月11日 - 1809年12月6日
国王 ジョージ3世

内閣 リヴァプール内閣
在任期間 1812年6月11日 - 1827年4月30日
国王 ジョージ3世ジョージ4世

内閣 ウェリントン内閣
在任期間 1828年1月28日 - 1830年11月22日
国王 ジョージ4世ウィリアム4世

基本情報
生年月日 1762年5月22日
没年月日 1834年7月27日 (満72歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドン
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 トーリー党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 ジョージアナ・レノックス
親族 第2代リッチモンド公爵 (義祖父)
第2代バサースト伯爵 (父)
テンプレートを表示

第3代バサースト伯爵ヘンリー・バサースト: Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst1762年5月22日 - 1834年7月27日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士、枢密顧問官

1794年にバサースト伯爵を襲爵するまでは、「アプスリー卿」(Lord Apsley)の儀礼称号で称されていた。

経歴[編集]

大法官枢密院議長を務めた法律家・政治家の第2代バサースト伯爵ヘンリー・バサースト英語版と、妻のトライフィーナの間に生まれる[1][2][3][4]イートン・カレッジを経て、1773年から1778年までオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶ[1]

1783年から襲爵により貴族院に移る1794年まで、グロスタシャーサイレンスター選挙区選出の庶民院議員[5][6][3]議会ではトーリー党に所属。

ウィリアム・ピット (小ピット) と親しく[2][3][4]、彼の下で1783年から1789年まで海軍本部委員(Lord of the Admiralty[7][8][9]1789年から1791年まで大蔵卿委員Lord of the Treasury[10]1793年から1802年までインド庁英語版の委員[1][2][3][4]を務めた。1804年に小ピットが再び首相となると、バサーストは王立造幣局長(Master of the Mint[1][3][4]に任じられた。

第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク1807年に組織した第2次内閣では商務庁長官[11]兼王立造幣局長[1][3][4]として入閣、次のスペンサー・パーシヴァル内閣英語版においても両方の職を引き続き務めた。また1809年には、外務大臣ジョージ・カニング陸軍・植民地大臣のカースルレー子爵ロバート・ステュアート決闘事件を起こして辞職したことを受け、2ヶ月間外相[12]を兼ねた。

1812年、第2代リヴァプール伯爵ロバート・ジェンキンソン内閣英語版において陸軍・植民地大臣[13]として入閣。バサーストは有能な大臣であり[6][2][3][4]半島戦争のさなか陸軍を担当する閣僚としての職務を全うした。次官のヘンリー・ゴールバーン英語版とともに陸軍・植民地省の改革も行い、青書Blue book)を導入した。ゴールバーンの後任の次官となったロバート・ウィルモット=ホートン英語版は、バサーストを以前この職を務めた誰よりも注目に値すると評した[2]。また彼は人道的見地から奴隷制度廃止運動を支持していた[3]

初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー1828年に組織した内閣英語版では枢密院議長[14]として入閣。トーリー所属でありつつもカトリック解放に賛成の立場をとっていたが、第1回選挙法改正案(Reform Bill; 選挙法改正法案)には強く反対した[3][4]1830年に退任し、政治家としてのキャリアを終えた。

1793年枢密顧問官[15][1]に列せられ、1817年ガーター勲章[16]を授けられた。

1834年ロンドンで死去、グロスタシャー州のサイレンスターに葬られた。爵位は長男のヘンリー英語版が相続した。

オーストラリアニューサウスウェールズ州にあるバサースト郡英語版およびバサースト市[17]ノーザンテリトリー(北部準州)にあるバサースト島英語版[18]カナダニューブランズウィック州にあるバサースト[19]ヌナブト準州にあるバサースト島[20]ガンビアの首都バンジュールの旧名バサースト[21]は、彼を記念して名づけられた。

家族[編集]

バサーストは1789年4月にレディ・ジョージアナ・レノックス(1765年 - 1841年)と結婚した[1][3][4]。彼女は第2代リッチモンド公チャールズ・レノックスの次男ジョージ・レノックス英語版卿の娘であった。

夫妻は四男二女をもうけ、長男のヘンリーが第4代バサースト伯爵に、ついで次男のウィリアム英語版が第5代バサースト伯爵となった[1][3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst of Bathurst” (英語). thepeerage.com. 2010年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e "Bathurst, Henry [third Earl Bathurst] (1762 - 1834)". Australian Dictionary of Biography (English). Canberra: Australian National University. 1966. 2010年12月5日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k パブリックドメイン Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Earls Bathurst". Encyclopædia Britannica (英語). 3 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 520.
  4. ^ a b c d e f g h Kebbel, Thomas Edward (1885). "Bathurst, Henry (1762-1834)" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 3. London: Smith, Elder & Co. p. 408.
  5. ^ Drummond, Mary M. (1964). “BATHURST, Henry, Lord Apsley (1762-1834).”. In Namier, L.; Brooke, J. (英語). The History of Parliament: the House of Commons 1754-1790. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1754-1790/member/bathurst-henry-1762-1834 2013年5月12日閲覧。. 
  6. ^ a b Fisher, David R. (1986). “BATHURST, Henry, Lord Apsley (1762-1834), of Oakley Park, Cirencester, Glos.”. In Thorne, R.G. (英語). The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/bathurst-henry-1762-1834 2013年5月12日閲覧。. 
  7. ^ The London Gazette: no. 12505. p. 2. 1783年12月27日。2010年12月5日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 12531. p. 2. 1784年3月27日。2010年12月5日閲覧。
  9. ^ The London Gazette: no. 13006. p. 329. 1788年7月8日。2010年12月5日閲覧。
  10. ^ The London Gazette: no. 13120. p. 529. 1789年8月4日。2010年12月4日閲覧。
  11. ^ The London Gazette: no. 16014. p. 393. 1807年3月28日。2010年12月4日閲覧。
  12. ^ The London Gazette: no. 16305. p. 1617. 1809年10月10日。2010年12月4日閲覧。
  13. ^ The London Gazette: no. 16611. p. 1109. 1812年6月9日。2010年12月4日閲覧。
  14. ^ The London Gazette: no. 18436. p. 185. 1828年1月26日。2010年12月4日閲覧。
  15. ^ Rayment, Leigh. “Privy Counsellors 1679 - 1835” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2010年12月5日閲覧。
  16. ^ The London Gazette: no. 17271. p. 1644. 1817年7月26日。2010年12月4日閲覧。
  17. ^ “Bathurst”. Encyclopædia Britannica Online. (2010). http://www.britannica.com/EBchecked/topic/55968/Bathurst 2010年12月4日閲覧。. 
  18. ^ “Bathurst Island”. Encyclopædia Britannica Online. (2010). http://www.britannica.com/EBchecked/topic/55977/Bathurst-Island 2010年12月4日閲覧。. 
  19. ^ Glendenning, Burton. “Bathurst”. In James H. Marsh. The Canadian Encyclopedia. The Historica Dominion Institute. http://www.thecanadianencyclopedia.com/index.cfm?PgNm=TCE&Params=A1ARTA0000561 2010年12月4日閲覧。. 
  20. ^ Finlayson, Doug. “Bathurst Island”. In James H. Marsh. The Canadian Encyclopedia. The Historica Dominion Institute. http://www.thecanadianencyclopedia.com/index.cfm?PgNm=TCE&Params=A1ARTA0000563 2010年12月4日閲覧。. 
  21. ^ History of Banjul” (英語). Access Gambia (2009-2010). 2010年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・スミス
王立造幣局
1804年 - 1806年
次代:
チャールズ・スペンサー
先代:
初代オークランド男爵
商務庁長官
1807年 - 1812年
次代:
第2代クランカーティ伯爵
先代:
チャールズ・バサースト
王立造幣局
1807年 - 1812年
次代:
第2代クランカーティ伯爵
先代:
ジョージ・カニング
外務大臣
1809年
次代:
初代ウェルズリー侯爵
先代:
第2代リヴァプール伯爵
陸軍・植民地大臣
1812年 - 1827年
次代:
初代ゴドリッチ子爵
先代:
第4代ポートランド公爵
枢密院議長
1828年 - 1830年
次代:
第3代ランズダウン侯爵
先代:
ヘンリー・バサースト
バサースト伯爵
第3代: 1794年 - 1834年
次代:
ヘンリー・バサースト