ジョン・ウッドハウス (初代キンバリー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代キンバリー伯爵
ジョン・ウッドハウス
John Wodehouse
1st Earl of Kimberley
1st Earl of Kimberley 1897.jpg
1897年のキンバリー伯
生年月日 1826年1月7日
没年月日 (1902-04-08) 1902年4月8日(76歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 自由党
称号 初代キンバリー伯爵ガーター勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 フロレンス

内閣 第一次グラッドストン内閣
第二次グラッドストン内閣
在任期間 1870年7月6日 - 1874年2月16日[1]
1880年4月28日 - 1882年12月16日[1]

内閣 第二次グラッドストン内閣
第三次グラッドストン内閣
第四次グラッドストン内閣
在任期間 1882年12月16日 - 1885年6月9日
1886年2月3日 - 1886年7月20日
1892年8月16日 - 1894年3月3日[1]

内閣 ローズベリー伯爵内閣
在任期間 1894年3月11日 - 1895年6月24日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1866年6月1日 - 1902年4月8日[3]
テンプレートを表示

初代キンバリー伯爵ジョン・ウッドハウス: John Wodehouse, 1st Earl of Kimberley, KG, PC1826年1月7日 - 1902年4月8日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝中期から後期にかけて自由党政権で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

1868年のキンバリー伯

1826年1月7日に第2代ウッドハウス男爵ジョン・ウッドハウス英語版の長男であるヘンリー・ウッド閣下(Hon. Henry Wodehouse)とその夫人アン・ガードン(Anne Gurdon)の間の長男として生まれる[4]

イートン校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学する[4]

自由党政権下で外務省政務次官英語版1852年-1856年1859年-1861年)、インド担当省政務次官英語版 (在職1864年)、アイルランド総督1864年-1866年)、王璽尚書1868年-1870年)、植民地大臣英語版1870年-1874年1880年-1882年)、インド担当大臣英語版1882年-1885年1886年1892年-1894年)、ランカスター公領担当大臣英語版1882年-1883年)、枢密院議長英語版1892年-1894年)、外務大臣1894年 - 1895年)などの閣僚職を歴任した[4][5]

彼がインド担当大臣として入閣していた第二次グラッドストン内閣期の1884年3月、スーダンハルトゥームチャールズ・ゴードン将軍がマフディー軍に包囲され、ゴードン将軍を救出する援軍を派遣するか否かの閣内論争が発生したが、キンバリー卿は、首相グラッドストンや内相サー・ウィリアム・ヴァーノン・ハーコートとともに最後まで援軍派遣に反対した(最終的には援軍派遣が決定されるが)[6]

1902年4月8日に死去[4]

栄典[編集]

爵位・準男爵位[編集]

1846年5月29日に祖父ジョン・ウッドハウス英語版の死去により以下の爵位・準男爵位を継承した[4][7]

  • ノーフォーク州におけるキンバリーの第3代ウッドハウス男爵 (3rd Baron Wodehouse, of Kimberley in the County of Norfolk)
    (1797年10月26日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • (ノーフォーク州におけるウィルバーホールの)第8代準男爵 (8th Baronet, "of Wilberhall, in the County of Norfolk")
    (1611年6月29日の勅許状によるイングランド準男爵)

1866年6月1日に以下の爵位を新規に与えられた[4][7]

  • ノーフォーク州におけるキンバリーの初代キンバリー伯爵 (1st Earl of Kimberley, of Kimberley in the County of Norfolk)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1847年に第3代クレアー伯爵英語版リチャード・ホバート・フィッツギボンの娘フロレンスと結婚し、彼女との間に以下の三子を儲けた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 秦(2001) p.510
  2. ^ 秦(2001) p.509
  3. ^ UK Parliament. “Mr John Wodehouse” (英語). HANSARD 1803–2005. 2013年12月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “John Wodehouse, 1st Earl of Kimberley” (英語). thepeerage.com. 2013年12月30日閲覧。
  5. ^ 秦(2001) p.510-511
  6. ^ 坂井(1994) p.110
  7. ^ a b Heraldic Media Limited. “Kimberley, Earl of (UK, 1866)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月11日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
スタンリー卿
外務省政務次官英語版
1852年1856年
次代:
シェルバーン伯爵
先代:
ウィリアム・ヴィージー=フィッツジェラルド英語版
外務省政務次官
1859年1861年
次代:
オースティン・ヘンリー・レヤード
先代:
トーマス・バーリング閣下
インド担当省政務次官英語版
1864年
次代:
第5代ダファリン・アンド・クランボイ男爵
先代:
第7代カーライル伯爵
アイルランド総督
1864年1866年
次代:
第2代アバコーン侯爵
先代:
第3代マームズベリー伯爵
王璽尚書
1868年1870年
次代:
初代ハリファックス子爵
先代:
第2代グランヴィル伯爵
植民地大臣英語版
1870年1874年
次代:
第4代カーナーヴォン伯爵
先代:
サー・マイケル・ヒックス・ビーチ准男爵
植民地大臣
1880年1882年
次代:
第15代ダービー伯爵
先代:
ジョン・ブライト
ランカスター公領担当大臣英語版
1882年
次代:
ジョン・ジョージ・ドドソン英語版
先代:
ハーティントン侯爵
インド担当大臣英語版
1882年1885年
次代:
ランドルフ・スペンサー=チャーチル卿
先代:
ランドルフ・スペンサー=チャーチル卿
インド担当大臣
1886年
次代:
初代クロス子爵
先代:
初代クロス子爵
インド担当大臣
1892年1894年
次代:
ヘンリー・ファウラー英語版
先代:
初代クランブルック伯爵
枢密院議長英語版
1892年1894年
次代:
第5代ローズベリー伯爵
先代:
第3代ソールズベリー侯爵
貴族院院内総務英語版
1892年1894年
次代:
第5代ローズベリー伯爵
先代:
第5代ローズベリー伯爵
外務大臣
1894年1895年
次代:
第3代ソールズベリー侯爵
党職
先代:
第2代グランヴィル伯爵
自由党貴族院院内総務英語版
1891年1894年
次代:
第5代ローズベリー伯爵
先代:
第5代ローズベリー伯爵
自由党貴族院院内総務
1896年1902年
次代:
第5代スペンサー伯爵
学職
先代:
初代ハーシェル男爵英語版
ロンドン大学学長
1899年1902年
次代:
第5代ローズベリー伯爵
イギリスの爵位
新設 初代キンバリー伯爵
1866年1902年
次代:
ジョン・ウッドハウス英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
ジョン・ウッドハウス英語版
第3代ウッドハウス男爵
1846年1902年
次代:
ジョン・ウッドハウス英語版