アンソニー・イーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンソニー・イーデン
Anthony Eden
Rt Hon Anthony Eden MP.jpg
アンソニー・イーデン
生年月日 1897年6月12日
出生地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
Flag of County Durham.svg カウンティ・ダラム
没年月日 (1977-01-14) 1977年1月14日(79歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド ソールズベリー
出身校 イートン・カレッジ
オックスフォード大学
所属政党 保守党
称号 初代エイヴォン伯爵
Order of the Garter UK ribbon.svg ガーター勲章
Military cross w 2bars BAR.svg 戦功十字章
配偶者 ベアトリス・ベケット(1923‐1950)
クラリサ・イーデン(1952‐)
子女 3人
サイン Edensig.svg

内閣 アンソニー・イーデン内閣
在任期間 1955年4月7日 - 1957年1月10日
国王 エリザベス2世

イギリスの旗 イギリス
第54・56・59代外務大臣
内閣 第3次スタンリー・ボールドウィン内閣
ネヴィル・チェンバレン内閣
第1次ウィンストン・チャーチル内閣
第2次ウィンストン・チャーチル内閣
第3次ウィンストン・チャーチル内閣
在任期間 1935年12月22日 - 1938年2月20日
1940年12月22日 - 1945年7月26日
1951年10月28日 - 1955年4月7日
首相 スタンリー・ボールドウィン
ネヴィル・チェンバレン
ウィンストン・チャーチル

内閣 第3次ウィンストン・チャーチル内閣
在任期間 1951年10月26日 - 1955年4月6日
首相 ウィンストン・チャーチル

在任期間 1961年7月12日 - 1977年1月14日
首相 ハロルド・マクミラン
アレック・ダグラス=ヒューム
ハロルド・ウィルソン
エドワード・ヒース
ジェームズ・キャラハン
イギリスの旗 イギリス
王璽尚書

1933年12月31日 - 1935年6月7日
テンプレートを表示

初代エイヴォン伯爵ロバート・アンソニー・イーデン英語: Robert Anthony Eden, 1st Earl of Avon1897年6月12日 - 1977年1月14日)は、イギリス政治家貴族外務・英連邦大臣首相を歴任した。名はアントニーとも表記する[1]

経歴[編集]

前半生[編集]

1897年6月12日にカウンティ・ダラムにて、第7代準男爵ウィリアム・イーデンとその妻のシビル・フランセス・イーデン(グレイ伯爵家の分流でイギリス東インド会社の植民地行政官だったウィリアム・グレイ英語版の娘)の間の三男として出生する[2][3]。生家のイーデン準男爵家についてはイーデン準男爵の項目を参照。

イートン・カレッジオックスフォード大学と、エリートコースを歩む。第一次世界大戦が勃発するとこれに大尉として従軍する。イーペルの戦いにも参加し、後に第二次世界大戦の敵国元首であるアドルフ・ヒトラーとは戦線を挟んで対峙していた。

若き政治家[編集]

1922年に下院選挙にウォリック・レミントン(Warwick-Leamington)選挙区から保守党候補として出馬したものの落選、翌1923年12月の選挙で当選した。この年には銀行家の娘のベアトリス・ベケットと結婚し、3人の子をもうけたが夫婦仲は良くなかった。

1924年からの保守党内閣では内務大臣の議会担当秘書官を務め、1931年には外務次官に就任した。1934年6月にはラムゼイ・マクドナルド内閣の王璽尚書として初入閣を果たした。この時期のイーデンはファッションリーダー的存在としても注目を集め、彼の愛用した帽子はアンソニー・イーデン・ハットと呼ばれ、外交官や公務員の間で流行した。

最初の外相時代[編集]

1935年にスタンリー・ボールドウィン内閣が成立すると、イーデンは国際連盟担当の無任所大臣となり、12月22日には外務大臣に就任した。以降ボールドウィンと、後を継いだネヴィル・チェンバレン宥和政策に基づく、対イタリア・対ドイツにとって融和的な外交活動を行ったが、彼の中で宥和政策に対する疑念は高まりつつあった。1938年2月にイーデンは外相を辞任した。後にイーデンはチェンバレンがイタリアベニート・ムッソリーニ首相との間で、秘密交渉を行っていたことが原因だと述べている[4]。その後の彼はウィンストン・チャーチルらと共に対ドイツ・イタリア強硬策を唱えるグループを形成するようになる。少佐として軍務に復帰した。

戦時内閣の外相[編集]

1939年9月3日の第二次世界大戦勃発後、イーデンはチェンバレン戦時内閣の自治領大臣として入閣した。チェンバレンが辞職してチャーチルが首相となると陸軍大臣となり、1940年には外相に復帰、連合国や中立国等との交渉、特にアメリカとの特別な関係英語版を築くために活動した。また政治戦争執行部英語版の執行委員として対枢軸国プロパガンダにも参加している。また、このころから中東政策に関心が高く、1941年5月29日からはアラブ連盟を構想し、1942年には中東司令部最高司令官(実際の指揮はハロルド・アレグザンダー大将が行った)に就任している。同年に下院議長にもなった。

一方で1945年には長男のサイモン・ガスコインがビルマ戦線で戦死し、ベアトリスとの関係は修復不可能になった。

戦後[編集]

1945年の選挙での保守党の敗北後、イーデンは保守党の副党首に就任した。1950年にはベアトリスと離婚し、1952年にはチャーチルの姪のクラリサ・チャーチル(1920年生まれ)と再婚した。1951年の選挙では保守党が政権復帰し、チャーチル政権で3度外務大臣に就任した。この頃にはチャーチルは老衰して指導力も衰えており、外交政策はほとんどイーデンがとり回すようになった。1954年にはガーター勲章を受章している。

首相就任[編集]

1955年4月のチャーチルの引退に伴って保守党党首、そして首相となった。就任後間も無い5月27日行われた総選挙では、長いチャーチル時代と変わる新鮮さと、イーデンの華々しいイメージも幸いし、労働党277議席に対して保守党344議席という圧倒的勝利を収める。この頃のイーデンのスローガンは「Peace comes first, always」であった。

スエズ危機[編集]

1956年7月26日にエジプトナセル大統領はスエズ運河を国有化した(スエズ危機)。これに対し、イーデンはフランスイスラエルとの協力のもと、エジプトを攻撃する準備を進め、10月29日に秘密の取り決め通りイスラエルがシナイ半島を攻撃した。

イーデンらはこの頃、ソ連ハンガリー動乱を鎮圧するためハンガリーに軍を派遣しており、アメリカでは大統領選挙のため中東に注意を払うことは無いと推測していた。

しかし、結局アメリカとソ連の批判と国際連合の制裁を示唆されることになり、国際連合総会では即時停戦の要求が決議された。こうしてイギリスとフランスはスエズ運河会社の喪失のみならず、エジプトに存在した他の資産も国有化され、西ヨーロッパ諸国による植民地主義の実質的敗退の事実だけが残された[5]

退陣[編集]

イーデンは元々体調不良に悩まされていたが、スエズ危機で更に健康を害し、1957年1月9日、閣議において辞任を表明した。この閣議では、「諸君はみな私を捨てようとしている、捨てている」と叫び、理性を失いながら、涙を流し続けた。

イーデンのスエズ危機対処の失敗は、その利権の喪失に加え莫大な戦費の支出からポンド下落を招いて経済力の低下を招くなど、イギリス帝国の凋落を招く直接的な原因になったといえよう。

後半生[編集]

首相退陣後のイーデンは妻のクラリッサとともにウィルトシャー州に隠棲し、いくつかの回顧録を書いた。1961年にはエイヴォン伯爵が授けられ、上院議員となった。1977年1月14日に肝臓ガンのため、ソールズベリーで死亡した。 1985年に次男のニコラス・イーデンの死で、エイヴォン伯爵は2代で断絶した。

栄典[編集]

爵位[編集]

1961年7月12日に以下の爵位を新規に叙された[2][3]

勲章[編集]

家族[編集]

1923年11月5日に初代準男爵英語版サー・ジャーヴァス・ベケット英語版の娘ベアトリス・ベケット英語版と最初の結婚をした。彼女との間に以下の2子を儲けた[2][3]

  • 長男サイモン・ガスコイン・イーデン (Simon Gascoyn Eden, 1924-1945) 第二次世界大戦・ビルマ戦線で戦死
  • 次男ニコラス・イーデン (Nicholas Eden, 1930-1985) 第2代エイヴォン伯爵位を継承

1950年にベアトリスと離婚した。1952年8月14日ジョン・ストレンジ・スペンサー=チャーチル英語版(英国首相ウィンストン・スペンサー=チャーチルの弟)の娘であるクラリッサ英語版と再婚したが、彼女との間に子供はなかった[2][3]

参考文献[編集]

  • 黒岩徹『イギリス現代政治の軌跡』(丸善ライブラリー、1998年)
  • 細谷雄一『外交による平和 アンソニー・イーデンと二十世紀の国際政治』(有斐閣、2005年)

脚注[編集]

  1. ^ Īden kaikoroku. 002.. Eden, Anthony, Earl of Avon, 1897-1977., Yuasa, Yoshimasa, 1916-, Machino, Takeshi, 1924-, 湯浅義正, 1916-, 町野武, 1924-. Tōkyō: Misuzushobō. (2000). ISBN 4-622-04982-1. OCLC 834788340. https://www.worldcat.org/oclc/834788340 
  2. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Avon, Earl of (UK, 1961 - 1985)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Robert Anthony Eden, 1st Earl of Avon” (英語). thepeerage.com. 2019年9月9日閲覧。
  4. ^ “Career Built on Style and Dash Ended with Invasion of Egypt”. The New York Times. http://www.nytimes.com/learning/general/onthisday/bday/0612.html 
  5. ^ 鏡 武「中東紛争 その百年の相克」(有斐閣選書、2001年4月10日)ISBN 4-641-28049-5

関連項目[編集]

次男。最初の妻・ベアトリクスとの間に生まれた子。サッチャー政権で環境政務次官。

外部リンク[編集]

先代:
ウィンストン・チャーチル
イギリスの旗 イギリス首相
第64代:1955年4月7日 - 1957年1月10日
次代:
ハロルド・マクミラン
先代:
ウィンストン・チャーチル
イギリスの旗 保守党党首
第11代:1955年4月21日 - 1957年1月22日
次代:
ハロルド・マクミラン
先代:
新設
初代エイヴォン伯爵
1961年7月12日 - 1977年1月14日
次代:
ニコラス・イーデン