ハロルド・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハロルド・ウィルソン
Harold Wilson
Premier Wilson gaf persconferentie na bespreking in Den Haag , Wilson (kop), Bestanddeelnr 920-1165 (cropped).jpg
1967年2月27日
生年月日 (1916-03-11) 1916年3月11日
出生地 イギリスの旗 イギリス ハダースフィールド
没年月日 (1995-05-24) 1995年5月24日(79歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 オックスフォード大学ジーザス・カレッジ卒業
所属政党 労働党
称号 KG
OBE
PC
FRS
FSS
配偶者 マリー・ボールドウィン
子女 2人
サイン Wilson Harold signature.png

イギリスの旗 イギリス
第67・69代首相
在任期間 1964年10月16日 - 1970年6月19日
1974年3月4日 - 1976年4月5日
国王 エリザベス2世

イギリスの旗 労働党
第14代党首
在任期間 1963年2月14日 - 1976年4月5日
首相 ハロルド・マクミラン
アレック・ダグラス=ヒューム
ハロルド・ウィルソン

イギリスの旗 イギリス
影の首相
在任期間 1970年6月19日 - 1974年3月4日
首相 エドワード・ヒース
テンプレートを表示

ウィルソン・オブ・リーヴォール男爵ジェームズ・ハロルド・ウィルソン(英語:James Harold Wilson, Baron Wilson of Rievaulx1916年3月11日1995年5月24日)は、イギリス政治家労働党党首、首相を務めた。

経歴[編集]

1916年3月11日、ハダースフィールドに誕生する。オックスフォード大学ジーザス・カレッジを卒業し、21歳で同大学の経済学講師に就任する。

1945年イギリス総選挙庶民院議員に初当選し、クレメント・アトリー内閣に次官級で入閣する。1947年には商業大臣(President of the Board of Trade)に就任する。

1960年、労働党党首選挙に初めて挑むが、現職のヒュー・ゲイツケルに大差で惨敗する。しかし、1963年にゲイツケルの急死に伴う党首選挙に再挑戦して当選する。

1964年イギリス総選挙では労働党が13年ぶりに勝利し、首相に就任する。第6回選挙法改正を行い、18歳以上の男女に選挙権を与えた。

1970年イギリス総選挙で敗北して下野するが、1974年2月イギリス総選挙で労働党が過半数に及ばないものの第1党になったため、少数与党内閣を組織して首相に返り咲いた。さらに安定した政局運営を図って7か月後に議会を解散し、同年10月の総選挙の結果、辛うじて過半数に達した。

1975年4月、労働党内の意見が二分される中、ヨーロッパ経済共同体への残留を国民投票により決定した。任期終了まで首相を務めあげるかと思われたが、1976年3月に首相を突然辞任した。

引退後[編集]

引退後は1985年までブラッドフォード大学学長を務めた他、王立統計協会会長などを務めて1995年5月に死去した。なお1976年3月に突然引退した理由は長く明らかにされなかったが、死後にアルツハイマー病がその理由だったことが初めて公表された。

エピソード[編集]

  • ビートルズの「タックスマン」の歌詞に出てくる人物としても有名である。
  • 1958年2月のミュンヘンの悲劇における機長への扱いに関して言及し、同事故の再調査が行なわれるきっかけを作り、これによって機長への過失が晴れることになった。
  • 1979年9月にアメリカを訪問した際にテキサス工科大学で講演を行い、アメリカの中国観について批判した。講演では中国がソビエト連邦同様共産主義者に過ぎないこと、悪者と見られてきたソビエト連邦が中国を憎悪しているからといって中国は善人に違いないという思考は賛成できないとして、中国を信頼しないとする厳しい姿勢を見せた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ことば ハロルド・ウィルソン元英首相『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月21日朝刊 13版 7面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
スティーブン・キング=ホール英語版
オームスカーク選挙区英語版選出庶民院議員
1945年7月5日1950年2月23日
次代:
ロナルド・クロス英語版
新設 ハイトン選挙区英語版選出庶民院議員
1950年2月23日1983年5月13日
廃止
公職
先代:
ジョージ・ブラウン英語版
代理
野党党首英語版
1963年2月14日 – 1964年10月16日
次代:
アレック・ダグラス=ヒューム
先代:
アレック・ダグラス=ヒューム
首相
1964年10月16日 - 1970年6月19日
次代:
エドワード・ヒース
第一大蔵卿
1964年10月16日 - 1970年6月19日
新設 国家公務員担当大臣
1968年11月1日 – 1970年6月19日
先代:
エドワード・ヒース
野党党首英語版
1970年6月19日 – 1974年3月4日
首相
1974年3月4日 - 1976年4月5日
次代:
ジェームズ・キャラハン
第一大蔵卿
1974年3月4日 - 1976年4月5日
国家公務員担当大臣
1974年3月4日 - 1976年4月5日
先代:
ジョージ・ブラウン英語版
代理
労働党党首
第14代:1963年2月14日 - 1976年4月5日
次代:
ジェームズ・キャラハン