スタンリー・ボールドウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
スタンリー・ボールドウィン
Stanley Baldwin
Stanley Baldwin ggbain.35233.jpg
生年月日 1867年8月3日
出生地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
Worcestershire County Flag.jpg ウスターシャー ビュードレー英語版
没年月日 1947年12月14日(満80歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
Worcestershire County Flag.jpg ウスターシャー ストアポート=オン=セバーン英語版
出身校 ハーロー校
ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 保守党
称号 ガーター勲章 (KG)
枢密顧問官 (PC)
治安判事 (JP)
王立協会フェロー (FRS)
初代ビュードレーのボールドウィン伯爵

在任期間 1923年5月22日 - 1924年1月22日
1924年11月4日 - 1929年6月5日
1935年6月7日 - 1937年5月28日
国王 ジョージ5世
エドワード8世
ジョージ6世
テンプレートを表示

初代ボールドウィン・オブ・ビュードレー伯爵英語版スタンリー・ボールドウィン: Stanley Baldwin, 1st Earl Baldwin of Bewdley, KG, PC, JP, FRS1867年8月3日 - 1947年12月14日)は、イギリス保守党政治家実業家首相(在任期間 第1次内閣:1923年 - 1924年、第2次内閣:1924年 - 1929年、挙国一致内閣:1935年 - 1937年)、そして自らの功績により初代「ビュードレーのボールドウィン伯」に叙される。

経歴[編集]

イングランドウスターシャーの有名な鉄鋼業者の家に生まれ、ハーロー校ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ。

20年近く家業にたずさわった後、1908年に下院議員となり、保守党に属した。1917年から1921年まで大蔵財務次官、1921年から1922年まで商務院総裁として入閣する。1922年、保守党のロイド・ジョージ連立内閣からの脱退を主張してこれを崩壊せしめ、ボナー・ロー保守党内閣において大抜擢され、一躍蔵相となり、戦債問題処理のためワシントンに出張した。

1923年に内閣を組閣するが、選挙で労働党にやぶれて翌年に退陣する。同年、ラムゼイ・マクドナルド(1866年 - 1937年)が退陣すると再び組閣。このとき、遂に男女平等選挙権を認める(第五次選挙法改正、1928年)。翌年、再び労働党にやぶれる。

1930年より、母校ケンブリッジ大学の総長を17年間務める。1931年にマクドナルドが挙国一致内閣を組織すると、枢密院議長として入閣する。1935年マクドナルドが病気のため引退すると、その後を受けて組閣する(1937年まで)。1936年、ジョージ5世の後を襲った新国王エドワード8世が、シンプソン夫人との結婚を希望した際には、「王制の存続問題になる恐れがある」としてエドワード8世に退位を迫り、それを認めさせた。

ナチス・ドイツに対しては、宥和政策の立場をとるが、自分の後を受けて首相となったネヴィル・チェンバレン(1869年 - 1940年)ほど積極的ではなく、消極的宥和政策といわれる。伯爵を授けられた。

先代:
アンドリュー・ボナー・ロー
イギリス保守党党首
1923年 - 1937年
次代:
ネヴィル・チェンバレン
先代:
アンドリュー・ボナー・ロー
ラムゼイ・マクドナルド
ラムゼイ・マクドナルド
イギリスの首相
1923年 - 1924年
1924年 - 1929年
1935年 - 1937年
次代:
ラムゼイ・マクドナルド
ラムゼイ・マクドナルド
ネヴィル・チェンバレン