山上正太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山上 正太郎(やまのうえ しょうたろう、1919年 - 2010年[1])は、日本の歴史学者、電気通信大学名誉教授。西洋史専攻。

来歴[編集]

岡山県岡山市生まれ。東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。学習院大学助教授、電気通信大学教授、1983年定年退官、名誉教授。第一次世界大戦第二次世界大戦フランス革命などを研究した。

著書[編集]

  • 近世ヨーロッパの誕生 大地書房 1949
  • 自由と平等を求めて 絵で見る世界史5 国民図書刊行会 1956
  • 二つの世界大戦 世界史の人びと7 筑摩書房 1956
  • フランスの歴史 白水社 1959
  • ウィンストン・チャーチル 二つの世界戦争 誠文堂新光社 1960 (歴史の人間像)
  • チャーチル 第二次世界大戦の指導者 清水書院 1972 (センチュリーブックス) 改題「チャーチルと第二次世界大戦」
  • 第二次世界大戦 戦時外交と指導者 1979.11 (教育社歴史新書)
  • 第一次世界大戦 忘れられた戦争 社会思想社 1985.11 (現代教養文庫) のち講談社学術文庫
  • 第二次世界大戦 忘れ得ぬ戦争 社会思想社 1986.12 (現代教養文庫)
  • チャーチル ド・ゴール ルーズヴェルト ある第二次世界大戦 社会思想社 1989.8
  • ナポレオン・ボナパルト 社会思想社 1994.4
  • 二つの世界大戦 サラエボからヒロシマまで 社会思想社 1995.10
  • フランス革命とひとりの女性 メアリ・ウルストンクラーフトの生涯 社会思想社 1997.10
  • 歴史・人間・運命 山上正太郎歴史叙述集1-2 文元社 2000.1
  • 冷たい戦争 歴史・人間・運命 文元社 2003.12 改題「冷戦」

共編著[編集]

  • ヨーロッパの天才たち 矢田俊隆共編 創芸社 1950
  • 女性西洋史 養徳社 1951
  • 世界史潮 現代の理解のために 野原四郎、井上幸治共編著 日本出版協同 1953.6
  • 西洋史物語 ルネサンスの開花 河出書房新社 1959
  • 同 戦雲のヨーロッパ
  • 同 エルベの誓い
  • 教養人の世界史 下 近代・現代 岩間徹共著 社会思想社 1964 (現代教養文庫)
  • 世界の歴史 第7 ヨーロッパの目ざめ 赤井彰共著 集英社 1968
  • 世界の歴史 第9 君主制の栄え 大野真弓共著 集英社 1968
  • 世界の歴史 第10 自由と解放の波 清水博共著 集英社 1968
  • 世界の歴史 第12 大戦と戦後の世界 宍戸寛共著 集英社 1968
  • 世界の歴史 第11 帝国主義への道 石橋秀雄共著 集英社 1969
  • 世界の歴史 7 文芸復興の時代 赤井彰、相田重夫共著 社会思想社 1974 (現代教養文庫)

翻訳[編集]

  • 小さき肖像画 伝記文学集 ストレイチー 地平社 1943
  • フランス革命 ポール・ニコル 金沢誠共訳 白水社 1951 (文庫クセジュ)
  • 近代市民社会の形成 フランス・ブルジョワジーの起源 レジーヌ・ペルヌー 白水社 1954 (文庫クセジュ)
  • 黒シャツ党のローマ進軍 アンドレ・ファルク 世界ノンフィクション全集 筑摩書房 1962
  • 第二次世界戦争 1935-1945 ロジェ・セレ 白水社 1965 (文庫クセジュ)
  • 大革命の女性たち ミシュレー 三宅徳嘉共訳 世界の人間像 角川書店 1966

脚注[編集]

  1. ^ 「第一次世界大戦 忘れられた戦争」山上正太郎、講談社学術文庫、2010年

参考文献[編集]

  • 講談社学術文庫著者紹介