セント・アンドルーズ大学 (スコットランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
University of St Andrews
ギリシア語: Universitas Sancti Andreae apud Scotos
(University of St Andrew amongst the Scots)
St Andrews University Classics Building.jpg
校訓 ΑΙΕΝ ΑΡΙΣΤΕΥΕΙΝ (AIEN ARISTEUEIN) (ギリシア語: Ever To Be The Best)
学校種別 古代の大学
設立年 1410 - 1413年
基金 £3480万ポンド[1]
理事長 Sir Menzies Campbell
学長 en:Catherine Stihler
学長 en:Sally Mapstone
理事会人数

1,804人 (all)[2]

817人 (academic)[2]
学生数 9,135人[3]
学部生数 7,155人[3](うち2,420人が留学生)
大学院生数 1,980人[3](うち1,250人が留学生)
位置 セント・アンドルーズファイフ
北緯56度20分28.37秒 西経2度47分34.84秒 / 北緯56.3412139度 西経2.7930111度 / 56.3412139; -2.7930111座標: 北緯56度20分28.37秒 西経2度47分34.84秒 / 北緯56.3412139度 西経2.7930111度 / 56.3412139; -2.7930111
所属 1994グループ
ウェブサイト st-andrews.ac.uk

セント・アンドルーズ大学(University of St Andrews)はイギリススコットランドの東海岸セント・アンドルーズ市に所在する大学1413年創立。スコットランド最初の大学であり、英語圏全体でも3番目に設立年代が古い[4]。その長い歴史からアンシャン・ユニヴァシティーの一校に数えられる。イギリスの研究型小規模大学が所属する1994グループ加盟校。2014年度のサンデー・タイムズ、ガーディアン紙による全英大学ランキングでは第4位となっている。

セント・アンドルーズがスコットランドにおけるキリスト教の巡礼地であったことから、中世にはジョン・ノックスをはじめとして多くの宗教指導者がセント・アンドルーズ大学で学んだ。この伝統は自然神学講座ギフォード講義に引き継がれ、1888年以来、エドワード・ケアードなどの哲学者ヴェルナー・ハイゼンベルクなどの科学者による講演が行われている[5]

セント・アンドルーズ大学は卒業生・関係者・教員からノーベル賞受賞者5名を輩出している。

沿革[ソースを編集]

1410年聖アウグスチノ修道会セント・アンドルーズ大聖堂St Andrews Cathedral)により設立され、講義を開始。1413年ベネディクトゥス13世教皇勅書により正式に開学する。同時期にセント・アンドルーズが大司教座に指定されたのと相まって、急速に発展した。現在のキャンパスも設立当時と同じ場所にあり、中世の面影を色濃く残す。

2013年、セント・アンドルーズ大学は創立600周年を迎える。この節目を前に大学は大々的なキャンペーンを行っており、セント・アンドルーズ大学の卒業生であるケンブリッジ公爵ウィリアム王子とその妻キャサリンが主要な役割を果たしている。この600周年キャンペーンにはビル・クリントンアメリカ合衆国大統領俳優ショーン・コネリーもお祝いのメッセージを寄せている[6]

組織[ソースを編集]

美術史、生物学、医学、化学、古典学、コンピューター科学、神学、経済・金融、英語・英語教育、地理学、歴史学(古代史、中世史、近代史)、国際関係、経営学、数学・統計、言語学、哲学・人類学、物理・天文、心理学の各学部(スクール)があり、外国人留学生のための35週間の大学予備課程も併設する。

学部はユナイテッド・カレッジ、セント・メアリー・カレッジとセント・レオナルド・カレッジに分かれており、ユナイテッド・カレッジは文系と理系、セント・メアリー・カレッジは神学、セント・レオナルドカレッジは院生と分かれている。

校風および特色[ソースを編集]

スコットランドの大学ではあるが、3割近くがイングランド出身の学生で占められているため、Scotland's English university(スコットランドにあるイングランドの大学)と揶揄されることもある[7]。また、イギリス国外からの留学生が占める割合も3割に達し、100カ国を超える国々からの学生が集う国際色の強いキャンパスであることも特色である。 1776年アメリカ独立宣言の署名者のうち数名がセント・アンドルーズ大学卒業者であったことから、アメリカ合衆国との関係が特に強く、学部生の15%がアメリカ人留学生である[8]

学部生の出身校については、公立学校以外(パブリックスクール等)の教育機関の出身者が4割と、高い比率になっている[9]。卒業生は産業界でも活躍しており、ウォーリック大学のThe Institute of Employment Researchの研究発表によると、大学の学生数の規模との対比で、イギリスを代表する企業群であるFTSE 100社に最も高い割合でDirectorを輩出している[要出典]

セント・アンドルーズには「ゴルフの聖地」と称され、5年に一度全英オープンが開催されるゴルフコースOld Courseがある。多くのゴルフコースが大学キャンパスに隣接しており、学生は、格安な料金でゴルフのプレーを楽しむことができる。

評価[ソースを編集]

大学図書館

Research Assessment Exercise (RAE)[ソースを編集]

Research Assessment Exercise (RAE)は、数年に一度、イギリス政府が学術機関に対して行う研究成果の公的な調査および査定である。イギリスの学術機関で行われている研究を67分野に分け、各分野の専門家がお互いの研究成果を査定する。イギリス政府はその結果に基づいて国内の学術機関への資金配分を決める。RAEはこれまで1992年、1996年、2001年、2008年の4回実施されている。

最新のRAE(2008年版)によると、総合ランキングでセント・アンドルーズ大学は第14位[10]であった。研究の約19%が「世界最高水準」だと査定された。これはイギリスの大学で14番目に高い比率である[11]。また、研究の60%は「世界を主導している、または国際的に卓越している("world leading" or "internationally excellent")」、94%は「国際的に認知されている ("internationally recognized")」と評価されている[12]

最新のRAEの結果を分野別に見ると、哲学で全英1位(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンと同率)、天文学物理学ドイツ語映画学で第2位であった[13]

新聞社による評価[ソースを編集]

大学の中庭

イギリスでは新聞各紙が独自の視点に基づいた大学ランキング(総合ランキングは下記の表を参照)を発表している。英国では分野別で大学が評価されることと毎年各大学・各分野の順位が変動することに注意したい。

インデペンデント紙が編纂した"The Complete University Guide" (2014年度版)によると、セントアンドルーズ大学は総合ランキングで全英第6位となっている[14]

ガーディアン紙が発表する"Guardian University League Table"(2014年)によると総合4位(入学難易度で第5位)となっている[15]。分野別では、神学・宗教学で第1位[16]、政治学で第2位[17]、数学で第2位[18]、物理学で第3位[19]、歴史学、美術史で第3位[20]など、伝統的な学問分野で際立って高い評価を受けている。

サンデー・タイムズ紙の"The Sunday Times University Guide"2014年度版によると総合4位となっている[21]

英国の新聞社による大学総合ランキング
2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003
Times 6位 6位 4位[22] 4位[23] 5位[24] 5位[25] 20位[26] 7位[27] 9位 4位 5位[28]
Guardian 4位[29] 4位 3位 4位[30] 3位[31] 5位[32] 4位[33] 39位[34] 43位[35] 11位[36] 14位[37] 13位[38]
Sunday Times 4位[39] 5位 6位 7位[40] 5位[40] 5位[40] 6位[41] 10位 14位 14位 10位 9位
Independent 6位[42] 6位 6位[43] 6位[44] 7位[45] 7位[46] 5位[47]

国際的評価[ソースを編集]

タイムズ・ハイアー・エデュケーションが2010年に発表した世界大学ラインキングにおいて世界で総合103位、ヨーロッパで第31位、イギリスで第15位であった。 分野別では人文系統(Arts and Humanities)で世界で第20位にランクされている[48]。なおQS World University Rankingでは第95位[49]であった。

スポーツ・サークル・伝統[ソースを編集]

各学年の呼び方[ソースを編集]

一年生はBejant、二年生はSemi-Bejant、三年生はTertian、四年生はMagistrandと呼ばれる。

ガウンと角帽[ソースを編集]

伝統の赤ガウン

学生は大学のセレモニーの際にキリストの血を象徴しているといわれる赤いガウンを着用し、院生は学士卒業の際の大学のガウンを着用することが勧められているが、セント・アンドルーズ大学の修士ガウンを着用するものも多い。

しかし、2013年に開校600年のプログラムの一環として、院生には他大学の卒業時のガウンを着用する事を引き続き勧めているが、ガウンが無い大学出身者等が着用する院生専用のガウンが制定され、学士保持者が修士ガウンを着用するという矛盾は無くなった。が、セント・アンドルーズ大学で修士号を得た学生がそのまま大学院に進む場合、当然の事ながら、卒業式の際のガウンを着用する事となっている。

ちなみに、ほとんどの学部生が赤いガウンを着用するのに対して、神学部だけは黒いガウンを着用する事が規定されており、神学部の学部生が赤いガウンを着用する事は無い。これは、過去、神学部で学ぶ事が出来たのは、科目は特に規定はないが、学士、あるいは修士の称号を持つ学生しか受け入れず、事実上神学部は大学院であった事から、学部生は伝統を引き継ぎ、セント・メアリー・カレッジ専用の黒いガウンを身に着ける事が規定されており、神学部以外の学生が黒いガウンを身に着ける事は許可されていない。ただし例外として、学生会の委員たち、大学から認可されたクラブの部長と副部長はクラブ専用のガウンがある場合、一般学生が着用する赤いガウンや黒いガウンを着用しなくても問題ない。

神学部は伝統を重んじるため、神学学士の方が神学修士よりも上位の学位と規定されている。理由は神学修士課程は高校を終えた学生が直接神学部に入れるのに対して、神学学士課程は伝統的に科目は問わないが、学士号か修士号を保持していなければ神学学士課程には進めないからである。

また、キリスト教の長老派であるスコットランド国教会で牧師を目指すには、スコットランド国教会から分裂したスコットランド自由教会の牧師候補のように神学校に行く事は必須ではなく、特に教科の指定は無いが、学士号、あるいは修士号保持者であることが必須条件であり、神学部には他大学よりも多くの牧師候補者が在籍している。牧師候補者は神学学士号、または博士(神学)号の取得が要求される。下位の神学修士号保持者にも同じ要件が求められ、神学学士号あるいは博士(神学)号のどちらかを取得しなくてはならない。このように、セント・アンドルーズ大学神学部は牧師育成機関という側面を持ち合わせている。

それぞれの学年によってトレンチ・ハット(角帽)につける房の色が違う(一年・青、二年・赤、三年・黄、四年以降・黒)が1892年に初めて女性が大学に入学を許可された際に生徒が反対するためのデモとして彼らの角帽を海に投げ捨てたという伝統に則って、現在も男子生徒は角帽を被らない。

殉教者のための礼拝[ソースを編集]

2月の最後の金曜日に1528年2月19日にプロテスタント初の殉教者、パトリック・ハミルトンとカトリックの殉教者、ジョン・オグルヴィーの為の礼拝が大学のチャペル、セント・サルヴェイター・チャペルであり、彼らの信じたものへの勇気を讃える。 パトリック・ハミルトンは信じるものの為に戦った勇敢な人物として語り継がれることが多いが、実際ハミルトンはイギリス王家の親戚であり、自分が殺されるとは露にも思っていなかったという説を大学のオルガン奏者、ウィリアム・スティーブン博士は支持している。

ディベーティング・ソサエティー[ソースを編集]

セント・アンドルーズ大学には1794年に設立された世界で一番古い学生のディベーティング・ソサエティーがある[50]。その活動は1645年から1646年までスコットランド議会があったパーラメント・ホールで毎週行われている。

以前ディベーティング・ソサエティーには学生の集まりのシンボルであるメイスを所持していたが、泥酔した学生が北海に投げ捨ててしまったため、現在ディベーティング・ソサエティー専用のメイスは存在せず、新しいメイスを昔の写真を元に作るべきか、という事がディベートのテーマに成った事があるが、反対多数により、新しいメイスは作らないと決められた。慣例として、ディベートの最中はウィスキーしか飲んではいけないという事になっており、後半戦はディベートのゲスト達が全員泥酔してしまって、テーマとは全く関係ない事を話し始めてしまうと言う事も、珍しい事ではない。また、ディベーティング・ソサエティーの部長、副部長は専用のガウンの着用を許可されており、部長、副部長がそのポジションに居る限り、一般学生が着用するガウンは着用しない。これは学部生、院生を問わず、必ず適用される権利である。

関係者[ソースを編集]

ジョン・ノックス

脚注[ソースを編集]

  1. ^ http://foi.st-andrews.ac.uk/PublicationScheme/servlet/core.generator.gblobserv?id=1539
  2. ^ a b http://www.st-andrews.ac.uk/publications/univ_statistics.shtml#StaffNumbers
  3. ^ a b c 2009/10 students by Institution 6”. Higher Education Statistics Agency online statistics. 2011年4月25日閲覧。
  4. ^ http://www.guardian.co.uk/education/2008/may/01/universityguide.highereducation23
  5. ^ http://www.st-andrews.ac.uk/gifford/about/the-st-andrews-gifford-lectures-–-from-1889-to-the-present/
  6. ^ http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-edinburgh-east-fife-12578513
  7. ^ http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/education/good_university_guide/article2166705.ece
  8. ^ http://www.st-andrews.ac.uk/admissions/ug/int/northamericanapplicants/
  9. ^ http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/education/sunday_times_university_guide/article4768641.ece
  10. ^ http://www.st-andrews.ac.uk/research/quality/rae2008
  11. ^ http://www.guardian.co.uk/education/table/2008/dec/18/rae-2008-results-uk-universities
  12. ^ http://www.st-andrews.ac.uk/research/quality/rae2008/
  13. ^ url=http://www.st-andrews.ac.uk/research/quality/rae2008
  14. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings
  15. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2013/jun/03/university-league-table-2014
  16. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2012/may/22/university-guide-religious-studies-theology-
  17. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2012/may/22/university-guide-politics
  18. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2012/may/22/university-guide-mathematics
  19. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2012/may/22/university-guide-mathematics
  20. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2012/may/22/university-guide-history-history-of-art
  21. ^ http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/University_Guide/
  22. ^ http://extras.thetimes.co.uk/gooduniversityguide/institutions/
  23. ^ http://extras.timesonline.co.uk/tol_gug/gooduniversityguide.php%7C
  24. ^ http://extras.timesonline.co.uk/tol_gug/gooduniversityguide.php
  25. ^ http://extras.timesonline.co.uk/gug/gooduniversityguide.php%7C
  26. ^ http://www.timesonline.co.uk/displayPopup/0,,102571,00.html
  27. ^ http://www.timesonline.co.uk/displayPopup/0,,32607,00.html
  28. ^ http://www.nottingham.edu.my/News/News/Documents/2002/Nottingham%20wins%20in%20popularity%20stakes.pdf
  29. ^ http://www.theguardian.com/education/table/2013/jun/03/university-league-table-2014
  30. ^ http://www.guardian.co.uk/education/table/2010/jun/04/university-league-table
  31. ^ http://www.guardian.co.uk/education/table/2009/may/12/university-league-table
  32. ^ http://browse.guardian.co.uk/education?SearchBySubject=false&FirstRow=0&SortOrderDirection=&SortOrderColumn=GuardianTeachingScore&Subject=Subject&Go=Go
  33. ^ http://browse.guardian.co.uk/education?SearchBySubject=&FirstRow=0&SortOrderDirection=&SortOrderColumn=GuardianTeachingScore&Subject=University+ranking&Institution=
  34. ^ http://www.st-andrews.ac.uk/news/archive/2007/Title,6442,en.html
  35. ^ http://browse.guardian.co.uk/education/2006?SearchBySubject=&FirstRow=40&SortOrderDirection=&SortOrderColumn=GuardianTeachingScore&Subject=Institution-wide&Institution=
  36. ^ http://education.guardian.co.uk/universityguide2005/table/0,,-5163901,00.html
  37. ^ http://education.guardian.co.uk/universityguide2004/table/0,,1222167,00.html
  38. ^ http://education.guardian.co.uk/higher/unitable/0,,-4668575,00.html
  39. ^ http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/University_Guide/
  40. ^ a b c “The Sunday Times Good University Guide League Tables”. The Sunday Times (UK). http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/University_Guide 2010年9月12日閲覧。 
  41. ^ Sunday_times 2008/09 http://extras.timesonline.co.uk/stug/universityguide.php
  42. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings
  43. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings?
  44. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings?y=2011
  45. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings?y=2010
  46. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings?y=2009
  47. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/league-tables/rankings?y=2008
  48. ^ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/
  49. ^ http://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings
  50. ^ http://www.guardian.co.uk/education/2008/may/01/universityguide.highereducation23

関連項目[ソースを編集]

ただし、スコットランドのセント・アンドルーズは「スコットランドの聖人たち」という意味で"St Andrews'"と複数形を用いているが、桃山学院大学の"St. Andrew's"は「聖・アンデレの」という意味で、意味的には少々異なる。

外部リンク[ソースを編集]