エドワード・ジェンナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Edward Jenner

エドワード・ジェンナーEdward Jenner1749年5月17日 - 1823年1月26日)は、イギリス医学者。それまで行われていた人痘接種より安全性の高い種痘(牛痘接種)法を開発した近代免疫学の父。


経歴[編集]

元々はジョン・ハンターのもとで医学の教えを受けた田舎の開業医だった。

この時代、イギリスでは天然痘はしばしば流行していた。天然痘に対する予防接種は、オスマントルコ駐在大使夫人だったメアリー・モンターギュ英語版が現地で、天然痘患者の膿疱から抽出した液を健康な人間に接種する人痘法を知り[1]1721年に帰国すると自分の娘に種痘接種を施してイギリス上流階級に広めた[2]。ただ、この予防法では接種を受けた者の2パーセント[3]は重症化して死亡するなど、危険を伴うものであった。

搾乳婦の牛痘を調べるジェンナー


ジェンナーが医師として活動していた頃には、牛の乳搾りなどをして牛と接することによって自然に牛痘にかかった人間は、その後天然痘にかからないという農民の言い伝えがあった[4] 。天然痘に比べると、牛痘ははるかに安全な病気であった。ジェンナーはこれが天然痘の予防に使えないかと、1778年から18年にわたって研究を続け、1796年5月14日、ジェンナーの使用人の子であるジェームズ・フィップスw:James Phipps)という8歳の少年に牛痘を接種した。少年は若干の発熱と不快感を訴えたがその程度にとどまり、深刻な症状はなかった。6週間後にジェンナーは少年に天然痘を接種したが少年は天然痘にはかからず、牛痘による天然痘予防法が成功した。一部の伝記や偉人伝等では「自分の息子に試した」「フィップスはジェンナーの実の息子」と記述されている場合があるが、自分の息子に試したのは、この牛痘接種の7年前の天然痘接種であり、混同して言い伝えられているものである。

1798年、これを発表し、その後、種痘法はヨーロッパ中にひろまり1802年、イギリス議会より賞金が贈られたが医学界はこの名誉をなかなか認めなかった。また一部の町村では、牛痘を接種すると牛になると言われて苦労したが、接種を「神の乗った牛の聖なる液」と説明したと言われる。しかしその後の天然痘の大流行を機にジェンナーの種痘法は急速に普及し、彼は「近代免疫学の父」と呼ばれるようになった。その後天然痘ワクチンは改良されて世界で使われ、1980年には天然痘の根絶が宣言された。

鳥の習性にも造詣が深く、カッコウ托卵や鳥の渡りを研究した事でも知られている。

著書邦訳[編集]

  • 『牛痘の原因及び作用に関する研究-種痘法の発見』長野泰一,佐伯潔訳編 大日本出版 科学古典叢書 1944
  • 『牛痘についてのその後の観察』添川正夫訳 近代出版 1981
  • 『牛痘の原因および作用に関する研究』梅田敏郎訳 講談社 1983

伝記など[編集]

  • 『ジェンナー 種痘の父』平野威馬雄 ポプラ社 偉人伝文庫 1951
  • 『少年少女世界伝記全集 4(イギリス編) ジェンナー 真鍋呉夫著 講談社 1961
  • 『ジェンナー(善那先生)の頌徳碑』朝枝善照 永田文昌堂 1991
  • 『おもしろ科学史ライブラリー 9 <人体・医学>伝染病とたたかう 「ジェンナー」「パスツール」千葉省三 あかね書房 1994
  • 『ジェンナーの贈り物 天然痘から人類を守った人』加藤四郎 菜根出版 1997

関連書籍[編集]

山崎光夫『ジェンナーの遺言』(文芸春秋 1986、のちノンポシェット)の表題作中編は天然痘を扱ったミステリだがジェンナーが登場するわけではない。

脚注[編集]

  1. ^ 紺野文 (2001年). “メアリー・モンタギュー「トルコ書簡集」全文訳 (pdf)”. トルコ語専攻関係 卒業論文添付資料. ・東京外国語大学,[1]. p. 69(サラ・チスウェル宛書簡(1717 年 4月1日/アドリアノープル). 2015年8月13日閲覧。( 関連blog<伝統医学としての予防接種>(2010-7-25)”. 2015年8月13日閲覧。)
  2. ^ 西迫大祐 (2013年). “感染症の法と歴史 (博士論文) (PDF)”. 第六章:予防接種とリスク.二、種痘接種. 明治大学院法学研究科(明治大学学術成果リポジトリ). pp. 103-104. 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ この数字はあてにならない。当時のイギリスでは統計が定着し始めていて多くの人がそれぞれの立場から色々な数字を出した。(前掲西迫論文(2013):<三、種痘接種のリスク>、<四、ダランベールの反論>参照。pp.105-112
  4. ^ 吉田太郎 『世界がキューバ医療を手本にするわけ』 築地書館、2007年、86頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]