デイビッド・アッテンボロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sir
デイビッド・アッテンボロー
David Attenborough

OM GCMG CH CVO CBE FRS FSA FRSA FLS FZS FRSGS FRSB
Sir David Attenborough (cropped).jpg
Attenborough at the opening of the Weston Library in March 2015
生誕David Frederick Attenborough
(1926-05-08) 1926年5月8日(96歳)
イギリスの旗 イギリスIsleworth, Middlesex
教育
職業
活動期間1951年 - 現在
肩書きController of BBC2 (1965–1969)
President of the Royal Society for Nature Conservation (1991–1996)
配偶者
Jane Ebsworth Oriel
(m. 1950; d. 1997)
子供2
親戚
受賞
from the BBC Radio 4 programme Desert Island Discs
署名
David Attenborough's signature.svg
デイビッド・アッテンボロー

サー・デイビッド・アッテンボローSir David Attenborough OM, CH, CVO, CBE, FRS1926年5月8日 - )は、イギリス動物学者、植物学者、プロデューサー作家ナレーターデイヴィッド・アッテンバラなどの表記もある。ロンドン出身。兄は映画監督リチャード・アッテンボロー

略歴[編集]

父が学長を務めていたレスター大学のカレッジハウスで、3人兄弟(兄:リチャード、弟:ジョン(アルファロメオ幹部))の2番目として育つ。第二次世界大戦中、両親はユダヤ難民の少女をヨーロッパから養子として受け入れる。

レスターWyggeston Grammar School for Boysを卒業後、ケンブリッジ大学クレア・カレッジ奨学生として、自然科学動物学)の学位を取得。

1950年、ジェイン・エリザベス・エブスワース・オリエル(Jane Elizabeth Ebsworth Oriel)と結婚する。結婚生活は、彼女が亡くなる1997年まで続いた。ジェインとの間に2子(ロバート、スーザン)がいる。

ロンドン大学出版会の科学編集助手を経て、1952年にプロデューサーとして英国BBCに入社する。1960年代前半にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院に進学したためにBBCを離れるが、修士号取得後BBCに復職し、1965年にはBBC第2チャンネル局長に任命される。

世界各地で野生生物、民俗学関係のドキュメンタリー製作を手がける。

1972年からフリーとなり、BBCの自然班とともに動物植物昆虫無脊椎動物などのドキュメンタリー製作を続けている。1981年ユネスコから科学普及の功績に対してカリンガ賞を受賞。1983年王立協会フェロー選出。

1985年に叙勲。同年、王立地理学会から金メダル(創立者メダル)を授与された[2]。2000年にコスモス国際賞受賞。

2008年オーストラリアで化石が発見された「世界最古の胎生生物」である古代魚類が、彼にちなんでMaterpiscis attenboroughi (マテルピスキス・アッテンボローイ)と名付けられた[3]

2009年フィリピンパラワン州のビクトリア山で発見された、げっ歯類をも捕らえるほど巨大な新種のウツボカズラが、彼にちなんで「ネペンテス・アッテンボロギ」と名付けられた[4]

2016年英国自然環境研究会議英語版(NERC)の新しい極地調査船が彼にちなんでRoyal Research Ship(RRS) Sir David Attenboroughと命名されることになった。公募に基づく命名であり、「RRS David Attenborough」は人気4位の名称だった[5]

映像作品[編集]

  • アッテンボロー 鳥の世界
  • アッテンボロー 植物たちの挑戦
  • アッテンボロー 氷のワンダーランド南極
  • デイビッド・アッテンボロー: 地球に暮らす生命

邦訳された著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ethiopia's Prof. Sebsebe Demissew awarded prestigious Kew International Medal”. Kew.org. 2018年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月16日閲覧。
  2. ^ Medals and Awards, Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2014年4月2日閲覧。
  3. ^ 胎生の起源、へその緒を持つ魚の化石を発見
  4. ^ Giant rat-eating nepenthes plant named after David Attenborough
  5. ^ £200m polar research ship named in honour of Sir David Attenborough”. Natural Environment Research Council (2016年5月6日). 2016年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]