千葉省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉 省三
誕生 (1892-11-27) 1892年11月27日
栃木県河内郡篠井村
死没 (1975-10-13) 1975年10月13日(満82歳没)
職業 童話作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 栃木県立宇都宮中学校(旧制)
活動期間 1929年 - 1975年
ジャンル 童話、児童文学
代表作 山田長政 南の英雄』
主な受賞歴 サンケイ児童出版文化賞
テンプレートを表示

千葉 省三(ちば しょうぞう、1892年11月27日 - 1975年10月13日)は、児童文学者。雑誌『童話』の編集者をつとめた。

人物[編集]

栃木県河内郡篠井村(現・宇都宮市)で出生し、現在の鹿沼市楡木町で育つ[1]

宇都宮中学校(現・栃木県立宇都宮高等学校)卒業後、病気のため進学を諦め代用教員となる。半田良平を頼って上京し、「日月社」「コドモ社」などの出版社に勤務。1920年に『童話』を創刊し編集責任者となる。編集者時代には西條八十金子みすゞなどを見出したことでも知られた[1]

1968年に「千葉省三童話全集」(岩崎書店)にて第15回サンケイ児童出版文化賞受賞。

雑誌『童話』[編集]

1920年から1926年まで発行された児童文学雑誌。『赤い鳥』・『金の船』と並ぶ。

千葉省三記念館[編集]

鹿沼市に千葉省三記念館がある(南押原児童館に併設)

著書[編集]

  • 『トテ馬車 童話集』川上四郎絵 古今書院 1929 のち偕成社文庫
  • 『ワンワンものがたり』金蘭社 1929 のちポプラ社文庫
  • 『地蔵さま 童話集』古今書院 1932
  • 『葱坊主 童話集』古今書院 1932
  • 『陸奥の嵐』大日本雄弁辯會講談社 1933
  • 『阿新丸』布施長春繪 講談社の繪本 1937
  • 『孝女白菊』富田千秋絵 講談社の繪本 1937
  • 『孝子萬壽姫』石井朋昌絵 講談社の繪本 1938
  • 『竹やぶ 童話集』古今書院 1938
  • 『勤王兄妹』大日本雄辯會講談社 1939
  • 『孝子田宮坊太郎』石井滴水絵 講談社の繪本 1939
  • 『コガネノフネ』立野道正絵 講談社の繪本 1941
  • 山田長政 南の英雄』講談社 1942
  • 『ウサギノカイコン』河目悌二絵 國民社 1944
  • 『手白猿』川上四郎絵 講談社の繪本 1945
  • 『海の隼』中文館書店 1948
  • 『泣かぬ星丸』伊藤幾久造絵 ポプラ社 1949
  • 『千鳥笛』伊藤幾久造絵 ポプラ社 1951
  • 『山姫かづら』蕗谷虹児絵 ポプラ社 1951
  • 『はまぐり姫』村上三千穂絵 講談社の絵本 1952
  • 『新日本少年少女文学全集 28 千葉省三集』ポプラ社 1960
  • 『とらちゃん日記』吉井忠絵 岩波少年文庫 1960
  • 『おつきさんをたべたはなし』東本つね絵 ポプラ社 1963
  • 『ちっくたっく』二俣英五郎画 童心社 1963
  • 『タカの巣とり』松田穰絵 偕成社 1965 のちフォア文庫
  • 千葉省三童話全集』全6巻 岩崎書店 1967-1968
第1巻 ばけねこたいじ.五右衛門風
第2巻 鷹の巣とり.虎ちゃんの日記
第3巻 おばけばなし.仁兵衛学校
第4巻 ワンワンものがたり.チックタック
第5巻 陸奥のあらし
第6巻 無人島漂流記
  • 『虎ちゃんの日記』ポプラ社文庫 1979

翻訳・再話[編集]

  • 邱長春『西遊記物語』平凡社 1931 世界家庭文学全集
  • ファーブル虫物語 3』厚生閣書店 1931
  • セギュール原作『ろばものがたり』編著 講談社 1951
  • パーキンズ原作『エスキモーのふたご』編著 加藤まさを絵 講談社 1953

脚注[編集]

  1. ^ a b 千葉省三 下野新聞コラム『雷鳴抄』 2014年10月13日付(WEB魚拓)

外部リンク[編集]